月刊 ★ ねじまき 

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

火の国だより。

目の前に阿蘇の外輪山が連なっている。ホテルのロビーの深々としすぎる椅子におさまって山を見る。山と空だけを見るためだけの窓と椅子の設置である。ここは火の国熊本。熊本といえば、くまモン。熊本といえば、あ!田口麦彦さん!お電話でお話させていただいたことしかないけれど、ときおり送ってくださる郵便物のご住所が熊本市内だった。ご縁のある方の近くに来ているというだけで特別なことのような気がする。いつかお会いすることができたら、きょうのこともお話しよう。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-03-29 10:14 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

うすみどり。

ねじまき句会では、選句の後、それぞれの句について選んだ理由も選ばなかった理由も発言が求められる。三月の句会で、とても痛快な選ばなかった理由があった。もちろん発言者は二村鉄子さん。雑詠に「うすみどり」という語を含む句があった。「『うすみどり』という言葉を使った素敵な俳句がいろいろあるんですよ。例えば・・・」と言って二村さんが挙げたのが次の句。

白藤や揺りやみしかばうすみどり   芝不器男

「それだけじゃなくて、他にもあるんですけど。そうすると、この『うすみどり』はねえ・・・。」挙げられた1句でじゅうぶんだったのだが、あとで調べてみた。

芹といふことばのすでにうすみどり   正木浩一

バッタとぶアジアの空のうすみどり   坪内稔典

知っているということは大切だと今さらに思う。知らないことは恐ろしいと言ってもいいかもしれない。不勉強の世界に安住しないように戒めなければ。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-03-22 23:18 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

いざという時のミッシェルポルナレフ

シンちゃんがそうつぶやきながら牌をツモっては捨てている。シンちゃんは30年来の友人である。それだけではないが、おもに雀友である。ユーミンの歌をくちずさむときみたいにつぶやいていたので、なんか聞いたことあるなーと思いながら聞き流していたが、なに!れいこさんの川柳じゃん。よく聞いているともうひとつあった。「空に満月だしなー、うーん。」とどの牌を切り出すか迷っているようだ。

空に満月くちびるにウエハース   なかはられいこ

シンちゃんは、映画と遊園地が大好きな還暦のオジサンである。川柳はもちろん、俳句も短歌もやらない。「ねじまき」#2ができたときに、わたしがプレゼントした。「たまには、こんなの読んでみてよ。」読んでくれただけでなく、くちずさんでもらえるとは!改めてなかはられいこの川柳の魔力を見せつけられた気がする。あとで聞いてみると、ポルナレフは相当お気に入りらしくて、読んだ瞬間大笑いしたとのこと。やったね。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-03-15 18:32 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

違和感をひろう。

東京のキョでいっせいに裏返る    なかはられいこ

第128回ねじまき句会、雑詠の最高得点句。「キョ」の発見に、うまい!と膝を打ちたくなる。音声の問題で、「トウキョウ」と発音したときに、「キョ」の瞬間に図らずも声が裏返ってしまうというのである。そう言われると、つい試してみたくなるのが人情であり、試した結果「ああ、そうかもしれない。」と納得するのだ。日常生活の中に潜む違和感のひとつであり、そういう違和感はある一瞬にちらっと顔をのぞかせる。その違和感に対する作者の意識と読者の共感によって成立する一句だと思う。もちろん、その「キョ」の音を持つのが「東京」であって他の言葉への代替が不可能なことは言うまでもない。世界を代表する大都市であり、日本の政治・経済・文化の中心であり、日本の各地、世界のさまざまな国から人が集まっている。それゆえの哀しさやいかがわしさが、「裏返る」に説得力を与える。川柳の本領と言える領域の句ではないだろうか。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-03-08 16:28 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

「説明したくないですね。」

と言ったのは二村鉄子さんだった。「あえて踏み込んで読まない読み方もあるんじゃないかなあ。」「親切すぎる読み方も読者の楽しみを奪う気がして。」とも。

マダムチャタレイ傾向にてドル安    安藤なみ

第128回ねじまき句会の題詠「安」の作品についてみんなで議論していたときのことである。なかはられいこさんはこう言った。「解釈なんかないです。マダムチャタレイとドル安を結びつけたところだけで、もうお手柄です。」
説明のつかない句をとるのか、わからないからとらないのか、その分岐点の微妙さが鮮明に表れた句だと思う。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-03-01 22:53 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧