月刊 ★ ねじまき 

カテゴリ:句会結果報告( 74 )

第127回ねじまき句会

題詠「臓」

1.もの言わぬ臓器うつ病かも知れぬ/ 北原おさ虫
 (3票:中川 ながた 樋口)

2.心臓を浸した十二月の青/ 瀧村小奈生
 (7票:なかはら 中川 ながた 北原 青砥 妹尾 八上)

3.怖いもの見たさに飛び出す心臓/ 青砥和子
 (8票:丸山 犬山 ながた 米山 三好 樋口 大嶽 八上)

4.猫を抱く五臓六腑の重さかな/ 樋口りゑ
 (5票:丸山 瀧村 安藤 米山 猫田)

5.鬼灯にしまわれ赤き心の臓/ 魚澄秋来
 (3票:なかはら 猫田 妹尾)

6.歯ごたえのある君の心臓ピンク/ 妹尾凛
 (4票:丸山 犬山 青砥 大嶽)

7.均一の臓器をかしき鳥貴族/ 八上桐子
 (4票:なかはら 魚澄 猫田 妹尾)

8.美しいあなたを創る臓器展/ 丸山進
 (5票:なかはら 魚澄 青砥 三好 樋口)

9.始まりも終わりも知らず動く臓/ 三好光明
 (1票:大嶽)
10.心臓の逞しき音サイヤ人/ 大嶽春水

11.暗闇の心臓音をつかみ出す/ 米山明日歌
 (5票:中川 犬山 瀧村 北原 大嶽)

12.五臓六腑探しつずける鯉のぼり/ 中川喜代子
 (4票:丸山 瀧村 ながた 八上)

13.出刃触れたとたんぷりっと出る臓器/ 猫田千恵子
 (2票:安藤 三好)

14.キャベツからまず心臓を取り出して/ なかはられいこ
 (11票:魚澄 犬山 安藤 米山 北原 青砥 三好 猫田 樋口 妹尾 八
上)

15.トラトラトラ奇襲された臓器たち/ 犬山高木
 (2票:魚澄 安藤)

16.はらわたと言われて拗ねている臓器/ 安藤なみ
 (4票:中川 瀧村 米山 北原)


「雑詠」

1.ほつれ毛は脚本にないから畳む/ 安藤なみ
 (4票:丸山 犬山 中川 大嶽)

2.12月やたらでてくるバカボンのパパ/ 犬山高木
 (3票:なかはら 青砥 妹尾)

3.MADE IN CHINAの空の(5分ください)/ なかはられいこ
 (1票:妹尾)

4.靴下の穴を小指の方にする/ 猫田千恵子
 (8票:瀧村 ながた 米山 安藤 青砥 三好 樋口 八上)

5.ドアノブの手前で象か確かめる/ 中川喜代子
 (4票:魚澄 ながた 樋口 大嶽)

6.ここからはR指定の滝の音/ 米山明日歌
 (8票:なかはら 魚澄 丸山 犬山 瀧村 安藤 大嶽 八上)

7.青空の彼方の空気清浄機/ 大嶽春水
 (2票:瀧村 北原)

8.最強と言われた穴が身を隠す/ 三好光明
 (2票:瀧村 樋口)

9.安売りの桃色吐息詰め放題/ 丸山進
 (3票:中川 北原 三好)

10.先割れスプーンあたらしいおとうさん/ 八上桐子
 (11票:なかはら 魚澄 丸山 犬山 中川 ながた 安藤 青砥 猫田 樋口
 妹尾)

11.夜にとけそうでとけない冬の浪/ 妹尾凛
 (2票:米山 青砥)

12.告白をたやすくさせるオリオン座/ 魚澄秋来
 (4票:中川 北原 大嶽 八上)

13.生まれつき設置してあるカタパルト/ 樋口りゑ
 (5票:犬山 安藤 米山 北原 三好)

14.寄せられた夜空のひとつ青いまま/ 青砥和子
 (1票:猫田)

15.第二志望は冬の電信柱です/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 魚澄 丸山 ながた 米山 三好 猫田 妹尾 八上)

16.エルニーニョ テロと関係ないらしい/ 北原おさ虫
 (1票:猫田)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-30 12:02 | 句会結果報告 | Comments(0)

第126回ねじまき句会

題詠 「腰」

1.覚悟きめネアンデルタール人の腰を揉む/ 魚澄秋来 
   
2.直立の腰の高さにある怯え /八上桐子
(2票:三好 大嶽)    

3.立ちそうで立たぬ大仏さんの腰 /北原おさ虫   

4.紅葉に寄り添う腰痛注意報 /丸山進
 (2票:安藤 二村)      

5.腰痛のあさぎまだらのあさき夢 /中川喜代子
 (2票:瀧村 米山)    

6.融けかかるバターゆっくり沈む腰 /笹田かなえ
 (15票:なかはら 魚澄 青砥(たか) 丸山 樋口 犬山 安藤 猫田 中川 
守田 妹尾 二村 青砥(和)瀧村 米山)   

7.ポスターは売れ筋の腰Sタイプ /猫田千恵子
 (1票:丸山)   

8.胸騒ぎの腰つき 海が泣いてたね /守田啓子  

9.マイナスとプラスの腰の大病院 /樋口りゑ    

10.へらへらと腰掛けちゃった間が長い /三好光明
 (1票:樋口) 

11.遮断機が上がるとふわり腰も浮く /青砥たかこ
 (5票:三好 笹田 二村 大嶽 米山) 

12.腰の鈴鳴らし集団やってくる /なかはられいこ
 (1票:笹田)   

13.ここからここまでが稲光の腰 /妹尾凛
 (3票:なかはら 笹田 中川)      

14.前列の立派な腰が歌い出す /青砥和子
 (2票:北原 八上)      

15.腰元のおやつタイムは丑の刻 /安藤なみ
 (1票:青砥(たか))  

16.気がつくと腰に手をやるいわし雲 /二村鉄子
 (3票:なかはら 魚澄 妹尾)   

17.祖母伝授上手な腰のぬかし方 /大嶽春水
 (7票:魚澄 北原 青砥(たか)樋口 守田 三好 青砥(和))    

18.中腰のままで句点を待っている /米山明日歌
 (7票:犬山 安藤 猫田 八上 中川 大嶽 瀧村)  

19.腰パンがひっかかってる紀伊半島 /瀧村小奈生
 (8票:北原 丸山 犬山 猫田 八上 守田 妹尾 青砥(和)) 

20.先に行けあなたお先に腰アイーン/犬山高木   


「雑詠」

1.千代田区の定礎なぞって風邪をひく /安藤なみ
 (3票:犬山 守田 妹尾)  

2.王様を部屋から剥がすまで無音 /青砥和子
 (9票:なかはら 魚澄 中川 笹田 妹尾 二村 瀧村 米山 大嶽)    

3.華やかなかさぶたなでる薄曇り /妹尾凛
 (1票:樋口)      

4.その時となりにあった薬缶の把手 /二村鉄子
 (7票:なかはら 猫田 八上 三好 笹田 守田 瀧村)     

5.消火器が真っ赤不憫でなりません /樋口りゑ
 (6票:丸山 犬山 中川 守田 青砥(和)瀧村)    

6.まぎれもなくラ・フランスだと思います /守田啓子
 (1票:丸山)   

7.魂のずれた掘り出された遺体 /三好光明 
 (3票:樋口 米山 大嶽)     

8.図書館の椅子に抜け殻オブジェたち /青砥たかこ
 (1票:北原)   

9.アルカイックスマイル秋が深くなる /笹田かなえ
 (5票:青砥(たか)犬山 安藤 猫田 大嶽)     

10.手をつなぎ踊るくるくる溶けるまで /猫田千恵子   

11.寝たきりになり見たい夢ベストテン /丸山進
 (3票:北原 三好 青砥(和))    

12.驟雨来て仕舞い忘れた舌を干す /中川喜代子
 (2票:青砥(たか)米山)    

13.何の日か知らねど秋のいい天気 / 北原あさ虫
 (2票:青砥(たか)二村)    

14.柿の実を数えてくれる喉仏 /八上桐子
 (1票:なかはら)        

15.太郎丸、次郎丸どこ?五郎丸 /魚澄秋来     

16.きんかんとぎんなん次男と長男に /なかはられいこ
 (5票:丸山 八上 笹田 妹尾 二村)   

17.いちまいの風になってもめんどうだ /瀧村小奈生
 (3票:魚澄 樋口 中川) 

18.目のある植物裏山からのぞく /犬山高木
 (2票:北原 猫田)     

19.つま先を濡らしただけの川でした /米山明日歌
 (5票:魚澄 安藤 八上 三好 青砥(和))  

20.独奏のリコーダー独走のシャボン玉 /大嶽春水
 (1票:安藤)  
[PR]
by nezimakikukai | 2015-11-24 13:43 | 句会結果報告 | Comments(0)

第125回ねじまき句会

題詠「膝」

1.膝蹴りが私の武器です男子諸君/ 大嶽春水
(1票:ながた)


2.夢をみる脚立の膝のこの辺り/ 米山明日歌
 (4票:なかはら 中川 魚澄 妹尾)

3.長月のジーパンの膝座禅組む/ 中川喜代子
 (3票:大嶽 猫田 丸山)

4.知恵の輪の膝から上が解けなくて/ 三好光明
 (5票:瀧村 犬山 丸山 魚澄 米山)

5.カタコトでよければ膝で話せます/ 丸山進
 (13票:なかはら ながた 二村 瀧村 樋口 犬山 中川 大嶽 猫田 青砥 米山 八上 妹尾)

6.今ですかまだですかと膝レレレ/ 犬山高木
 (6票:ながた 二村 三好 青砥 魚澄 妹尾)

7.罪のない秘密を隠す膝の裏/ 猫田千恵子
 (2票:樋口 大嶽)

8.膝だけの家族写真を撮った夏/ 瀧村小奈生
 (11票:なかはら ながた 二村 猫田 三好 犬山 青砥 魚澄 米山 八上 妹尾)

9.授かった翼 膝などもう見ない/ 樋口りゑ
 (2票:中川 三好)

10.雲動く膝を抱えていてひとり/ 青砥和子
 (1票:大嶽)

11.夕暮れに膝から崩れゆく芒/ 妹尾凛
 (4票:大嶽 丸山 米山 八上)

12.居ないので膝頭など撫でている/ 魚澄秋来
 (2票:瀧村 猫田)

13.膝裏を五人囃子が通過する/ なかはられいこ
 (6票:瀧村 二村 犬山 青砥 八上 妹尾)

14.膝下から見えなくなっていく家族/ ながたまみ
 (11票:なかはら 瀧村 三好 丸山 樋口 中川 二村 青砥 魚澄 米山 八上)

15.きゅうくつな膝たいくつな椅子の上/ 二村鉄子
 (4票:なかはら 中川 樋口 三好)

16.婦人科の廊下に膝が立っている/ 八上桐子
 (5票:ながた 樋口 猫田 丸山 犬山)


雑詠

1.平行な面から面へうつる点/ 二村鉄子      

2.羊羹屋布団屋「包丁研ぎます/ 八上桐子
 (1票:犬山)   

3.照明が落ちる答えを間違うと/ ながたまみ 
 (5票:なかはら 瀧村 猫田 樋口 丸山)    

4.クリストファーと名付けたくなる朝がある/ 魚澄秋来
 (10票:なかはら 瀧村 ながた 二村 樋口 大嶽 犬山 青砥 八上 妹尾)

5.無花果と柘榴どちらが夜ですか/ なかはられいこ
 (9票:ながた 瀧村 丸山 二村 三好 魚澄 米山 八上 妹尾)   

6.呼ばれたら窓口へ行く豆腐買う/ 妹尾凛 
 (7票:なかはら ながた 中川 二村 三好 猫田 犬山)   

7.月の暈はみだしそうになる海月/ 青砥和子
 (4票:瀧村 三好 二村 魚澄)     

8.はめ込んだネジでだれかを殺すのだ/ 樋口りゑ 
 (3票:なかはら ながた 青砥)  
    
9.揺れながらもっと薊になっていく/ 瀧村小奈生 
 (10票:丸山 樋口 中川 猫田 大嶽 青砥 魚澄 米山 八上 妹尾)   

10.厄介なことだが息を吹き返す/ 猫田千恵子 
 (6票:樋口 三好 丸山 青砥 米山 八上)   

11.極まって雄牛の首を皿に盛る/ 犬山高木 
 (2票:樋口 中川)  

12.つゆ草の青をたどれば月の宿/ 丸山進 
 (4票:大嶽 中川 猫田 米山) 

13.三番目のボタン私の遺言/ 三好光明 
 (3票:二村 猫田 米山)  

14.千六本その一本が出家する/ 中川喜代子 
 (8票:なかはら 瀧村 大嶽 三好 犬山 丸山 青砥 魚澄)  
  
15.少しだけ水平線のブレた夜 / 米山明日歌 
 (6票:ながた 大嶽 中川 魚澄 八上 妹尾)

16.オセロ駒ひっくり返って秋になる/ 大嶽春水
 (2票:犬山 妹尾)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-27 14:32 | 句会結果報告 | Comments(0)

第124回ねじまき句会

題詠「脈」

1.サロンパスの下で縮んでいる脈/ 安藤なみ
 (4票:中川 三好 二村 妹尾)

2.元彼が静脈瘤で待っている/ 米山明日歌
 (6票:北原 安藤 丸山 青砥 二村 妹尾)

3.唐辛子脈うつ髪の白さかな/ 二村鉄子
 (2票:丸山 樋口)

4.無意識の中の金脈探す旅/ 大嶽春水
 (2票:北原 魚澄)

5.リズム良く休み取ってる不整脈/ 三好光明
 (5票:なかはら 北原 丸山 樋口 大嶽)

6.水脈にそっと突き刺す注射針/ 樋口りゑ
 (4票:安藤 三好 魚澄 大嶽)

7.とれかけの釦の脈をとっている/ 中川喜代子
 (10票:なかはら 北原 瀧村 安藤 三好 樋口 魚澄 青砥 米山 二村)

8.まん中に曾祖父と奥羽山脈/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 丸山 中川 樋口 八上 青砥 大嶽 二村 妹尾)

9.ショートショート脈拍乱れ異次元に/ 青砥和子
 (1票:中川)

10.ずきんずきんと海も脈打っている/ 八上桐子 
 (7票:なかはら 瀧村 北原 中川 大嶽 米山 妹尾)

11.靜脈のほうが有利と思われる/ 丸山進
 (5票:瀧村 八上 樋口 青砥 米山)

12.きっと手ざわりのよい青い山脈/ 妹尾凛
 (7票:なかはら 安藤 八上 魚澄 三好 青砥 米山)

13.老医師に出世の脈も測られる/ 北原おさ虫
 (2票:八上 大嶽)

14.真夜中にヤモリ煮るのも血脈で/ 魚澄秋来
 (2票:安藤 米山)

15.街路樹が脈うつ麒麟になりたくて/ なかはられいこ
 (7票:瀧村 中川 魚澄 丸山 八上 三好 妹尾)

16.たとえば葉裏に静脈ぬいし君/ 犬山高木
 (2票:瀧村 二村)


雑詠

1.網棚の荷物のように忘れてね/ 魚澄秋来
 (9票:なかはら 安藤 瀧村 北原 中川 八上 樋口 米山 大嶽)

2.野仏と株の話をするトンボ/ 北原おさ虫
 (3票:中川 安藤 大嶽)

3.こもれびを濃やかに吐く秋の胸/ 妹尾凛
 (2票:なかはら 青砥)

4.二枚舌物理的にはなじまない/ 丸山進
 (3票:瀧村 二村 妹尾)

5.おとうとはとうとう夜の大きさに/ 八上桐子
 (10票:なかはら 瀧村 中川 丸山 魚澄 青砥 米山 二村 妹尾 大嶽)

6.白昼のママドントゴー臍できく/ 青砥和子
 (2票:丸山 魚澄)

7.それじゃまるでラーメン好きの小池さん/ 瀧村小奈生
 (4票:八上 三好 青砥 妹尾)

8.酢の臭い告白本が並んでる/ 中川喜代子
 (7票:瀧村 北原 魚澄 三好 樋口 米山 二村)

9.濁点がほっぺについたままですよ/ なかはられいこ
 (9票:北原 中川 安藤 八上 樋口 米山 二村 妹尾 大嶽)

10.ハ行のF秘密を持っているらしい/ 樋口りゑ
 (5票:安藤 八上 丸山 青砥 二村)

11.ときどきは点けてるようね非常灯/ 三好光明
 (4票:なかはら 魚澄 丸山 青砥)

12.そのかわり紙おしぼりはいりません/ 二村鉄子
 (5票:北原 中川 八上 三好 米山)

13.パティシエの秋は地蔵の涎掛け/ 安藤なみ
 (1票:北原)

14.今日ママンが死んだ 黄泉線の内側でお待ち下さい/ 犬山高木
 (3票:丸山 三好 樋口)

15.なりゆきでポストにされて立っている/ 米山明日歌
 (8票:なかはら 瀧村 安藤 魚澄 三好 樋口 妹尾 大嶽)

16.鳥が鳴き蝉の声して虫の声/ 大嶽春水
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-01 23:35 | 句会結果報告 | Comments(0)

第123回ねじまき句会

題詠「脳」

1.脳内の小人のせいですなにもかも/ 魚澄秋来
 (8票:犬山 安藤 北原 樋口 瀧村 青砥 ながた 大嶽)

2.八月の脳波に首の浮いている/ 八上桐子
 (11票:なかはら 妹尾 犬山 二村 三好 樋口 中川 丸山 瀧村 青砥 米山)

3.樟脳の抜け殻だけの夢の箱/ 北原おさ虫
 (5票:中川 魚澄 米山 ながた 大嶽)

4.空色の箱わたしの脳にちょうどいい/ 妹尾凛
 (8票:なかはら 三好 北原 樋口 丸山 青砥 ながた 大嶽)

5.出刃包丁で腑分けするのも脳の指示/ 安藤なみ
 (3票:犬山 丸山 米山)

6.限りなく似てるナメクジの脳波に/ 丸山進
 (3票:犬山 北原 中川)

7.又今日も昨日の脳のもみ返し/ 米山明日歌
 (4票:犬山 二村 妹尾 ながた)

8.脳のためにファイト一本のバナナ/ 樋口りゑ
 (6票:なかはら 二村 三好 安藤 魚澄 大嶽)

9.じわじわと脳幹せめる蕾です/ 青砥和子
 (4票:二村 中川 八上 瀧村)

10.脳トレにぬりえ数独ひとり言/ 三好光明
 (1票:北原)

11.頭脳線液化していく気化してく/ 中川喜代子
 (4票:三好 安藤 八上 瀧村)

12.海水と真水が混ざる脳の中/ なかはられいこ 
 (9票:二村 安藤 北原 八上 魚澄 妹尾 瀧村 米山 ながた)

13.あそぶ脳異なる結末母の日々/ 大嶽春水

14.脳内にお天気雨が降る海辺/ ながたまみ
 (6票:なかはら 八上 魚澄 妹尾 青砥 大嶽)

15.八月の空の縹に浸す脳/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 三好 樋口 八上 中川 魚澄 妹尾 青砥 米山)

16.回転する脳と新外国人/ 二村鉄子
 (1票:丸山)

17.書を捨てよクリッククリック脳空間/ 犬山高木
 (3票:安藤 樋口 丸山)



雑詠


1.濃緑倶梨伽羅悶悶蝉骸/ 犬山高木
 (4票:中川 妹尾 青砥 米山)

2.てんてんとテーブルがある転売す/ 二村鉄子
 (5票:犬山 樋口 妹尾 瀧村 米山)

3.分類上胸痒くなることのうち/ 瀧村小奈生
 (5票:なかはら 犬山 二村 丸山 米山)

4.手のひらを開くと逃げていく微熱/ ながたまみ
 (8票:三好 安藤 北原 中川 魚澄 瀧村 米山 大嶽)

5.すれ違うムカデの百歩わが一歩/ 大嶽春水
 (4票:二村 安藤 北原 ながた)

6.あおによし奈良も猛暑という事態/ 中川喜代子
 (1票:二村)

7.塔かと思う船かと思うドンガバチョ/ なかはられいこ
 (6票:安藤 中川 八上 魚澄 妹尾 青砥)

8.ゆすったり竿で叩いて別れさせ/ 三好光明 
 (5票:犬山 安藤 丸山 八上 ながた)

9.立ち上がるキリンの踵意識して/ 青砥和子
 (11票:なかはら 犬山 三好 北原 樋口 八上 魚澄 妹尾 瀧村 米山 ながた)

10.嫌な男 標本にしてあげましょう/ 樋口りゑ
 (5票:三好 北原 魚澄 青砥 大嶽)

11.やりすごす少し萎れたふりをして/ 米山明日歌
 (5票:三好 安藤 中川 八上 丸山)

12.甲子園で校歌を暗記するカラス/ 丸山進  
 (3票:犬山 北原 大嶽)

13.全画面表示で覗く臍の底/ 安藤なみ
 (7票:なかはら 二村 丸山 八上 妹尾 瀧村 青砥)

14.蟻たちに雨を降らせて神になる/ 魚澄秋来
 (3票:なかはら ながた 大嶽)

15.さよならをやさしい霧に入れておく/ 妹尾凛
 (4票:樋口 中川 魚澄 大嶽)

16.少々のハレンチぐらい熱帯夜/ 北原おさ虫 
 (2票:樋口 青砥)

17.器具と器具ふれあう音のして視線/ 八上桐子
 (7票:なかはら 二村 三好 樋口 丸山 瀧村 ながた)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-09-01 17:01 | 句会結果報告 | Comments(0)

第122回ねじまき句会

題詠「脚」

1.七月の梯子八月の脚立 / 瀧村小奈生 
  (6票:なかはら 丸山 米山 樋口 妹尾 八上)  

2.脚だけのマネキン デモに行く明日 / 八上桐子
  (11票:なかはら 丸山 米山 魚澄 安藤 三好 犬山 青砥 樋口 中川 妹尾)

3.脚あげる星空ぐっと近づいた / 妹尾凛
  (3票:なかはら 瀧村 大嶽)

4.夏が来た乱高下する脚線美 / 魚澄秋来
  (3票:三好 北原 犬山)

5.こんなときだけど鳩の脚ピンク / なかはられいこ
  (9票:米山 安藤 三好 大嶽 瀧村 青砥 樋口 中川 八上)

6.脚本家のために庖丁研ぎあげる / 青砥和子
  (4票:なかはら 米山 魚澄 樋口)

7.〇、五脚に浸るプリンシパル / 安藤なみ
  (2票:丸山 大嶽)

8.脚線美見せてシンクロするカエル / 北原おさ虫
  (2票:瀧村 犬山)

9.血液で90度まで脚上げる / 大嶽春水
  (1票:安藤)

10.雨脚が欽ちゃん走りしてこける / 丸山進
  (10票:安藤 三好 北原 大嶽 瀧村 犬山 青砥 中川 八上 妹尾)

11.脚のばし昆虫になる僕と君 / 犬山高木
  (3票:魚澄 北原 丸山)

12.脚立のふるさとキリンの長い脚 / 三好光明
  (3票:犬山 中川 妹尾)

13.三脚は三の字が好き芝居好き / 中川喜代子
  (2票:なかはら 魚澄)

14.やさしさの椅子一脚を持ちあるく / 米山明日歌
  (7票:魚澄 北原 大嶽 青砥 樋口 中川 八上)

15.罪の重さに合わせて選ぶ蛸の脚 / 樋口りゑ
  (9票:米山 安藤 三好 北原 瀧村 丸山 青砥 八上 妹尾)



雑詠

1.真夜中に最中の皮で最高潮 / 樋口りゑ 
  (2票:なかはら 妹尾)

2.したたりの中でふくれていく言葉 / 米山明日歌 
  (8票:魚澄 三好 大嶽 丸山 青砥 樋口 中川 八上)

3.仏壇の前で死んだふりしてみる / 中川喜代子  
  (4票:魚澄 青砥 樋口 八上)

4.ワタクシを細切れにして冷蔵庫 / 三好光明   
  (4票:米山 魚澄 北原 大嶽)
 
5.不機嫌に石膏を割る夜明け前 / 犬山高木   
  (2票:瀧村 安藤)
 
6.あきらめたイルカ一番たかく跳ぶ / 丸山進  
  (6票:なかはら 魚澄 安藤 大嶽 犬山 青砥)

7.ひらがなの一字をとってきゅうり食う / 大嶽春水  
  (6票:米山 三好 瀧村 犬山 丸山 妹尾)

8.イケメンもイクメンも昼はつけ麺 / 北原おさ虫  
  (2票:大嶽 中川)

9.擬態して這い出るベッド下の埃 / 安藤なみ  
  (5票:三好 北原 丸山 樋口 中川)

10.割り算の余り持たされるつぶつぶ / 青砥和子 
  (6票:米山 三好 犬山 樋口 中川 妹尾)

11.朝顔がいくつ咲いたかしか見ない / なかはられいこ 
  (7票:米山 魚澄 安藤 北原 瀧村 青砥 八上)

12.取り敢えず四人の時の顔をする / 魚澄秋来  
  (9票:なかはら 米山 安藤 北原 瀧村 丸山 樋口 八上 妹尾)
 
13.ゆるやかな遠くの夏の海暮れる / 妹尾凛 
  (4票:なかはら 大嶽 犬山 丸山)

14.左手で貼る絆創膏ねこの鈴 / 八上桐子 
  (4票:三好 瀧村 犬山 妹尾)

15.滅相もございませんが青い枇杷 / 瀧村小奈生
  (6票:なかはら 安藤 北原 青砥 中川 八上)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-07-28 16:38 | 句会結果報告 | Comments(0)

第121回ねじまき句会

題詠「胸」

1.この辺が亜熱帯低気圧とひらく胸/ ながたまみ
(6票: なかはら 丸山 中川 犬山 米山 青砥)

2.ゆっくりと裏返してみれば気胸/ 二村鉄子
(3票: なかはら 安藤 青砥)

3.林檎ひとつ胸にしまって眠ります/ 魚澄秋来
(3票: 安藤 妹尾 ながた)

4.だんまりに寄りかかっている度胸/ 安藤なみ
(2票: 丸山 二村)

5.あたらしいことばを沈め鳥の胸/ 八上桐子
(6票: なかはら 丸山 三好 魚澄 妹尾 米山)

6.指揮棒が語尾やわらかく胸をさす/ 青砥和子
(5票: 丸山 樋口 犬山 ながた 瀧村)

7.夕暮れのまだらが胸に満ちてくる/ 瀧村小奈生
(6票: 中川 三好 魚澄 妹尾 八上 青砥)

8.泣くたびに胸で渦巻くかたつむり/ 妹尾凛
(6票: なかはら 二村 犬山 樋口 ながた 瀧村)

9.向日葵に胸があってはなりませぬ/ なかはられいこ
(6票: 安藤 三好 二村 樋口 八上 瀧村)

10.雨の日は胸のでぶ猫丸くなる/ 会田ゆう子

11.胸襟は開けっ放しでいつも留守/ 中川喜代子
(8票: 安藤 三好 魚澄 犬山 米山 八上 瀧村 青砥)

12.自転車の胸のあたりが凹んでる/ 丸山進
(3票: 中川 二村 樋口)

13.退屈な胸の開け方解かる人/ 三好光明
(3票: ながた 米山 八上)

14.紅薔薇の胸の黒子をいつか見た/ 犬山高木

15.胸と首 境あたりに溜まる音/ 米山明日歌
(3票: 中川 魚澄 妹尾)


「雑詠」

1.触ってはいけないものを並べられ/ 米山明日歌
(5票: 丸山 三好 樋口 犬山 瀧村)

2.柑橘を不規則に噛む少女A/ 犬山高木
(1票: 安藤)

3.妖怪も仏も映す水鏡/ 三好光明

4.デジタルに変身中の時計草/ 丸山進
(5票: なかはら 中川 安藤 魚澄 米山)

5.テレビ欄斜め読みしてモジリアーニ/ 中川喜代子
(3票: 丸山 犬山 青砥)

6.言われてもしかたないでしょメールする/ 会田ゆう子

7.湿布貼ったとこからすっと船が出る/ なかはられいこ
(8票: 中川 魚澄 樋口 犬山 米山 妹尾 八上 瀧村)

8.おや風の具合で星が降ってきた/ 妹尾凛
(4票: 三好 魚澄 ながた 瀧村)

9.恥ずかしいことがときおり光る川/ 瀧村小奈生
(5票: なかはら 三好 米山 妹尾 八上)

10.荷を解けばただ眠りたく雨の音/ 青砥和子
(6票: なかはら 丸山 安藤 二村 樋口 ながた)

11.夕暮れの破れかけてるハトロン紙/ 八上桐子
(7票: なかはら 中川 二村 魚澄 妹尾 ながた 青砥)

12.星空の下には星を入れる箱/ 安藤なみ
(7票: 中川 二村 妹尾 ながた 八上 瀧村 青砥)

13.ピケティがいてもいなくてもこの暮らし/ 魚澄秋来
(2票: 三好 犬山)

14.陸上部顧問と演劇部顧問兼/ 二村鉄子
(3票: 丸山 八上 青砥)

15.オアシスがあるかのぞきに来てほしい/ ながたまみ
(4票: 安藤 二村 樋口 米山)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-06-30 17:10 | 句会結果報告 | Comments(0)

第120回ねじまき句会

題詠「肋」

1.それはもう祠かなまだ肋かな/八上桐子
(9票:なかはら 瀧村 丸山 中川 安藤 会田 妹尾 青砥 樋口)

2.肋骨を弾くと遠い夏が鳴る/瀧村小奈生
(8票:なかはら 北原 米山 ながた 妹尾 八上 青砥 樋口)

3.炎上する肋骨くぐる宇宙船/安藤なみ
(1票:丸山)

4.肋骨を夜の電車が通過する/ながたまみ
(7票:なかはら 瀧村 米山 安藤 北原 会田 妹尾)

5.祈られて疲れはててる肋骨/中川喜代子
(1票:米山)

6.すべり込む肋が「閉」になる前に/樋口りゑ
(7票:丸山 瀧村 米山 安藤 三好 八上 青砥)

7.よく晴れてすうすう歌い出す肋/妹尾凛
(6票:丸山 中川 犬山 ながた 会田 三好)

8.アンテナを肋に立ててロック・ユー/青砥和子

9にがり水夜の肋を越えてくる/米山明日歌
(3票:妹尾 青砥 樋口)

10.肋骨で弾く尖ったフォーク・ロック/丸山進

11.肋骨のギブスさせない痩せ我慢/三好光明
  (2票:犬山 安藤)

12.難破船肋を晒し独り言/犬山高木
  (1票:北原)

13.有るようで無い蓮根の肋ぼね/北原おさ虫
  (7票:なかはら 瀧村 中川 犬山 三好 ながた 会田)

14.帝国も鱧の肋もこなごなに/なかはられいこ
  (5票:中川 北原 犬山 八上 樋口)

15.幸福が肋押し上げ不眠症/会田ゆう子
  (3票:ながた 三好 八上)


雑詠

1.肩こりのスズメ群がる化粧室/会田ゆう子
(2票:犬山 三好)

2.ホームに戻る狩野派の雲連れて/なかはられいこ
(8票:丸山 瀧村 米山 会田 妹尾 八上 青砥 樋口)

3.幸せでも不幸せでもなく老後/北原おさ虫

4.一人にはさせぬ手紙に雨滲む/犬山高木
(1票:安藤)

5.無為無害無届無職私有/三好光明
(2票:犬山 中川)

6.ここだけのことだがマリー・ローランサン/丸山進

7.とりあえず緑のことを誉めておく/米山明日歌
 (4票:なかはら 瀧村 ながた 八上)

8.どこか冷めた目が突き刺さるカーブミラー/青砥和子
(5票:安藤 北原 中川 三好 会田)

9.とちゅうから五月の風にのりました/妹尾凛
(4票:瀧村 米山 ながた 樋口)

10.自称ライバル使う女のふゃふぃふゅふぇふょ/樋口りゑ
  (4票:丸山 三好 会田 青砥)

11.すり鉢でおぼろ月夜にしてしまう/中川喜代子
  (9票:なかはら 瀧村 丸山 北原 安藤 ながた 妹尾 八上 青砥) 

12.明け方のひざが降り立つ駐車場/ながたまみ
  (4票:犬山 会田 妹尾 樋口)

13.唇を結んで探す葉隠の誤字/安藤なみ
  (2票:丸山 中川)

14.無人駅通過バンテリン浸透/瀧村小奈生
  (10票:なかはら 中川 北原 米山 犬山 三好 妹尾 八上 青砥 樋口)

15.二三本余った指で触れている/八上桐子
  (5票:なかはら 安藤 北原 米山 ながた)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-05-27 16:16 | 句会結果報告 | Comments(0)

第119回ねじまき句会

題詠「肌」

1.抱き寄せた喪服の肩に肌が散る/会田ゆう子
 
2.どのような匂いで焼けるかな素肌/樋口りゑ
 (2票:丸山 会田)

3.雲間から地肌が透けておりますの/なかはられいこ
 (6票:三好 瀧村 樋口 八上 北原 二村)

4.人肌の襟を寄せ合う花筏/犬山高木
 (2票:中川 青砥)

5.みどりごの肌をつついて深呼吸/三好光明    
 (3票:丸山 樋口 犬山)

6.肌色になるまでなでるエジプト綿/中川喜代子
 (7票:なかはら 三好 瀧村 丸山 樋口 安藤 ながた)
 
7.逢いにいく肌の水気をきってから/米山明日歌
 (11票:なかはら 中川 樋口 北原 ながた 八上 安藤 二村 魚澄 青砥 犬山)

8.口裏は合わせる肌は合わせない/丸山進  
 (5票:北原 安藤 会田 二村 米山)

9.国の中肌色の国境がある/北原おさ虫
 (1票:会田)

10.さくら満開ぼおっとひかる肌/妹尾凛

11.岩肌からぽろぽろ落ちてゆく谺/青砥和子
 (6票:瀧村 八上 妹尾 安藤 米山 魚澄)

12.鳥肌は同じ当落一票差/安藤なみ
 (1票:北原)

13.散散に悪事のあとの雪肌精/魚澄秋来
 (6票:ながた 三好 二村 米山 青砥 犬山)

14.月明かりたるませている象の肌/八上桐子
 (11票:なかはら 瀧村 中川 丸山 樋口 ながた 妹尾 安藤 米山 魚澄 犬山)

15.やわ肌の一部筋肉質なとこ/瀧村小奈生
 (9票:中川 ながた 三好 八上 妹尾 会田 米山 二村 魚澄)

16.肌の色あずきコーヒーゆず桜/ながたまみ
 (5票:なかはら 妹尾 会田 魚澄 青砥)

17.三月のぷる肌製作委員会/二村鉄子
 (10票:なかはら 瀧村 中川 丸山 三好 北原 八上 妹尾 青砥 犬山)



「雑詠」


1.春の長雨と背中の聴診器/二村鉄子
 (4票:なかはら 八上 妹尾 会田)

2.指が知る例えば猫の頭蓋骨/ながたまみ
 (10票:なかはら 瀧村 丸山 樋口 三好 八上 米山 魚澄 青砥 犬山)

3.日曜のてっぺんかけたかもしれず/瀧村小奈生
 (13票:なかはら 丸山 樋口 ながた 三好 北原 八上 妹尾 会田 米山 二村 青砥 犬山)

4.はじまりも途中もおわりもない朝/八上桐子
 (1票:二村)

5.包丁を研げば本音を語りだす/魚澄秋来
 (3票:瀧村 中川 ながた)

6.希釈してホッと大きな深呼吸/安藤なみ
 (4票:ながた 三好 青砥 犬山)

7.満開の桜ずらして蜃気楼/青砥和子
 (1票:妹尾)

8.空が明るい牛乳瓶の蓋/妹尾凛
 (7票:なかはら 瀧村 樋口 八上 二村 魚澄 青砥)

9.花冷えに月も猫背について来る/北原おさ虫
 (5票:丸山 ながた 米山 魚澄 青砥)

10.手のキズを何度も数えなおしてる/丸山進
 (1票:会田)

11.それぞれの孤独に帰る時間です/米山明日歌
 (3票:樋口 三好 安藤)

12.支那竹を噛めば義歯魏志倭人伝/中川喜代子
 (9票:なかはら 瀧村 丸山 樋口 北原 妹尾 米山 二村 犬山)

13.捨てました常識という模倣品/三好光明
 (3票:中川 北原 安藤)

14.液体と気体にわかれ床に就く/なかはられいこ
 (10票:瀧村 中川 丸山 北原 ながた 八上 安藤 妹尾 会田 魚澄)

15.花冷えの子猫のように燗を抱く/犬山高木
 (2票:安藤 会田)

16.交合しよう 花の香りに抱かれよう/樋口りゑ
 (1票:中川)

17.指定席ネコのフリして祖母座る/会田ゆう子
 (8票:中川 北原 三好 安藤 米山 二村 魚澄 犬山)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-04-26 19:21 | 句会結果報告 | Comments(1)

第118回ねじまき句会

題詠「肺」

1.肺だって言い訳したい登山道/会田ゆうこ
(2票:犬山 北原)

2.肺の中満ちるサクラの言の葉で/ながたまみ
(9票:なかはら 丸山 中川 安藤 三好 八上 米山 魚澄 妹尾)

3.春の夜がよくしみこんだ肺である/瀧村小奈生
(12票:なかはら 中川 ながた 安藤 三好 八上 北原 米山 二村 魚澄 青砥 妹尾)

4.封筒のふくらみうすく姉の肺/八上桐子
(10票:なかはら 丸山 中川  ながた 安藤 瀧村 二村 米山 青砥 妹尾)

5.ふくらんだ胸は半分肺呼吸/安藤なみ
(2票:犬山 丸山)

6.このごろの肺には月が住んでゐる/妹尾凛
(3票:ながた 魚澄 青砥)

7.片肺ではしゃいでみせる重たい日/青砥和子
(4票:三好 米山 瀧村 会田)

8.奔放な肺にふりまわされた君/丸山進 
(3票:三好 二村 会田)  

9.我が道を未だ迷っている肺魚/北原おさ虫
(1票:犬山)

10.叱咤され息絶え絶えの肺活量/三好光明 
  (1票:北原)     

11・肺を食べ胃も腸も焼く家族団欒/犬山高木
  (2票:二村 会田)

12.木蓮か左右の肺かぽっと点く/なかはられいこ
  (6票:ながた 丸山 八上 瀧村 青砥 魚澄)

13.肺門で別れていった山頭火/中川喜代子
  (7票:北原 安藤 八上 犬山 二村 瀧村 妹尾)

14.沼の息させる真夜中の肺胞/米山明日歌
  (8票:なかはら 犬山 ながた 中川 安藤 瀧村 青砥 妹尾)

15.階段を肺が遅れて降りてくる/二村鉄子
  (9票:なかはら 中川 丸山 北原 三好 八上 米山 会田 魚澄)


雑詠

1.三か所を選んでそこをつかむのか/二村鉄子
(7票:なかはら 安藤 三好 米山 犬山 瀧村 会田)

2.たたかれて動かぬ黒になった日よ/米山明日歌
(6票:なかはら ながた 中川 犬山 会田 青砥)

3.夜つれて水族館をねむらせる/中川喜代子
(4票:ながた 瀧村 魚澄 妹尾)

4.母不在ラインがつなぐ河川敷に死/犬山高木

5.しゃっくりも督促状も螺旋状/三好光明
(11票:なかはら 丸山 中川 北原 八上 米山 二村 会田 魚澄 妹尾 青砥)

6.いとこでも甘納豆でもなく桜/なかはられいこ 
(8票:ながた 安藤 三好 八上 丸山 二村 瀧村 青砥)    

7.ほらここも春の坊やが隠れてる/北原おさ虫
(2票:ながた 二村)

8.こつこつと恍惚さんがやってくる/丸山進 
(6票:中川 北原 三好 八上 瀧村 魚澄)  

9.改札にかざす手のひら干乾びる/青砥和子
(3票:米山 丸山 妹尾)

10.春が来たほんのりふちを光らせて/妹尾凛
  (12票:なかはら ながた 中川 北原 安藤 三好 八上 米山 丸山 瀧村 青砥 魚澄)

11.留守電の吐息は挑発のイエロー/安藤なみ
  (2票:三好 犬山)

12.アルコールランプの小石 夜の梅/八上桐子
  (1票:二村)

13.春節の一族知覚過敏症/瀧村小奈生
  (4票:八上 犬山 丸山 妹尾)

14.この人も先に開いた箱に乗る/ながたまみ
  (11票:なかはら 中川 北原 安藤 米山 犬山 二村 青砥 会田 魚澄 妹尾)

15.ケーキ屋にロウソクの数見栄を張る/会田ゆうこ
  (2票:北原 安藤)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-03-24 16:45 | 句会結果報告 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧