月刊 ★ ねじまき 

川柳作家ベストコレクション『柴田比呂志』

夏空になるまで青を積み上げる
あおぞらに束になっても敵わない

柴田さんとは、二村典子さんのぺんき句会で初めてお会いした。川柳を書く者どうしが俳句の句会で出会うのだから、御縁とはおもしろい。句集の中には、常に〈青い空〉や〈空の青〉に心を寄せる柴田さんがいる。

いっぽんのポプラのように夢を見る
袋綴じ開けると波の音がする

女の人が少女の心のままでいるというのは嘘くさい気がするけれど、男の人はいつまでも少年の心を持ち続けることができるのかもしれない。

雨の日の新刊書から木の匂い

身の回りのあらゆるものに繊細に反応して句が生まれる。日々を暮らすということが川柳を書くことなのだと再確認させられる句集である。

じれったい距離に私が置いてある

いつだって自分は「じれったい距離」に置かれている。他ならぬ「私」自身によって。だからこそ柴田さんは、「私」以外のすべてを丁寧に見つめたり感じたりして、書くことに向かうのだろうか。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-06-12 23:01 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(1)
Commented by 柴田比呂志 at 2018-06-13 21:56 x
小奈生さま

句集の紹介をしてくださりありがとうございます。
懐かしい匂いのするような文章にしばしうっとりしました。この匂い、間違いなく水の匂いです。

ペンキ句会で学ばせてもらってようやく二年が過ぎました。俳句も川柳と同じで見よう見まねでやっています。
典子さんのかみなりが毎度落ちてもおかしくないのですが、やさしくしてもらっています。

「身の回りのあらゆるものに繊細に反応して句が生まれる。日々を暮らすということが川柳を書くことなのだと再確認させられる句集である。」のコメントがありがたいです。句集を出したことで、少しは人様のお役に立てたように思えてきました。ありがとうございました。


<< 『川柳フェニックス』No.10... 川柳作家ベストコレクション『柴... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧