月刊 ★ ねじまき 

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

取材されました!

9月の句会に中日新聞の記者さんが取材にいらっしゃいました。これも、ねじまきの本が出たからだとすると、やはりこうして雑誌を出して発信していくということは大切なことなのだなあと思います。取材に来てくださったのは、野村さんというとても感じのよい女性でした。(個人的なことですが、記者で野村さんという名前にはよいご縁があるのでうれしいです。)3時間半ほどの句会と、そのあとのコメダ雑談会まで、ずっとご一緒しました。コメダでは、メンバーひとりひとりにいろいろ質問していらっしゃいました。わたしは、ちょっと意外だったのです。こんなに時間を使ってこんなに丁寧に耳を傾けてくださるなんて!どんなボリュームの記事になるのか、それどころか記事になるのかならないのかも、不思議なくらい気になりません。野村さんにお会いできたことが幸せです。ありがとうございました。「川柳ねじまき」がまたひとつ素敵なご縁を結んでくれました。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-30 23:18 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

立秋が八木節のまま罷り出る    北原おさ虫

秋分の日に立秋の句で紹介して申し訳ありません。これは、8月句会の北原さんの雑詠です。どこから「八木節」が出てきたんだろうと思うのですが、意外なものをひょいっと出して見せるのが得意なんです。まあ、マジシャンですから、鳩だってなんだって出せちゃうのですが。北原さんは、いろんなことを知っているので、ときどき本当にびっくりさせられます。そして、いったん関心をもったことは、とことん究めたいタイプに見受けられます。それは、川柳に対しても同じ。パッションの人、おさ虫さんもまた、瀬戸組の一人です。ねじまきでは、今、瀬戸が熱いのです。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-23 20:05 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

点がいい線には出来ぬ絵も描ける    三好光明

三好光明さんも瀬戸・丸山教室の出身、通称瀬戸組である。三好さんは「ねじまき」の良心、間違いなく断言できる。特に素直で正確な読みには邪悪さのかけらもない。川柳との取り組み方も本当に誠実な人だ。いつだったか、句会でなかはらさんが三好さんの句について話した時に、ストンと落ちるものがあったようで、破顔一笑、瞳キラキラだったことがある。あのときの三好さんの表情が忘れられない。
掲出句も、作者の謙虚さ、優しさの感じられる一句。描かれてしまった線より、何にでもなれる、しかし一つでは何でもない点を選択するところが三好さんらしい。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-16 14:48 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

歳時記に踊る大腿四頭筋    安藤なみ

なみさんは、瀬戸丸山教室からのねじまき参加。丸山進さんの川柳の魅力と人柄が育てた瀬戸の宝の一人である。おかじょうき川柳社の会員でもあり、精力的に活動している川柳作家だ。なんといっても「大腿四頭筋」ですよ。大胆ですよね。ユニークな視点と思いっきりのよい表現で、不思議な世界を開いてくれる。柔らかで上品な物腰から、ガッツリとしたボケをかましてくれる魅力的な人である。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-09 14:44 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)

「川柳ねじまき」#1以後。

句会結果を見てくださっている方は御承知のことだと思うが、「川柳ねじまき」創刊号の準備を始めた後に句会に参加してくださっているメンバーがいる。みんなで第2号に向けて始動中ということになるのだが、ねじをまきつつ御紹介させていただこうと思う。
というわけで第1弾。

残照が届く行き止まりの空に    妹尾凛

凛ちゃんは神戸からの参加。私が初めて会ったのは、神戸での大会だった。あどけない表情から「若い方」に分類しそうになっていたら同じグループだとわかって相当に驚いた。見かけも謎だが、内面もなかなか神秘。芯が強く豪快かと思えば、繊細で抒情的。子どもかと思えば、揺るぎないおとな。そして、「行き止まりの空」を見つけちゃう人なのである。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-02 16:32 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧