月刊 ★ ねじまき 

第151回ねじまき句会

題詠「筒」


1.よるべなくひだいかしてく筒くらげ/妹尾凛

(1票:中川)

2.筒のまままた梅雨に入るカレンダー/八上桐子

(5票:なかはら 魚澄 青砥 安藤 大嶽)

3.しらじらと封筒の白からあける/瀧村小奈生

(5票:青砥 犬山 妹尾 猫田 早川)

4.空芯菜 市のざわめき筒抜けに/早川柚香

(5票:なかはら 丸山 瀧村 岡谷 米山)

5.竹筒から水の匂いと君が代と/青砥和子

(5票:瀧村 犬山 岡谷 三好 米山)

6.井筒からおやかましゅうと冷気立つ/ 岡谷

(5票:瀧村 青砥 中川 早川 三好)

7.茶筒に封じ込める甘やかな眠り/猫田千恵子

(1票:水野)

8.一輪のトイレの薔薇の筒と水/三好光明

9.筒抜けの監視カメラに2往復/水野奈江子

(2票:犬山 大嶽)

10.竹筒からとびだす羊羮のきもち/大嶽春水

(8票:丸山 瀧村 魚澄 安藤 猫田 早川 三好 八上)

11.六月の筒は余罪のある重さ/米山明日歌

5票:安藤 岡谷 妹尾 猫田 水野)

12.手の筒で覗くユニセフのポスター/安藤なみ

(2票:大嶽 八上)

13.マゾっ気のある水筒の洗いかた/犬山高木

(4票:丸山 中川 早川 米山)

14.筒状の中で聞いてたイエスタディ/丸山 進

(4票:大嶽 妹尾 猫田 水野)

15.梅雨の入り窓ある封筒三通目/中川喜代子

(8票:なかはら 丸山 魚澄 青砥 犬山 妹尾 水野 八上)

16.封筒を開けば五日後のあかり/なかはられいこ

(6票:魚澄 安藤 岡谷 中川 八上 米山)

17.とおめがね筒が歪んでああきれい/魚澄秋来

(2票:なかはら 三好)


「雑詠」


1. 返却口秘密結社につづく道/中川喜代子

(5票:青砥 犬山 猫田 早川 米山)

2. デラシネの老後のような過ごし方/丸山 進

3. 紫陽花の雫のように「そういえば」/魚澄秋来

(11票:丸山 青砥 犬山 大嶽 岡谷 妹尾 中川 水野 三好 八上 米山)

4. 冤罪を拭えずスイーツ苦い顔/早川柚香

5. お詫びして木っ端微塵のパーを出す/青砥和子

(3票:丸山 犬山 早川)

6. 今日は渦、遅刻早退だったのか/猫田千恵子

(3票:なかはら 犬山 中川)

7. ずらしたりはぐらかしたり麻暖簾/三好光明

(1票:大嶽)

8. よく晴れていちいちあの人らしい空/なかはられいこ

(5票:瀧村 魚澄 安藤 三好 八上)

9. 母方はマンゴピューレという家系/犬山高木

(7票:丸山 瀧村 大嶽 岡谷 妹尾 猫田 早川 )

10.ヒトの川きょうも仁王の目が泳ぐ/安藤なみ

(1票:妹尾)

11.妹がグラジオラスなことを言う/瀧村小奈生

(9票:なかはら 丸山 魚澄 犬山 岡谷 妹尾 猫田 八上 米山)

12.手がかりはない口紅は拭いてきた/水野奈江子

(2票:青砥 安藤)

13.寝癖 泣き癖 梅雨の匂いを仕舞いこむ/ 岡谷

(1票:なかはら)

14.それからの声の聴きたいあみだくじ/米山明日歌

(6票:瀧村 魚澄 大嶽 中川 水野 三好)

15.日よう日 答えに会う日のかおをする/大嶽春水

(1票:水野)

16.昼前の為替と獺の動き/八上桐子

(9票:なかはら 瀧村 青砥 安藤 岡谷 中川 猫田 早川 三好)

17.石の眼にこもれびふわりおちてゆく/妹尾凛

(4票:魚澄 水野 八上 米山)


[PR]
by nezimakikukai | 2018-06-26 23:07 | 句会結果報告 | Comments(0)
<< 走り梅雨ちりめんじゃこがはねま... 『川柳フェニックス』No.10... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
小奈生さん 句集の紹介あ..
by 丸山 進 at 22:07
桐子さん、ありがとうござ..
by 瀧村小奈生 at 19:34
きゅうりの苦手な私ですが..
by 桐子 at 21:33
小奈生さん、こんばんは!..
by 笹田かなえ at 01:44
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧