月刊 ★ ねじまき 

川柳作家ベストコレクション『守田啓子』

広がってゆくのあたしのほころびが
交番に届くわたしの欠けたとこ
さらされるあたしのもふもふした部分
綿棒で哀しいとこを触られる
とんがりがあるかときどき触れてみる

かなしいことやうれしいこと、しっくりこない感じや喪失感。それらを身体的な感覚として受け止めたことろから生まれてくる川柳である。それは、とてもシリアスなものであるはずだが、、守田敬子さんの句からは深刻さやジメジメしたものは感じられない。「交番に届く」や「綿棒で」、あるいは「もふもふした部分」という言葉の装置をくぐることで、確かな共感を呼び起こしつつ、読む者をくすっと笑わせてくれるからである。

こんなとき線香花火持たされる

「こんなとき」、「線香花火」、「持たされる」の「れる」の関係が絶妙。「こんなとき持たされる」ものとしての線香花火、「線香花火持たされる」のがこんなときであったということ、そして自らの意志ではなく「持たされる」という受け身であること。余儀なく、しかもどこか明るい。繊細だがへこたれない生命力を感じる。

他人にも自分にもこんにゃくである

と啓子さんは言うのだが。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-04-14 21:16 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 川柳作家ベストコレクション『笹... 川柳作家ベストコレクション『ひ... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧