月刊 ★ ねじまき 

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅田蔦屋書店

『川柳ねじまき』#4が本屋さんに並んだ!八上桐子さんが『hibi』と並んでいる『ねじまき』の写真を送ってくれた。いやあ、どうしよう。どうしようもなく、どきどきする。なんたって、うちの子が本屋さんにいるのだから。まるで過保護なおかあちゃんの心持ち。だいじょうぶかい、ごはんはちゃんと食べてるかい、みたいな心境だ。まだ見ぬ梅田蔦屋書店を調べてみると、かなりかっこいい本屋さんみたいなのである。梅田、行きたい!蔦屋書店、行きたい!我が子の雄姿を見に行かねばと思う。『川柳ねじまき』は、#2と#3も梅田蔦屋書店店頭でお求めいただけます。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-02-27 18:38 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

『hibi』

八上桐子さんの初めての句集が出版された。うつくしい本である。色にも手触りにもえもいわれず心惹かれる。何色ともつかぬ色合いを眺めながら、何とも言いようもないことがいっぱいつまった日々を思う。表紙にてのひらを置いて、凹凸のある紙の声を聴く。hibi、日々、罅。ツイッターでは、いろいろな方によって心にとまった句がつぶやかれ、小池正博さんの「川柳時評」や石橋芳山さんの「海賊 芳山」、御前田あなたさんの「いつだって最終回」でも、この句集が取り上げられている。言ってみれば、いま話題の句集なのである。なかはられいこさん、正岡豊さん、小津夜景さんによる栞文も魅力的。懐紙みたいな素敵な栞だ。なんだか、ねじまき句会的にもちょっと自慢したい気分になってしまう。句集『hibi』は、港の人から出版されている。書店に並んでいる姿もきっと美しいにちがいない。
[PR]
by nezimakikukai | 2018-02-24 19:01 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

浪越靖政さん。

浪越靖政さんは、かぎりなく優しい穏やかな笑顔を浮かべた人である。声もまた優しくて、物腰は柔らかい。その浪越さんが、句集を送ってくださった。新葉館出版から出ている『川柳作家ベストコレクション 浪越靖政』という句集である。冒頭のページに浪越さんの言葉がつづられている。
  伝統芸術は日々進化をしつづけることで、
  時代から受入れられ支持されてきた。
  川柳も例外ではない。
  常に向上を目指していかなければ、
  すぐに時代から取り残されてしまう。
句集の最初に浪越さんの覚悟というか矜持が示されているのが清々しい。果たして、私はそんなふうに川柳と向き合っているだろうかと改めて考えさせられる。甘んじない、妥協しない、とどまらない。あたりまえだが、難しいことも確かだ。川柳の大先輩がこんな覚悟を持って言葉と向き合っていらっしゃることが、とても心強く感じられた。

一句また一句 源泉かけ流し   浪越靖政

言葉を巧まずに、あふれ出る真情をそのまま一句にして紡ぎ出すということなのだろうか。にこにこ笑っていらっしゃる顔が浮かぶ。ぜひお尋ねしてみたい。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-02-14 17:44 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(1)

『晴』より。

樋口由紀子さんの20句のタイトルは「空腹」である。もちろん、食べ物がいろいろ登場する。生椎茸も大根もケチャップやマヨネーズも親しい日常そのものであり、だからこそ、そこから不意にかたちをとって現われてくる何かがある。由紀子さんが、それらに言葉を与える。

蓮根によく似たものに近づきたい

蓮根の穴は深遠な通路だと思うけれども、「蓮根によく似たもの」であって蓮根ではない。そのよく似たものになりたいわけでも、なるわけでもなく「近づきたい」のだ。こんなに曖昧なのに、なぜかわかった気がしてしまうのがおもしろい。「蓮根になりたい」と言われても、何とも思わないのに、「蓮根によく似たものに近づきたい」と言われると腑に落ちるものがある。この不思議な感触を楽しみたい句だ。「そうですか、やっぱりあなたもそうですか。わたしも、そう思うんですよね。」という声がしてくるような気がするのである。

広島やキャベツの千切りつながって

広島と言えば、お好み焼きのキャベツ。これでキャベツの所属が明確になって、姿かたちやら匂いやらがリアルになった。で、「つながって」どうなのか。いや、たぶんつながっている感覚を実感すればよいのだと思う。この中途半端な収拾のつかない気分を五七五を読みながら共有できることが楽しいと思うのだ。意味や説明をくっつけずに、わたしとあなたがつながる楽しさを感じる。

手に葱を持つのは少し早すぎて

そう、葱を持ったら、由紀子さんはもうきっと無敵である。



[PR]
by nezimakikukai | 2018-02-06 23:23 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧