月刊 ★ ねじまき 

『川柳 裸木』

送ってくださった『裸木』のページを、お正月休みにやっとゆっくり開くことができた。情けないくらいの自転車操業的現実生活なのである。灰色がかった薄紫の楚々とした表紙が素敵だ。冬の乾いた白っぽい空に精いっぱい裸の枝を伸ばした木の姿を思い浮かべる。木の姿の中でいちばん心惹かれる姿。
いわさき楊子さんの句から。

体内の遠いあたりに給油する
鯖缶をパコリと開けてあきらめる
美しく剥いだラベルの置きどころ

日常生活の中で、違和感や諦めや戸惑いが、明確なかたちをとった一瞬が切り取られている。それはガソリンスタンドのセルフ給油の所在ない瞬間であり、プルトップの鯖缶を開けた一瞬であり、何ともきれいに剥がれたラベルを手にしたそのときなのだ。昔の缶切りでギコギコ開けるタイプの鯖缶ではこうはならないだろうなと思うと、それも可笑しい。

『裸木』はこの第5号で終刊だと知った。こんなとき、いつも旧約聖書の言葉が浮かぶ。「神のなさることは、すべて時にかなって美しい」始まったことも終わることも、きっと必要不可欠なことにちがいない。今後もメールでの活動は続けられるとのこと。終わりは始まりなのだと改めて思う。

[PR]
by nezimakikukai | 2018-01-09 17:34 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(1)
Commented at 2018-01-11 09:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 句集『n≠0 PROTOTYPE』 あと6つ寝ると・・・ >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
小奈生さま 句集の..
by 柴田比呂志 at 21:56
句集の紹介ありがとうござ..
by 浪越靖政 at 14:28
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧