月刊 ★ ねじまき 

川柳作家ベストコレクション『奈良一艘』

青森の奈良さんには一度お目にかかったことがある。何年か前の青森の6月だったと思う。ひんやりした朝の空気とか、ライラックの香りとかがよみがえるのを感じながら句集を開いた。

葉桜のざわつく指は捨てなさい
ぜんまいのやがてくしゃくしゃな黄昏

「の」の使い方に注目したい。「葉桜のように」「ぜんまいのように」と比喩の意味で使われる古語的な用法だととらえてはどうだろうか。「の」が全体のリズムを整えているように思われる。

サイレンが過ぎたら続き教えましょう
水音のする引き出しから閉める

サイレンに導かれる静寂。引き出しが閉められると消える水音。確かに存在した音より、その音が消えたあとの静寂に引き込まれる句だ。

ギルティオアノットギルティ セロリが好きだ

アメリカ映画で聞いたことのある台詞だ。独特の抑揚とよく通る声。「セロリが好きだ」との落差が適度である。好きだと宣言するものとしてのセロリもちょうどよい感じがする。

鮭茶漬けちちをころしてきたところ

鮭茶漬けをかっこむ音がする。殺人のあとに鮭茶漬けは似合うかもしれない。「ちちをころしてきたところ」とひらがな表記であり、実際に殺すのではないと読むべきだろうから、父と息子の葛藤なのだろうか。そういえば永谷園のお茶漬けのCMの男の人は誰だったんだろう。きっとあのイメージが重なっているのだと思う。

第一章 阿阿阿
第二章 吽吽吽

奈良一艘さんの句集のあちらこちらから音が聞こえてくる。喧騒と静寂。まず音が耳から取り入れられる。インプットされた音に反応して言葉が紡ぎ出され句となる。小気味よいリズムと発想の飛躍がそこにある。 

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-03-29 23:29 | Comments(0)

第148回ねじまき句会

題詠「笑」

1. 春の野にそよぎフェルマータで笑う/猫田千恵子

(4票:犬山 大嶽 妹尾 丹下)

2. 爪跡に笑い転げる竹の馬/三好光明

(3票:岡谷 大嶽 米山)

3. 一斉に微笑み隊があくびする/丸山 進

(7票:岡谷 中川 猫田 早川 大嶽 水野 八上)

4. 笑わない自信があった葱買った/二村典子

(7票:なかはら 丸山 瀧村 青砥 岡谷 犬山 八上)

5. 膝笑う横隔膜を長くして/安藤なみ

(1票:早川)

6. おもいきり笑ったり種飛ばしたり/瀧村小奈生

(7票:二村 安藤 中川 早川 妹尾 三好 米山)

7. 笑点の座布団下の活断層/中川喜代子

(2票:犬山 八上)

8. 笑ったら負けよふわりと花かつお/なかはられいこ

(7票:瀧村 二村 青砥 安藤 猫田 早川 三好)

9. よく笑う娘が島を飛び越える/青砥和子

(4票:丸山 猫田 妹尾 水野)

10.十六茶 十三までは笑ってる/岡谷 樹

(6票:なかはら 丸山 瀧村 二村 青砥 安藤)

11.あやされて笑くぼ浮かべる春キャベツ/早川柚香

(1票:水野)

12.なんてことない日くるくる笑う水/妹尾 凛

(7票:なかはら 瀧村 中川 丹下 三好 八上 米山)

13.笑美ちゃんとガッハッハッハ、ワッハッハ/大嶽春水

14.冷ややっこふくみ笑いをみてしまう/米山明日歌

(5票:丸山 青砥 猫田 妹尾 水野)

15.笑えないアセロラドリンクの素性/犬山高木

(3票:安藤 岡谷 米山)

16.片言のウグイス笑顔引き出して/水野奈江子

(1票:丹下)

17.うさぎらが歯見せて笑っとるぞ、おい/八上桐子

(7票:なかはら 二村 中川 犬山 大嶽 丹下 三好)

雑詠

1. 熱っぽい体で受ける月食の赤/中川喜代子

(1票:大嶽)

2. 仕上げにはタイトル付けて朝ごはん/早川柚香

(3票:丸山 二村 水野)

3. 葬送の手足はペンギンの散歩/安藤なみ 

(2票:丹下 八上)

4.引きずっているのに無音 春おぼろ/岡谷

(4票:瀧村 安藤 中川 猫田)

5.悲しみに扉を開ける非常口/三好光明

6.時報聞くとき水平線はるか/猫田千恵子

(5票:丸山 瀧村 青砥 中川 水野)

7.手のひらの静かな丘の複葉機/妹尾 凛

9票:なかはら 瀧村 青砥 岡谷 猫田 早川 犬山 三好 米山)

8.青二才 草木のごと手ェのばす/大嶽春水

9.くさめしてザルツブルクの霧深し/犬山高木

(2票:妹尾 三好)

10.オープンカー三途の川の検問所/水野奈江子

(1票:岡谷)

11.死がわたしをおもいはじめているミモザ/八上桐子

(5票:安藤 岡谷 丹下 三好 米山)

12.別別の花の名前でしめくくる/米山明日歌

(6票:丸山 安藤 中川 早川 丹下 水野)

13.かきまぜるんじゃないヘクトパスカルな夜/瀧村小奈生

(9票:なかはら 丸山 二村 青砥 岡谷 猫田 早川 犬山 妹尾)

14.私たちのたちがたちまち逃げ回る/丸山 進

(8票:なかはら 二村 安藤 早川 犬山 大嶽 八上 米山)

15.通常より大きめな句読点/二村典子

(3票:大嶽 丹下 米山)

16.比べてはいけない月とアルマジロ/青砥和子

(5票:なかはら 猫田 大嶽 妹尾 八上)

17.木曽川がなんども肩をすべりおち/なかはられいこ

(9票:瀧村 二村 青砥 中川 犬山 妹尾 水野 三好 八上)


[PR]
# by nezimakikukai | 2018-03-29 22:13 | 句会結果報告 | Comments(0)

川柳作家ベストコレクション『猫田千恵子』

新葉館出版の川柳作家ベストコレクションが元気である。200人の作家の作品集が集結するらしい。「果てしない時空に白いシャツを干す」の猫田千恵子さんは『川柳ねじまき』の参加メンバーである。ふだん句会で猫田さんの句は読んでいるけれど、句集というかたちとボリュームでで向き合えることが、とても楽しかった。改めて思う。猫田さんは多面体である。いろんな猫田さんが、いろんな手つきで、いろんな顔をして書いている。抒情派詩人、チョイ意地悪なリアリスト、ぼんやりしたうっかり者、技巧に長けた表現者、天然の夢想家。どの顔で書いた句も、まぎれもなく猫田さんだと信じられるところが好きだ。

夜が深まるトンネルを抜けるたび
三角のそこは死守するべきところ
真剣に遊ぶ背中が割れてくる
ガチャガチャを回すと転がり出る少女
阿と吽の間が離れすぎている
モッツァレラチーズに軽く絡まれる

きょうの私のお気に入りはこの句。

神さまの言葉くまなくポスティング

ポスティングだから当然「くまなく」やらないと叱られちゃったりするのだろうけど、ちょっと意地悪な視線がとても気持ちいい。

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-03-24 21:47 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

今もって竹は不服にござります   中川喜代子

題詠「竹」の圧倒的最高点句。「今もって」なのだ。意味ではなく、この言葉の持つ味わいは他の言葉に代え難い。「ござります」という特殊な語に嫌味が感じられないのは、「今もって」の効用だろう。「今もって不服にござります」という恨みも、真摯であって重くない。そもそも「竹」と「不服」の取り合わせがおもしろい。竹は不服など言いそうにないから。竹を割ったような性格なのだし、竹林の光は何といっても美しい。薮になら不服もあるかもしれないが、竹と不服は遠い。しかし、この17音は竹にだって不服があって然るべきだということを穏やかに納得させてしまう。不思議な説得力を持つのである。一読したときから、わたしは「竹」にしゃきっとしたお婆さんの姿を重ね、お婆さんの声を聞いていた。太宰治の子守りの「たけ」のイメージを気づかずに重ねていたのかもしれないと、ふと思い当たった。
[PR]
# by nezimakikukai | 2018-03-13 22:12 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

「おにぎりの定型」のこと。

飯島章友さんの「おにぎりの定型」がずっと気にかかっている。昨年の9月に発行された『川柳サイド』に掲載された連作である。音数の並びがひとつの演出となっている。7、7、9、5・7、5・7、7・5、7・7、7・7、7・7と並ぶ。7音から9音をはさんで5・7へ。さらに7・5をはさんで7・7へと移行する。それぞれの句に音韻の仕掛けもほどこされていて音楽を思わせる。そして、いよいよ5・7・5の章に入っていく。17音の定型の句が18句。最後は次の3句である。
 地球時代から継ぎ足したタレである
 今日未明、首のつけねを曲がり切れずに
 お、おにぎりの、の、のりがこわいんだなプツン
「地球時代から/継ぎ足した/タレである」は、やや変則だが違和感はない。「今日未明、首のつけねを曲がり切れずに」はキョウミメイ(6音)に読点が付されているが、正統な5・7・5のリズムを刻んでいると言って差し支えないと思う。「お、おにぎりの、/の、のりが/こわいんだなプツン」は、7・5・7のリズムで読んだ。全30句を一気に読むと何とも言えない音の余韻が残る。音楽を聴き終えた後のような感触。この不思議な感覚が気になってずっと宿題のように「おにぎりの定型」を持ち歩いている。
 クレーンの上半分はジュラ紀です
 ぬりたてのみえないなので座れない
 非常口マークの足にすがりつく
お気に入りの句たちをちらちらと眺めながら、連作全体がつくりあげる世界がそれ以上に気になって仕方ないのである。
 
 

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-03-06 22:57 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

第147回ねじまき句会

題詠「竹」

1.竹林の中のわたしの中の竹/瀧村小奈生

(5票:なかはら 青砥 岡谷 猫田 八上)

2.竹林の一人一人を測る竹/八上桐子

(5票:なかはら 安藤 中川 米山 水野)

3.ちくりんの竹は大真面目に揺れる/猫田千恵子

(4票:瀧村 北原 中川 八上)

4.応仁の乱のころから竹林/なかはられいこ

(3票:安藤 北原 妹尾)

5.竹藪に無数に落ちてくるひかり/青砥和子

(5票:瀧村 中川 丹下 水野 大嶽)

6.竹藪に息をひそめる流星群/犬山高木

(5票:なかはら 丸山 猫田 八上 妹尾)

7.哲学の味だ竹輪の穴部分/丸山 進

(5票:青砥 安藤 犬山 中川 三好)

8.難問も愚問も通す竹輪の輪/三好光明

(3票:犬山 岡谷 早川)

9.さすらいのゼリーフィッシュイン竹輪/妹尾凛

(2票:瀧村 青砥)

10.性格は松竹梅の竹である/北原おさ虫

(4票:丸山 犬山 米山 大嶽)

11.カンパチひと皿は竹の岡持ちで/安藤なみ 

12.凛としてすったもんだを秘めて竹/早川柚香

(3票:岡谷 三好 米山)

13.臨月の夢見て竹の花伸びる/岡谷 樹

(4票:丸山 早川 丹下 水野)

14.竹のものさし昭和の骨も曲がりだす/米山明日歌

(8票:安藤 犬山 北原 早川 三好 妹尾 水野 大嶽)

15.今もって竹は不服にござります/中川喜代子

11票:なかはら 丸山 青砥 岡谷 北原 猫田 三好 八上 米山 妹尾 丹下)

16.天気図の上で青竹踏むと晴れ/大嶽春水

(3票:瀧村 猫田 早川)

17.直立するインターン放つ青竹の香/丹下純

(1票:大嶽)

18.先頭を目指して竹の伸び盛り/水野奈江子

(1票:丹下)

雑詠

1. いもうとがきて置いてゆく薄荷飴/青砥和子

(6票:なかはら 瀧村 岡谷 中川 八上 大嶽)

2.ヒラ・フワ・キラッ甘く切なく愛や恋/早川柚香

(1票:丸山)

3.ガツンと効かせる演歌ナトリウム/猫田千恵子

(5票:丸山 犬山 北原 中川 妹尾)

4.真夜中に談合をする雛かざり/水野奈江子

(4票:北原 猫田 早川 丹下)

5.流星の一つひとつは句読点/岡谷

(4票:安藤 中川 三好 水野)

6.二ン月の魔女が青空刺しに来る/中川喜代子

(2票:犬山 岡谷)

7.義経がおりてくる朝氷点下/犬山高木

(2票:なかはら 青砥)

8.鳩が飛ぶとんでもないかっこうだよ/丸山 進

(4票:瀧村 猫田 八上 丹下)

9.くちぶえとさざんか急に降ってくる/なかはられいこ

(9票:丸山 瀧村 青砥 岡谷 早川 三好 八上 米山 妹尾)

10.濁音と半濁音の打ち合わせ/三好光明

(7票:なかはら 丸山 犬山 早川 米山 水野 大嶽)

11.のがのならなんのことない春の日の/瀧村小奈生

11票:なかはら 青砥 岡谷 中川 猫田 三好 八上 米山 妹尾 丹下 大嶽)

12.人形の髪を梳かしてやれば雪/八上桐子

(4票:安藤 北原 米山 妹尾)

13.年輪を剥ぐとビックリマンが出る/北原おさ虫

(1票:青砥)

14.縮む湯気ゴッサムシティで食べる蟹/安藤なみ

(1票:猫田)

15.不確かなものも浮かせて無洗米/米山明日歌

(8票:安藤 犬山 北原 早川 三好 丹下 水野 大嶽)

16.着ぶくれて赤鬼役で泣くジョニー/大嶽春水

(2票:安藤 水野)

17.美味い美味いはしらすの無念の鎮魂歌/丹下 純

18.てのひらの昼夜はつづく薄曇り/妹尾 凛

(1票:瀧村)


[PR]
# by nezimakikukai | 2018-03-03 10:05 | 句会結果報告 | Comments(0)

梅田蔦屋書店

『川柳ねじまき』#4が本屋さんに並んだ!八上桐子さんが『hibi』と並んでいる『ねじまき』の写真を送ってくれた。いやあ、どうしよう。どうしようもなく、どきどきする。なんたって、うちの子が本屋さんにいるのだから。まるで過保護なおかあちゃんの心持ち。だいじょうぶかい、ごはんはちゃんと食べてるかい、みたいな心境だ。まだ見ぬ梅田蔦屋書店を調べてみると、かなりかっこいい本屋さんみたいなのである。梅田、行きたい!蔦屋書店、行きたい!我が子の雄姿を見に行かねばと思う。『川柳ねじまき』は、#2と#3も梅田蔦屋書店店頭でお求めいただけます。

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-02-27 18:38 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

『hibi』

八上桐子さんの初めての句集が出版された。うつくしい本である。色にも手触りにもえもいわれず心惹かれる。何色ともつかぬ色合いを眺めながら、何とも言いようもないことがいっぱいつまった日々を思う。表紙にてのひらを置いて、凹凸のある紙の声を聴く。hibi、日々、罅。ツイッターでは、いろいろな方によって心にとまった句がつぶやかれ、小池正博さんの「川柳時評」や石橋芳山さんの「海賊 芳山」、御前田あなたさんの「いつだって最終回」でも、この句集が取り上げられている。言ってみれば、いま話題の句集なのである。なかはられいこさん、正岡豊さん、小津夜景さんによる栞文も魅力的。懐紙みたいな素敵な栞だ。なんだか、ねじまき句会的にもちょっと自慢したい気分になってしまう。句集『hibi』は、港の人から出版されている。書店に並んでいる姿もきっと美しいにちがいない。
[PR]
# by nezimakikukai | 2018-02-24 19:01 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

浪越靖政さん。

浪越靖政さんは、かぎりなく優しい穏やかな笑顔を浮かべた人である。声もまた優しくて、物腰は柔らかい。その浪越さんが、句集を送ってくださった。新葉館出版から出ている『川柳作家ベストコレクション 浪越靖政』という句集である。冒頭のページに浪越さんの言葉がつづられている。
  伝統芸術は日々進化をしつづけることで、
  時代から受入れられ支持されてきた。
  川柳も例外ではない。
  常に向上を目指していかなければ、
  すぐに時代から取り残されてしまう。
句集の最初に浪越さんの覚悟というか矜持が示されているのが清々しい。果たして、私はそんなふうに川柳と向き合っているだろうかと改めて考えさせられる。甘んじない、妥協しない、とどまらない。あたりまえだが、難しいことも確かだ。川柳の大先輩がこんな覚悟を持って言葉と向き合っていらっしゃることが、とても心強く感じられた。

一句また一句 源泉かけ流し   浪越靖政

言葉を巧まずに、あふれ出る真情をそのまま一句にして紡ぎ出すということなのだろうか。にこにこ笑っていらっしゃる顔が浮かぶ。ぜひお尋ねしてみたい。

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-02-14 17:44 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(1)

『晴』より。

樋口由紀子さんの20句のタイトルは「空腹」である。もちろん、食べ物がいろいろ登場する。生椎茸も大根もケチャップやマヨネーズも親しい日常そのものであり、だからこそ、そこから不意にかたちをとって現われてくる何かがある。由紀子さんが、それらに言葉を与える。

蓮根によく似たものに近づきたい

蓮根の穴は深遠な通路だと思うけれども、「蓮根によく似たもの」であって蓮根ではない。そのよく似たものになりたいわけでも、なるわけでもなく「近づきたい」のだ。こんなに曖昧なのに、なぜかわかった気がしてしまうのがおもしろい。「蓮根になりたい」と言われても、何とも思わないのに、「蓮根によく似たものに近づきたい」と言われると腑に落ちるものがある。この不思議な感触を楽しみたい句だ。「そうですか、やっぱりあなたもそうですか。わたしも、そう思うんですよね。」という声がしてくるような気がするのである。

広島やキャベツの千切りつながって

広島と言えば、お好み焼きのキャベツ。これでキャベツの所属が明確になって、姿かたちやら匂いやらがリアルになった。で、「つながって」どうなのか。いや、たぶんつながっている感覚を実感すればよいのだと思う。この中途半端な収拾のつかない気分を五七五を読みながら共有できることが楽しいと思うのだ。意味や説明をくっつけずに、わたしとあなたがつながる楽しさを感じる。

手に葱を持つのは少し早すぎて

そう、葱を持ったら、由紀子さんはもうきっと無敵である。



[PR]
# by nezimakikukai | 2018-02-06 23:23 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

第22回杉野十佐一賞より。

ウォシュレットになるまでは極道じゃった   小林康浩

第22回大賞作品である。私が私の世界だけで生きていたら、「ウォシュレット」と「極道」は絶対出会わない。川柳は、私に新しい世界を見せてくれる言葉なのだと改めて思う。思いつかない取り合わせで意外なのに、妙に説得力があるところがおもしろい。極道やったんか!ううむ。ウォシュレットになっちゃったんだな、うん。これは、まちがいなく楽しい。

道になる 道を聞かれているあいだ   徳長怜

My favorite! 「道を聞かれているあいだ」が最高に好きだ。ことさら飾ることもなく、さらりと言われた「道になる」は圧倒的に信じられる。好き!と心から思えることを、言葉にして目の前に出してもらえたことがうれしくてしかたない。

毎年、杉野十佐一賞には全国からたくさんの作品が集まる。おかじょうき川柳社のみなさま、選者のみなさまのご苦労は並々ではないと思うけれども、十佐一賞を通してたくさんの作品とその作品の持つパワーに刺激をいただけるのは、わくわくすることである。

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-01-31 22:51 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

ねじまき♯4、巻きました。

「川柳ねじまき」4号が完成した。目標の2017年末の発行には20日ほど遅れたことになる。12月に「杜人」を手にして平伏し、1月に入って「晴」に出会って心が躍った。ねじまきも、ねじまきも・・・と焦りながら、ようやくである。第2号、3号では、リレー作品評だったが、第4号ではメンバー各自が同じテーマでエッセイを書いている。テーマを何にするのか、散々迷った挙句「どうせなら、ぐいっと攻めちゃいましょう」「いちばん書きにくそうなタイトルにしちゃうのはどうですか?」「やっぱ、愛」「え!愛?」「どうせなら」とわかったようなわからないようなやりとりの結果、「愛について」というテーマに決定したのである。攻めちゃいましょうとは口ばかりで逃げ回る者あり、正面突破を試みる者ありの「愛」となった。川柳作品各20句、エッセイの他に、仙台で佛渕雀羅さんに捌いていただいた連句や高得点句を取り上げた討論会の実況も。二村典子が句集『ただならぬぽ』を取り上げ、なかはられいこの〈あとがき〉でゴールする。「川柳ねじまき」#4は1冊500円。(送料は別途)
御注文は、naokobst@k4.dion.ne.jp(瀧村小奈生)まで。

[PR]
# by nezimakikukai | 2018-01-23 22:37 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
きゅうりの苦手な私ですが..
by 桐子 at 21:33
小奈生さん、こんばんは!..
by 笹田かなえ at 01:44
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧