月刊 ★ ねじまき 

2018年 09月 13日 ( 1 )

芙蓉覗けば 人の声する    なかはられいこ

芙蓉の美しい季節だからというわけではなく、最近、この句と何度目かの親しい時間を過ごしている。最初に出会ったのは、川柳を始めた頃だから十数年前のことだ。これまでに何度芙蓉を覗き込み、何度声を聞いたことか。「人の声する」と読めば、たちまちほっと安心してしまう。わたしにとってはそういう句である。決して派手な句ではないけれど、大切な一句だ。五七五・十七音(この句の場合は、七七・十四音だが)は短い。だからこそ、邪魔にならずに身につけていて、身につけていることすら忘れて過ごしているのではないか。あるとき、ふと思い出して取り出してながめたり手に触れたりしてみることもできる。なかなか、ありがたい代物である。
[PR]
by nezimakikukai | 2018-09-13 17:42 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
桐子さん、ありがとうござ..
by 瀧村小奈生 at 19:34
きゅうりの苦手な私ですが..
by 桐子 at 21:33
小奈生さん、こんばんは!..
by 笹田かなえ at 01:44
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧