月刊 ★ ねじまき 

<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏の終わり方

母音だけ残して夏物を仕舞う     月波与生
    (『おかじょうき』2018年9月号より)

子どもの頃は、夏が終わりを感じることができた。今は、ついうかうかと通過してしまう。もう10月だというのに半袖の服を片付けることができずに、ぐずぐずしている。秋が短くなったと言う人も多い。昔は、夏物を仕舞い秋冬物を出す衣替えは季節の変わり目のイベントだった。エアコンのある暮らしがあたりまえになり、クローゼットが充実して、「夏物を仕舞う」という行為も曖昧になりつつある。昭和を感じさせるノスタルジックな行為と言ってもいいかもしれない。こんな夏の終わり方に惹かれるのは昭和人の証だろうか。この句の「母音だけ残して」のせつなさ、乾いた喪失感の表現が魅力的だ。この母音は、a だと私は確信している。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-10-09 10:44 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

はぎ・すすき・・・

計算の前の芒と後の萩      なかはられいこ
    (第154回ねじまき句会 題詠「算」より)

秋の七草である。私は、〈はぎ・すすき・ききょう・なでしこ・おみなえし・ふじばかま・くず〉と覚えているので、芒と萩が並んで出てくるのがとても自然に感じる。計算の前と後で変化があるというのはイメージしやすい。では、前は何で後は何か。「前の芒と後の萩」っておもしろいじゃない!意味がどうこうじゃなくて、口ずさんで楽しい。秋の七草は花を目で見て楽しむと言われる。その花の中では芒の花だけがずいぶん異質なので、その点でも前に芒を持ってくることで、前と後の変化というイメージをつくりやすいと思う。「後の萩」に関しても、桔梗・撫子・女郎花・藤袴では音数が合わないのもさることながら、花の印象が強くなりすぎる。葛は食用という感じがして、これもまた芒の相棒にはなりづらい。つらつら考えてみると「萩」にまさるものはないのである。するりと口をついて出たような愛唱性がありつつ、非常によく考えられた一句ではないだろうか。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-10-08 19:47 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

「レントゲン・レンタル」降臨

レントゲン・レンタルほっとけばすぐ帰る   二村典子
         (第154回ねじまき句会 雑詠より)

説明がつかないのである。けれども素通りできない。何に呼ばれるのかわからないが、句の引力に引き寄せられる。「レントゲン・レンタル」で放り出されて、「ほっとけばすぐ帰る」で軽く突き放される。言ってみれば、投げやりな感じが心地よいというところだろうか。「ほっとけばすぐ帰る」ということしか言っていないと思うのだが、それに対して「レントゲン・レンタル」が音だけでくっついているところがおもしろい。ren/renという共通の音を含む二つの単語、「レントゲン」と「レンタル」は意味としては結びつかない。この無責任な単語の選択と「ほっとけばすぐ帰る」への流れが、妙に肌に馴染むのである。後で作者に聞いたところ、「レントゲン・レンタル」がするすると降りて来たらしい。そっちが先か!立ち現れた言葉に「ほっとけばすぐ帰る」を付けたということなのだが、聞いてみればそれはそれで納得できる。もし、付けた言葉が「ほっとけばすぐ帰る」でなければ句の引力は発生しないのだから、そこに作者の力が働いたというべきであろう。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-10-07 18:00 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
桐子さん、ありがとうござ..
by 瀧村小奈生 at 19:34
きゅうりの苦手な私ですが..
by 桐子 at 21:33
小奈生さん、こんばんは!..
by 笹田かなえ at 01:44
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧