月刊 ★ ねじまき 

『hibi』

八上桐子さんの初めての句集が出版された。うつくしい本である。色にも手触りにもえもいわれず心惹かれる。何色ともつかぬ色合いを眺めながら、何とも言いようもないことがいっぱいつまった日々を思う。表紙にてのひらを置いて、凹凸のある紙の声を聴く。hibi、日々、罅。ツイッターでは、いろいろな方によって心にとまった句がつぶやかれ、小池正博さんの「川柳時評」や石橋芳山さんの「海賊 芳山」、御前田あなたさんの「いつだって最終回」でも、この句集が取り上げられている。言ってみれば、いま話題の句集なのである。なかはられいこさん、正岡豊さん、小津夜景さんによる栞文も魅力的。懐紙みたいな素敵な栞だ。なんだか、ねじまき句会的にもちょっと自慢したい気分になってしまう。句集『hibi』は、港の人から出版されている。書店に並んでいる姿もきっと美しいにちがいない。
[PR]
by nezimakikukai | 2018-02-24 19:01 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 梅田蔦屋書店 浪越靖政さん。 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧