月刊 ★ ねじまき 

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第127回ねじまき句会

題詠「臓」

1.もの言わぬ臓器うつ病かも知れぬ/ 北原おさ虫
 (3票:中川 ながた 樋口)

2.心臓を浸した十二月の青/ 瀧村小奈生
 (7票:なかはら 中川 ながた 北原 青砥 妹尾 八上)

3.怖いもの見たさに飛び出す心臓/ 青砥和子
 (8票:丸山 犬山 ながた 米山 三好 樋口 大嶽 八上)

4.猫を抱く五臓六腑の重さかな/ 樋口りゑ
 (5票:丸山 瀧村 安藤 米山 猫田)

5.鬼灯にしまわれ赤き心の臓/ 魚澄秋来
 (3票:なかはら 猫田 妹尾)

6.歯ごたえのある君の心臓ピンク/ 妹尾凛
 (4票:丸山 犬山 青砥 大嶽)

7.均一の臓器をかしき鳥貴族/ 八上桐子
 (4票:なかはら 魚澄 猫田 妹尾)

8.美しいあなたを創る臓器展/ 丸山進
 (5票:なかはら 魚澄 青砥 三好 樋口)

9.始まりも終わりも知らず動く臓/ 三好光明
 (1票:大嶽)
10.心臓の逞しき音サイヤ人/ 大嶽春水

11.暗闇の心臓音をつかみ出す/ 米山明日歌
 (5票:中川 犬山 瀧村 北原 大嶽)

12.五臓六腑探しつずける鯉のぼり/ 中川喜代子
 (4票:丸山 瀧村 ながた 八上)

13.出刃触れたとたんぷりっと出る臓器/ 猫田千恵子
 (2票:安藤 三好)

14.キャベツからまず心臓を取り出して/ なかはられいこ
 (11票:魚澄 犬山 安藤 米山 北原 青砥 三好 猫田 樋口 妹尾 八
上)

15.トラトラトラ奇襲された臓器たち/ 犬山高木
 (2票:魚澄 安藤)

16.はらわたと言われて拗ねている臓器/ 安藤なみ
 (4票:中川 瀧村 米山 北原)


「雑詠」

1.ほつれ毛は脚本にないから畳む/ 安藤なみ
 (4票:丸山 犬山 中川 大嶽)

2.12月やたらでてくるバカボンのパパ/ 犬山高木
 (3票:なかはら 青砥 妹尾)

3.MADE IN CHINAの空の(5分ください)/ なかはられいこ
 (1票:妹尾)

4.靴下の穴を小指の方にする/ 猫田千恵子
 (8票:瀧村 ながた 米山 安藤 青砥 三好 樋口 八上)

5.ドアノブの手前で象か確かめる/ 中川喜代子
 (4票:魚澄 ながた 樋口 大嶽)

6.ここからはR指定の滝の音/ 米山明日歌
 (8票:なかはら 魚澄 丸山 犬山 瀧村 安藤 大嶽 八上)

7.青空の彼方の空気清浄機/ 大嶽春水
 (2票:瀧村 北原)

8.最強と言われた穴が身を隠す/ 三好光明
 (2票:瀧村 樋口)

9.安売りの桃色吐息詰め放題/ 丸山進
 (3票:中川 北原 三好)

10.先割れスプーンあたらしいおとうさん/ 八上桐子
 (11票:なかはら 魚澄 丸山 犬山 中川 ながた 安藤 青砥 猫田 樋口
 妹尾)

11.夜にとけそうでとけない冬の浪/ 妹尾凛
 (2票:米山 青砥)

12.告白をたやすくさせるオリオン座/ 魚澄秋来
 (4票:中川 北原 大嶽 八上)

13.生まれつき設置してあるカタパルト/ 樋口りゑ
 (5票:犬山 安藤 米山 北原 三好)

14.寄せられた夜空のひとつ青いまま/ 青砥和子
 (1票:猫田)

15.第二志望は冬の電信柱です/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 魚澄 丸山 ながた 米山 三好 猫田 妹尾 八上)

16.エルニーニョ テロと関係ないらしい/ 北原おさ虫
 (1票:猫田)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-30 12:02 | 句会結果報告 | Comments(0)

田中外くん。

「ねじまき」#2の表紙の男の子である。muukaというバンドのVocal&Guitarだ。「ねじまき」#1を気に入ってくれて、今回は表紙のモデルを引き受けてくれた。外くんの書く歌は、とてもまっすぐだ。まちがいなくシャイな男の子のまっすぐな思いが胸にツンとくる。私はライブのリハのときに撮影させてもらったのだが、パーカッションのもっちーくん、ベースのよしのりくん、バイオリンのえりかちゃん、スタッフのみみちゃん、みんながつくる雰囲気がめちゃくちゃいい。いいバンドだなあとうれしくなってしまった。表紙から外くんの声を聞いてもらえないのが残念だ。

  誰かに会いたくて会いたくてたまらない夜に限ってなぜ
  もう二度とは会えない人の面影があるのでしょう

  「どうか愛を止めないで」
  やっとわかった心からほら
  「愛を止めないで」

      (muuka「愛を止めないで」より。)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-29 23:24 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

できました。

もちろん、「ねじまき」#2の話です。
12月20日の句会で、参加したメンバーには手渡ししました。欠席のメンバーにはできるだけ早く手元に届くよう手配します。句会が始まる時間に、欠席の桐子さんが無念さをつぶやいていたら、れいこさんが表紙の写真をアップして煽っていました。桐子さん、「写真はイメージです」が、もうすぐ実体が届きますからね。何とか年内発行は果たせたものの、何しろ年末なのでご注文をいただいた場合も発送が年明けになる可能性が大です。ご容赦ください。「川柳ねじまき」#2は定価500円。お送りする場合は別途送料が必要になります。ご注文はこちらのアドレスまで。nezimaki@coffee.ocn.ne.jp
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-22 11:06 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

待つ。

「ねじまき」#2が、印刷・製本の段階に入った。手を離れ待つだけの時間。1週間もすれば完成するはずなのに妙に現実感がない。ほんとにできてくるのかしらん。できてくるにきまってる!印刷屋さんはプロなんだ!今回は、名古屋市緑区にあるツゲ印刷さんにお世話になった。ああでもない、こうでもないのドタバタに根気よくおつきあいくださって、適切なアドバイスや温かい励ましやらをいただいた。担当の山崎さん、ほんとうにありがとうございました。わくわくするような、ちょっとこわいような、待つ時間が流れている。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-15 15:35 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

むさしさんの声。

「ねじまき」#2のことでお願いがあって、青森のむさしさんにお電話をした。声をお聞きするのはずいぶん久しぶりである。去年むさしさんが大きな病気をなさったことは「おかじょうき」のサイトで見て知っていたので、緊張しながら呼び出し音を聞く。「もしもし。」あ、むさしさんだ!あたりまえなのにとてもうれしい。ちゃんとお見舞いも言えずモタモタしていると、むさしさんから用件を聞いてくださる。むさしさんに以前撮っていただいた写真を使わせていただきたいとお願いして承諾をいただいた。むさしさんの声は、わたしにとって青森の声だ。この間、BSの「コドモノクニ」という番組で芥川と太宰の特集を見た。青森の田園風景や斜陽館の映像を見ながら、耳の奥のほうにむさしさんの声が聞こえていた。なつかしくてあたたかい声である。

遊ぼうと時々左足が言う    むさし
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-08 10:13 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

師走、極月、十二月!

12月1日。あれよあれよの年末だ。過去の12月をちょっと振り返ってみる。

2011年12月 「閥」
その箱を開ければぬおんと出る派閥/魚澄秋来

2012年12月 「鋭」
鋭角に曲がれスプーンもニッポンも/なかはられいこ

2013年12月 「園」
熱川バナナワニ園ワニワニ/二村鉄子

2014年12月 「燕」
ビロードになるまで撫でている燕脂/八上桐子

そんなこともあり、こんなこともあり、至現在である。こうして眺めていると、「その瞬間」がよみがえるようでおもしろい。2015年の12月ライブ(句会)は20日である。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-01 22:11 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧