月刊 ★ ねじまき 

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クリストファーと名付けたくなる朝がある   魚澄秋来

10月句会の雑詠から。
一読、クリストファー・クロスの透明な声に脳内を支配される。まさに朝だと思う。クリストファーと名付けたい朝の清澄な空気感を思って深呼吸する。そんな句だった。もちろん、私は1票を投じた。句会のあとのコメダでの雑談の中で、なかはられいこさんが「クリストファー・クロスじゃなくて、ただのクリストファーがいい。」というようなことを言っていた。そう言えば、クリストファー・クロスだと、髪の毛薄いけど童顔だったよなと余計なことも思い出したのは事実だ。それに世代が違えばクリストファー・クロスは全くわからないだろう。そうなると、朝の名前として「クリストファー」がどうなのかという話になる。いいじゃん!と思う。朝に名前をつけるのも、その名前がクリストファーなのも素敵だ。揺るがぬ1票を心の中で再び投じる。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-27 14:49 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

第125回ねじまき句会

題詠「膝」

1.膝蹴りが私の武器です男子諸君/ 大嶽春水
(1票:ながた)


2.夢をみる脚立の膝のこの辺り/ 米山明日歌
 (4票:なかはら 中川 魚澄 妹尾)

3.長月のジーパンの膝座禅組む/ 中川喜代子
 (3票:大嶽 猫田 丸山)

4.知恵の輪の膝から上が解けなくて/ 三好光明
 (5票:瀧村 犬山 丸山 魚澄 米山)

5.カタコトでよければ膝で話せます/ 丸山進
 (13票:なかはら ながた 二村 瀧村 樋口 犬山 中川 大嶽 猫田 青砥 米山 八上 妹尾)

6.今ですかまだですかと膝レレレ/ 犬山高木
 (6票:ながた 二村 三好 青砥 魚澄 妹尾)

7.罪のない秘密を隠す膝の裏/ 猫田千恵子
 (2票:樋口 大嶽)

8.膝だけの家族写真を撮った夏/ 瀧村小奈生
 (11票:なかはら ながた 二村 猫田 三好 犬山 青砥 魚澄 米山 八上 妹尾)

9.授かった翼 膝などもう見ない/ 樋口りゑ
 (2票:中川 三好)

10.雲動く膝を抱えていてひとり/ 青砥和子
 (1票:大嶽)

11.夕暮れに膝から崩れゆく芒/ 妹尾凛
 (4票:大嶽 丸山 米山 八上)

12.居ないので膝頭など撫でている/ 魚澄秋来
 (2票:瀧村 猫田)

13.膝裏を五人囃子が通過する/ なかはられいこ
 (6票:瀧村 二村 犬山 青砥 八上 妹尾)

14.膝下から見えなくなっていく家族/ ながたまみ
 (11票:なかはら 瀧村 三好 丸山 樋口 中川 二村 青砥 魚澄 米山 八上)

15.きゅうくつな膝たいくつな椅子の上/ 二村鉄子
 (4票:なかはら 中川 樋口 三好)

16.婦人科の廊下に膝が立っている/ 八上桐子
 (5票:ながた 樋口 猫田 丸山 犬山)


雑詠

1.平行な面から面へうつる点/ 二村鉄子      

2.羊羹屋布団屋「包丁研ぎます/ 八上桐子
 (1票:犬山)   

3.照明が落ちる答えを間違うと/ ながたまみ 
 (5票:なかはら 瀧村 猫田 樋口 丸山)    

4.クリストファーと名付けたくなる朝がある/ 魚澄秋来
 (10票:なかはら 瀧村 ながた 二村 樋口 大嶽 犬山 青砥 八上 妹尾)

5.無花果と柘榴どちらが夜ですか/ なかはられいこ
 (9票:ながた 瀧村 丸山 二村 三好 魚澄 米山 八上 妹尾)   

6.呼ばれたら窓口へ行く豆腐買う/ 妹尾凛 
 (7票:なかはら ながた 中川 二村 三好 猫田 犬山)   

7.月の暈はみだしそうになる海月/ 青砥和子
 (4票:瀧村 三好 二村 魚澄)     

8.はめ込んだネジでだれかを殺すのだ/ 樋口りゑ 
 (3票:なかはら ながた 青砥)  
    
9.揺れながらもっと薊になっていく/ 瀧村小奈生 
 (10票:丸山 樋口 中川 猫田 大嶽 青砥 魚澄 米山 八上 妹尾)   

10.厄介なことだが息を吹き返す/ 猫田千恵子 
 (6票:樋口 三好 丸山 青砥 米山 八上)   

11.極まって雄牛の首を皿に盛る/ 犬山高木 
 (2票:樋口 中川)  

12.つゆ草の青をたどれば月の宿/ 丸山進 
 (4票:大嶽 中川 猫田 米山) 

13.三番目のボタン私の遺言/ 三好光明 
 (3票:二村 猫田 米山)  

14.千六本その一本が出家する/ 中川喜代子 
 (8票:なかはら 瀧村 大嶽 三好 犬山 丸山 青砥 魚澄)  
  
15.少しだけ水平線のブレた夜 / 米山明日歌 
 (6票:ながた 大嶽 中川 魚澄 八上 妹尾)

16.オセロ駒ひっくり返って秋になる/ 大嶽春水
 (2票:犬山 妹尾)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-27 14:32 | 句会結果報告 | Comments(0)

新戦力加入です。

10月からねじまき句会に新しいメンバーが増えた。ねじまき増殖中!いいぞ、いいぞと思う。

阿と吽の間が離れすぎている  猫田千恵子

の猫田千恵子さんだ。わたしは、この句を「川柳スープレックス(2015.5.29)」で読んだ。正直に言うと、猫田さんのお名前に覚えがあって、ケンサクケンサクしたのである。実は、お顔にも見覚えがあったのだが、こちらのほうはどこでお会いしたものかあるいは単なる錯覚なのか判明していない。ともあれ、その猫田さんがねじまきの新メンバーとなった。人が集まることは幸せなことである。かつての記録には、欠席投句は別として当日の参加人数2名というのもあった。そんな時代が嘘のようである。来月は、遠来のゲストもありそうで、活気があることは、やはりうれしい!ぎゅいんぎゅいん、ねじまきまっせ。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-20 22:49 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(2)

おとうとはとうとう夜の大きさに    八上桐子

9月の句会の雑詠から。題詠に力をふりしぼりすぎた月の句会の雑詠は、なんとなく緩い句が並ぶことがある。力尽きた・・・というところだろうか。9月もちょっとその傾向があったように思うのだが、八上桐子はちがっていた!桐子さん、ごめんなさい、とユルユルのわたしなどは平身低頭である。「夜の大きさ」が途方もなくつかみどころのないものを感じさせる。しかも、それは「おとうと」であって「とうとう」そんなことになってしまったのだ。「おとうと」と「とうとう」の音のリズムのよさも童歌のようで少々不気味である。湿り気を帯びたひんやりとした空気、見えない闇の深さ、夜の息遣いまでが感じられる。9月の雑詠の中では、断然この句がいい!とわたしは思っている。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-13 23:37 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

二村と瀧村。

ムラムラの話。いつだったか句会の帰りの名鉄電車の中で鉄子さんがわたし(小奈生)に言った。「小奈生ちゃんとわたしの選が案外一致していないってことに気づいてましたか?」正確ではないが、まあだいたいそんな感じだった。ちっとも気づいていなかったというか、どちらかというと一致しているような気がしていたわたしは意外な気持ちで帰宅した。さて、9月の句会。鉄子さん、わたしたち二人しか選んでいない句がありますよ!

たとえば葉裏に静脈ぬいし君    犬山高木

鉄子さんが欠席だったので、わたしは一人で選んだ理由を言わねばならず、ちっともちゃんと言えず、しどろもどろのうえ、選んでない派からビシュッ!と攻撃を受けて返す言葉もなく、それは悲惨だったのだ。犬山さん、ごめん。Cool Tetsuko がいたら、バシッ!と何か言ってくれたかもしれないと思うと、返す返すも残念。この日は雑詠でも二村・瀧村とあと一人妹尾だけが選んだ句があった。

二枚舌物理的にはなじまない    丸山進

二村・妹尾両名が欠席のため、これも選んだ理由は孤軍奮闘の瀧村である。
ムラムラコンビは、少数派として選の一致をみるのかもしれない。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-06 14:54 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

第124回ねじまき句会

題詠「脈」

1.サロンパスの下で縮んでいる脈/ 安藤なみ
 (4票:中川 三好 二村 妹尾)

2.元彼が静脈瘤で待っている/ 米山明日歌
 (6票:北原 安藤 丸山 青砥 二村 妹尾)

3.唐辛子脈うつ髪の白さかな/ 二村鉄子
 (2票:丸山 樋口)

4.無意識の中の金脈探す旅/ 大嶽春水
 (2票:北原 魚澄)

5.リズム良く休み取ってる不整脈/ 三好光明
 (5票:なかはら 北原 丸山 樋口 大嶽)

6.水脈にそっと突き刺す注射針/ 樋口りゑ
 (4票:安藤 三好 魚澄 大嶽)

7.とれかけの釦の脈をとっている/ 中川喜代子
 (10票:なかはら 北原 瀧村 安藤 三好 樋口 魚澄 青砥 米山 二村)

8.まん中に曾祖父と奥羽山脈/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 丸山 中川 樋口 八上 青砥 大嶽 二村 妹尾)

9.ショートショート脈拍乱れ異次元に/ 青砥和子
 (1票:中川)

10.ずきんずきんと海も脈打っている/ 八上桐子 
 (7票:なかはら 瀧村 北原 中川 大嶽 米山 妹尾)

11.靜脈のほうが有利と思われる/ 丸山進
 (5票:瀧村 八上 樋口 青砥 米山)

12.きっと手ざわりのよい青い山脈/ 妹尾凛
 (7票:なかはら 安藤 八上 魚澄 三好 青砥 米山)

13.老医師に出世の脈も測られる/ 北原おさ虫
 (2票:八上 大嶽)

14.真夜中にヤモリ煮るのも血脈で/ 魚澄秋来
 (2票:安藤 米山)

15.街路樹が脈うつ麒麟になりたくて/ なかはられいこ
 (7票:瀧村 中川 魚澄 丸山 八上 三好 妹尾)

16.たとえば葉裏に静脈ぬいし君/ 犬山高木
 (2票:瀧村 二村)


雑詠

1.網棚の荷物のように忘れてね/ 魚澄秋来
 (9票:なかはら 安藤 瀧村 北原 中川 八上 樋口 米山 大嶽)

2.野仏と株の話をするトンボ/ 北原おさ虫
 (3票:中川 安藤 大嶽)

3.こもれびを濃やかに吐く秋の胸/ 妹尾凛
 (2票:なかはら 青砥)

4.二枚舌物理的にはなじまない/ 丸山進
 (3票:瀧村 二村 妹尾)

5.おとうとはとうとう夜の大きさに/ 八上桐子
 (10票:なかはら 瀧村 中川 丸山 魚澄 青砥 米山 二村 妹尾 大嶽)

6.白昼のママドントゴー臍できく/ 青砥和子
 (2票:丸山 魚澄)

7.それじゃまるでラーメン好きの小池さん/ 瀧村小奈生
 (4票:八上 三好 青砥 妹尾)

8.酢の臭い告白本が並んでる/ 中川喜代子
 (7票:瀧村 北原 魚澄 三好 樋口 米山 二村)

9.濁点がほっぺについたままですよ/ なかはられいこ
 (9票:北原 中川 安藤 八上 樋口 米山 二村 妹尾 大嶽)

10.ハ行のF秘密を持っているらしい/ 樋口りゑ
 (5票:安藤 八上 丸山 青砥 二村)

11.ときどきは点けてるようね非常灯/ 三好光明
 (4票:なかはら 魚澄 丸山 青砥)

12.そのかわり紙おしぼりはいりません/ 二村鉄子
 (5票:北原 中川 八上 三好 米山)

13.パティシエの秋は地蔵の涎掛け/ 安藤なみ
 (1票:北原)

14.今日ママンが死んだ 黄泉線の内側でお待ち下さい/ 犬山高木
 (3票:丸山 三好 樋口)

15.なりゆきでポストにされて立っている/ 米山明日歌
 (8票:なかはら 瀧村 安藤 魚澄 三好 樋口 妹尾 大嶽)

16.鳥が鳴き蝉の声して虫の声/ 大嶽春水
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-01 23:35 | 句会結果報告 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こうださま、山本さま ..
by nezimakikukai at 16:19
『川柳ねじまき』、愛読し..
by 山本洵一 at 04:51
川柳凜のこうだひでおと申..
by こうだひでお at 19:41
ねじまき#3を5部購入し..
by 岡本 聡 at 21:29
ねじまき#3を2冊購入し..
by 善江 at 07:13
高知に住んでいます。小野..
by 善江 at 08:24
 さきほど、ねじまき#3..
by らき at 14:23
岩渕さま、いわさきさま、..
by nezimakikukai at 23:19
 おいしいもの、たのしい..
by らき at 11:25
らきさま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:48
 こんにちは。ああ、ねじ..
by らき at 17:50
取り上げていただきありが..
by 明日歌 at 06:05
垂人って 短歌も俳句も..
by h82261765 at 10:26
犬山入鹿さま サイ..
by 森山文切 at 17:53
前のコメントに明記してお..
by 森山文切 at 15:13
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧