月刊 ★ ねじまき 

今もって竹は不服にござります   中川喜代子

題詠「竹」の圧倒的最高点句。「今もって」なのだ。意味ではなく、この言葉の持つ味わいは他の言葉に代え難い。「ござります」という特殊な語に嫌味が感じられないのは、「今もって」の効用だろう。「今もって不服にござります」という恨みも、真摯であって重くない。そもそも「竹」と「不服」の取り合わせがおもしろい。竹は不服など言いそうにないから。竹を割ったような性格なのだし、竹林の光は何といっても美しい。薮になら不服もあるかもしれないが、竹と不服は遠い。しかし、この17音は竹にだって不服があって然るべきだということを穏やかに納得させてしまう。不思議な説得力を持つのである。一読したときから、わたしは「竹」にしゃきっとしたお婆さんの姿を重ね、お婆さんの声を聞いていた。太宰治の子守りの「たけ」のイメージを気づかずに重ねていたのかもしれないと、ふと思い当たった。
[PR]
by nezimakikukai | 2018-03-13 22:12 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 川柳作家ベストコレクション『猫... 「おにぎりの定型」のこと。 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
小奈生さん 句集の紹介あ..
by 丸山 進 at 22:07
桐子さん、ありがとうござ..
by 瀧村小奈生 at 19:34
きゅうりの苦手な私ですが..
by 桐子 at 21:33
小奈生さん、こんばんは!..
by 笹田かなえ at 01:44
 今頃気づきました。あま..
by らき at 14:56
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧