月刊 ★ ねじまき 

2018年 07月 10日 ( 1 )

ひきだしにしまうかかとの丸い骨   畑美樹

邑書林の『セレクション柳人』をときどき引っ張り出して読んでいる。いつということなく、だれのをということなく。一人の作家のまとまった数の作品を読むことができるセレクションがあることはありがたい。以前にはあまり注意を払わなかった句に惹きつけられたり、もちろんやっぱり好きな句は好きだったりする自分に気づくこともおもしろい。池田澄子さんが書いていらっしゃる畑美樹論も改めて興味深かった。《私性と「わたくし」―畑美樹の樹を嗅ぐ》と題された文章の中で、坪内稔典さんの「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」という俳句と、畑美樹さんの「わたくしのしを嗅いでいる春の部屋」という川柳の比較から、俳句と川柳ということについても触れていらっしゃる。畑美樹さんの句においては、「私」に対する意識が不可欠であり、繊細な心細さを持ちながら自分を中心にす据えることによって、「人間の中のさまざまな私」を描いているのではないかと論じていらっしゃった。池田さんの文章を引用させていただく。
   では、「たんぽぽ」の句は川柳なのか。俳句である。
   説明は難しいけれど匂いが異なる。コレは俳句の匂いだ。
池田さんは「理論的な分析や知識にあまり関心が持てなくて、知的な読み方や物言いがひどく苦手」だと謙遜なさっているけれど、そんなものよりも「匂い」のほうがはるかに説得力も真実味もあることもあると思うのである。


[PR]
by nezimakikukai | 2018-07-10 17:22 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
きゅうりの苦手な私ですが..
by 桐子 at 21:33
小奈生さん、こんばんは!..
by 笹田かなえ at 01:44
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧