月刊 ★ ねじまき 

2018年 03月 06日 ( 1 )

「おにぎりの定型」のこと。

飯島章友さんの「おにぎりの定型」がずっと気にかかっている。昨年の9月に発行された『川柳サイド』に掲載された連作である。音数の並びがひとつの演出となっている。7、7、9、5・7、5・7、7・5、7・7、7・7、7・7と並ぶ。7音から9音をはさんで5・7へ。さらに7・5をはさんで7・7へと移行する。それぞれの句に音韻の仕掛けもほどこされていて音楽を思わせる。そして、いよいよ5・7・5の章に入っていく。17音の定型の句が18句。最後は次の3句である。
 地球時代から継ぎ足したタレである
 今日未明、首のつけねを曲がり切れずに
 お、おにぎりの、の、のりがこわいんだなプツン
「地球時代から/継ぎ足した/タレである」は、やや変則だが違和感はない。「今日未明、首のつけねを曲がり切れずに」はキョウミメイ(6音)に読点が付されているが、正統な5・7・5のリズムを刻んでいると言って差し支えないと思う。「お、おにぎりの、/の、のりが/こわいんだなプツン」は、7・5・7のリズムで読んだ。全30句を一気に読むと何とも言えない音の余韻が残る。音楽を聴き終えた後のような感触。この不思議な感覚が気になってずっと宿題のように「おにぎりの定型」を持ち歩いている。
 クレーンの上半分はジュラ紀です
 ぬりたてのみえないなので座れない
 非常口マークの足にすがりつく
お気に入りの句たちをちらちらと眺めながら、連作全体がつくりあげる世界がそれ以上に気になって仕方ないのである。
 
 

[PR]
by nezimakikukai | 2018-03-06 22:57 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧