月刊 ★ ねじまき 

カテゴリ:句会結果報告( 70 )

第123回ねじまき句会

題詠「脳」

1.脳内の小人のせいですなにもかも/ 魚澄秋来
 (8票:犬山 安藤 北原 樋口 瀧村 青砥 ながた 大嶽)

2.八月の脳波に首の浮いている/ 八上桐子
 (11票:なかはら 妹尾 犬山 二村 三好 樋口 中川 丸山 瀧村 青砥 米山)

3.樟脳の抜け殻だけの夢の箱/ 北原おさ虫
 (5票:中川 魚澄 米山 ながた 大嶽)

4.空色の箱わたしの脳にちょうどいい/ 妹尾凛
 (8票:なかはら 三好 北原 樋口 丸山 青砥 ながた 大嶽)

5.出刃包丁で腑分けするのも脳の指示/ 安藤なみ
 (3票:犬山 丸山 米山)

6.限りなく似てるナメクジの脳波に/ 丸山進
 (3票:犬山 北原 中川)

7.又今日も昨日の脳のもみ返し/ 米山明日歌
 (4票:犬山 二村 妹尾 ながた)

8.脳のためにファイト一本のバナナ/ 樋口りゑ
 (6票:なかはら 二村 三好 安藤 魚澄 大嶽)

9.じわじわと脳幹せめる蕾です/ 青砥和子
 (4票:二村 中川 八上 瀧村)

10.脳トレにぬりえ数独ひとり言/ 三好光明
 (1票:北原)

11.頭脳線液化していく気化してく/ 中川喜代子
 (4票:三好 安藤 八上 瀧村)

12.海水と真水が混ざる脳の中/ なかはられいこ 
 (9票:二村 安藤 北原 八上 魚澄 妹尾 瀧村 米山 ながた)

13.あそぶ脳異なる結末母の日々/ 大嶽春水

14.脳内にお天気雨が降る海辺/ ながたまみ
 (6票:なかはら 八上 魚澄 妹尾 青砥 大嶽)

15.八月の空の縹に浸す脳/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 三好 樋口 八上 中川 魚澄 妹尾 青砥 米山)

16.回転する脳と新外国人/ 二村鉄子
 (1票:丸山)

17.書を捨てよクリッククリック脳空間/ 犬山高木
 (3票:安藤 樋口 丸山)



雑詠


1.濃緑倶梨伽羅悶悶蝉骸/ 犬山高木
 (4票:中川 妹尾 青砥 米山)

2.てんてんとテーブルがある転売す/ 二村鉄子
 (5票:犬山 樋口 妹尾 瀧村 米山)

3.分類上胸痒くなることのうち/ 瀧村小奈生
 (5票:なかはら 犬山 二村 丸山 米山)

4.手のひらを開くと逃げていく微熱/ ながたまみ
 (8票:三好 安藤 北原 中川 魚澄 瀧村 米山 大嶽)

5.すれ違うムカデの百歩わが一歩/ 大嶽春水
 (4票:二村 安藤 北原 ながた)

6.あおによし奈良も猛暑という事態/ 中川喜代子
 (1票:二村)

7.塔かと思う船かと思うドンガバチョ/ なかはられいこ
 (6票:安藤 中川 八上 魚澄 妹尾 青砥)

8.ゆすったり竿で叩いて別れさせ/ 三好光明 
 (5票:犬山 安藤 丸山 八上 ながた)

9.立ち上がるキリンの踵意識して/ 青砥和子
 (11票:なかはら 犬山 三好 北原 樋口 八上 魚澄 妹尾 瀧村 米山 ながた)

10.嫌な男 標本にしてあげましょう/ 樋口りゑ
 (5票:三好 北原 魚澄 青砥 大嶽)

11.やりすごす少し萎れたふりをして/ 米山明日歌
 (5票:三好 安藤 中川 八上 丸山)

12.甲子園で校歌を暗記するカラス/ 丸山進  
 (3票:犬山 北原 大嶽)

13.全画面表示で覗く臍の底/ 安藤なみ
 (7票:なかはら 二村 丸山 八上 妹尾 瀧村 青砥)

14.蟻たちに雨を降らせて神になる/ 魚澄秋来
 (3票:なかはら ながた 大嶽)

15.さよならをやさしい霧に入れておく/ 妹尾凛
 (4票:樋口 中川 魚澄 大嶽)

16.少々のハレンチぐらい熱帯夜/ 北原おさ虫 
 (2票:樋口 青砥)

17.器具と器具ふれあう音のして視線/ 八上桐子
 (7票:なかはら 二村 三好 樋口 丸山 瀧村 ながた)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-09-01 17:01 | 句会結果報告 | Comments(0)

第122回ねじまき句会

題詠「脚」

1.七月の梯子八月の脚立 / 瀧村小奈生 
  (6票:なかはら 丸山 米山 樋口 妹尾 八上)  

2.脚だけのマネキン デモに行く明日 / 八上桐子
  (11票:なかはら 丸山 米山 魚澄 安藤 三好 犬山 青砥 樋口 中川 妹尾)

3.脚あげる星空ぐっと近づいた / 妹尾凛
  (3票:なかはら 瀧村 大嶽)

4.夏が来た乱高下する脚線美 / 魚澄秋来
  (3票:三好 北原 犬山)

5.こんなときだけど鳩の脚ピンク / なかはられいこ
  (9票:米山 安藤 三好 大嶽 瀧村 青砥 樋口 中川 八上)

6.脚本家のために庖丁研ぎあげる / 青砥和子
  (4票:なかはら 米山 魚澄 樋口)

7.〇、五脚に浸るプリンシパル / 安藤なみ
  (2票:丸山 大嶽)

8.脚線美見せてシンクロするカエル / 北原おさ虫
  (2票:瀧村 犬山)

9.血液で90度まで脚上げる / 大嶽春水
  (1票:安藤)

10.雨脚が欽ちゃん走りしてこける / 丸山進
  (10票:安藤 三好 北原 大嶽 瀧村 犬山 青砥 中川 八上 妹尾)

11.脚のばし昆虫になる僕と君 / 犬山高木
  (3票:魚澄 北原 丸山)

12.脚立のふるさとキリンの長い脚 / 三好光明
  (3票:犬山 中川 妹尾)

13.三脚は三の字が好き芝居好き / 中川喜代子
  (2票:なかはら 魚澄)

14.やさしさの椅子一脚を持ちあるく / 米山明日歌
  (7票:魚澄 北原 大嶽 青砥 樋口 中川 八上)

15.罪の重さに合わせて選ぶ蛸の脚 / 樋口りゑ
  (9票:米山 安藤 三好 北原 瀧村 丸山 青砥 八上 妹尾)



雑詠

1.真夜中に最中の皮で最高潮 / 樋口りゑ 
  (2票:なかはら 妹尾)

2.したたりの中でふくれていく言葉 / 米山明日歌 
  (8票:魚澄 三好 大嶽 丸山 青砥 樋口 中川 八上)

3.仏壇の前で死んだふりしてみる / 中川喜代子  
  (4票:魚澄 青砥 樋口 八上)

4.ワタクシを細切れにして冷蔵庫 / 三好光明   
  (4票:米山 魚澄 北原 大嶽)
 
5.不機嫌に石膏を割る夜明け前 / 犬山高木   
  (2票:瀧村 安藤)
 
6.あきらめたイルカ一番たかく跳ぶ / 丸山進  
  (6票:なかはら 魚澄 安藤 大嶽 犬山 青砥)

7.ひらがなの一字をとってきゅうり食う / 大嶽春水  
  (6票:米山 三好 瀧村 犬山 丸山 妹尾)

8.イケメンもイクメンも昼はつけ麺 / 北原おさ虫  
  (2票:大嶽 中川)

9.擬態して這い出るベッド下の埃 / 安藤なみ  
  (5票:三好 北原 丸山 樋口 中川)

10.割り算の余り持たされるつぶつぶ / 青砥和子 
  (6票:米山 三好 犬山 樋口 中川 妹尾)

11.朝顔がいくつ咲いたかしか見ない / なかはられいこ 
  (7票:米山 魚澄 安藤 北原 瀧村 青砥 八上)

12.取り敢えず四人の時の顔をする / 魚澄秋来  
  (9票:なかはら 米山 安藤 北原 瀧村 丸山 樋口 八上 妹尾)
 
13.ゆるやかな遠くの夏の海暮れる / 妹尾凛 
  (4票:なかはら 大嶽 犬山 丸山)

14.左手で貼る絆創膏ねこの鈴 / 八上桐子 
  (4票:三好 瀧村 犬山 妹尾)

15.滅相もございませんが青い枇杷 / 瀧村小奈生
  (6票:なかはら 安藤 北原 青砥 中川 八上)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-07-28 16:38 | 句会結果報告 | Comments(0)

第121回ねじまき句会

題詠「胸」

1.この辺が亜熱帯低気圧とひらく胸/ ながたまみ
(6票: なかはら 丸山 中川 犬山 米山 青砥)

2.ゆっくりと裏返してみれば気胸/ 二村鉄子
(3票: なかはら 安藤 青砥)

3.林檎ひとつ胸にしまって眠ります/ 魚澄秋来
(3票: 安藤 妹尾 ながた)

4.だんまりに寄りかかっている度胸/ 安藤なみ
(2票: 丸山 二村)

5.あたらしいことばを沈め鳥の胸/ 八上桐子
(6票: なかはら 丸山 三好 魚澄 妹尾 米山)

6.指揮棒が語尾やわらかく胸をさす/ 青砥和子
(5票: 丸山 樋口 犬山 ながた 瀧村)

7.夕暮れのまだらが胸に満ちてくる/ 瀧村小奈生
(6票: 中川 三好 魚澄 妹尾 八上 青砥)

8.泣くたびに胸で渦巻くかたつむり/ 妹尾凛
(6票: なかはら 二村 犬山 樋口 ながた 瀧村)

9.向日葵に胸があってはなりませぬ/ なかはられいこ
(6票: 安藤 三好 二村 樋口 八上 瀧村)

10.雨の日は胸のでぶ猫丸くなる/ 会田ゆう子

11.胸襟は開けっ放しでいつも留守/ 中川喜代子
(8票: 安藤 三好 魚澄 犬山 米山 八上 瀧村 青砥)

12.自転車の胸のあたりが凹んでる/ 丸山進
(3票: 中川 二村 樋口)

13.退屈な胸の開け方解かる人/ 三好光明
(3票: ながた 米山 八上)

14.紅薔薇の胸の黒子をいつか見た/ 犬山高木

15.胸と首 境あたりに溜まる音/ 米山明日歌
(3票: 中川 魚澄 妹尾)


「雑詠」

1.触ってはいけないものを並べられ/ 米山明日歌
(5票: 丸山 三好 樋口 犬山 瀧村)

2.柑橘を不規則に噛む少女A/ 犬山高木
(1票: 安藤)

3.妖怪も仏も映す水鏡/ 三好光明

4.デジタルに変身中の時計草/ 丸山進
(5票: なかはら 中川 安藤 魚澄 米山)

5.テレビ欄斜め読みしてモジリアーニ/ 中川喜代子
(3票: 丸山 犬山 青砥)

6.言われてもしかたないでしょメールする/ 会田ゆう子

7.湿布貼ったとこからすっと船が出る/ なかはられいこ
(8票: 中川 魚澄 樋口 犬山 米山 妹尾 八上 瀧村)

8.おや風の具合で星が降ってきた/ 妹尾凛
(4票: 三好 魚澄 ながた 瀧村)

9.恥ずかしいことがときおり光る川/ 瀧村小奈生
(5票: なかはら 三好 米山 妹尾 八上)

10.荷を解けばただ眠りたく雨の音/ 青砥和子
(6票: なかはら 丸山 安藤 二村 樋口 ながた)

11.夕暮れの破れかけてるハトロン紙/ 八上桐子
(7票: なかはら 中川 二村 魚澄 妹尾 ながた 青砥)

12.星空の下には星を入れる箱/ 安藤なみ
(7票: 中川 二村 妹尾 ながた 八上 瀧村 青砥)

13.ピケティがいてもいなくてもこの暮らし/ 魚澄秋来
(2票: 三好 犬山)

14.陸上部顧問と演劇部顧問兼/ 二村鉄子
(3票: 丸山 八上 青砥)

15.オアシスがあるかのぞきに来てほしい/ ながたまみ
(4票: 安藤 二村 樋口 米山)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-06-30 17:10 | 句会結果報告 | Comments(0)

第120回ねじまき句会

題詠「肋」

1.それはもう祠かなまだ肋かな/八上桐子
(9票:なかはら 瀧村 丸山 中川 安藤 会田 妹尾 青砥 樋口)

2.肋骨を弾くと遠い夏が鳴る/瀧村小奈生
(8票:なかはら 北原 米山 ながた 妹尾 八上 青砥 樋口)

3.炎上する肋骨くぐる宇宙船/安藤なみ
(1票:丸山)

4.肋骨を夜の電車が通過する/ながたまみ
(7票:なかはら 瀧村 米山 安藤 北原 会田 妹尾)

5.祈られて疲れはててる肋骨/中川喜代子
(1票:米山)

6.すべり込む肋が「閉」になる前に/樋口りゑ
(7票:丸山 瀧村 米山 安藤 三好 八上 青砥)

7.よく晴れてすうすう歌い出す肋/妹尾凛
(6票:丸山 中川 犬山 ながた 会田 三好)

8.アンテナを肋に立ててロック・ユー/青砥和子

9にがり水夜の肋を越えてくる/米山明日歌
(3票:妹尾 青砥 樋口)

10.肋骨で弾く尖ったフォーク・ロック/丸山進

11.肋骨のギブスさせない痩せ我慢/三好光明
  (2票:犬山 安藤)

12.難破船肋を晒し独り言/犬山高木
  (1票:北原)

13.有るようで無い蓮根の肋ぼね/北原おさ虫
  (7票:なかはら 瀧村 中川 犬山 三好 ながた 会田)

14.帝国も鱧の肋もこなごなに/なかはられいこ
  (5票:中川 北原 犬山 八上 樋口)

15.幸福が肋押し上げ不眠症/会田ゆう子
  (3票:ながた 三好 八上)


雑詠

1.肩こりのスズメ群がる化粧室/会田ゆう子
(2票:犬山 三好)

2.ホームに戻る狩野派の雲連れて/なかはられいこ
(8票:丸山 瀧村 米山 会田 妹尾 八上 青砥 樋口)

3.幸せでも不幸せでもなく老後/北原おさ虫

4.一人にはさせぬ手紙に雨滲む/犬山高木
(1票:安藤)

5.無為無害無届無職私有/三好光明
(2票:犬山 中川)

6.ここだけのことだがマリー・ローランサン/丸山進

7.とりあえず緑のことを誉めておく/米山明日歌
 (4票:なかはら 瀧村 ながた 八上)

8.どこか冷めた目が突き刺さるカーブミラー/青砥和子
(5票:安藤 北原 中川 三好 会田)

9.とちゅうから五月の風にのりました/妹尾凛
(4票:瀧村 米山 ながた 樋口)

10.自称ライバル使う女のふゃふぃふゅふぇふょ/樋口りゑ
  (4票:丸山 三好 会田 青砥)

11.すり鉢でおぼろ月夜にしてしまう/中川喜代子
  (9票:なかはら 瀧村 丸山 北原 安藤 ながた 妹尾 八上 青砥) 

12.明け方のひざが降り立つ駐車場/ながたまみ
  (4票:犬山 会田 妹尾 樋口)

13.唇を結んで探す葉隠の誤字/安藤なみ
  (2票:丸山 中川)

14.無人駅通過バンテリン浸透/瀧村小奈生
  (10票:なかはら 中川 北原 米山 犬山 三好 妹尾 八上 青砥 樋口)

15.二三本余った指で触れている/八上桐子
  (5票:なかはら 安藤 北原 米山 ながた)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-05-27 16:16 | 句会結果報告 | Comments(0)

第119回ねじまき句会

題詠「肌」

1.抱き寄せた喪服の肩に肌が散る/会田ゆう子
 
2.どのような匂いで焼けるかな素肌/樋口りゑ
 (2票:丸山 会田)

3.雲間から地肌が透けておりますの/なかはられいこ
 (6票:三好 瀧村 樋口 八上 北原 二村)

4.人肌の襟を寄せ合う花筏/犬山高木
 (2票:中川 青砥)

5.みどりごの肌をつついて深呼吸/三好光明    
 (3票:丸山 樋口 犬山)

6.肌色になるまでなでるエジプト綿/中川喜代子
 (7票:なかはら 三好 瀧村 丸山 樋口 安藤 ながた)
 
7.逢いにいく肌の水気をきってから/米山明日歌
 (11票:なかはら 中川 樋口 北原 ながた 八上 安藤 二村 魚澄 青砥 犬山)

8.口裏は合わせる肌は合わせない/丸山進  
 (5票:北原 安藤 会田 二村 米山)

9.国の中肌色の国境がある/北原おさ虫
 (1票:会田)

10.さくら満開ぼおっとひかる肌/妹尾凛

11.岩肌からぽろぽろ落ちてゆく谺/青砥和子
 (6票:瀧村 八上 妹尾 安藤 米山 魚澄)

12.鳥肌は同じ当落一票差/安藤なみ
 (1票:北原)

13.散散に悪事のあとの雪肌精/魚澄秋来
 (6票:ながた 三好 二村 米山 青砥 犬山)

14.月明かりたるませている象の肌/八上桐子
 (11票:なかはら 瀧村 中川 丸山 樋口 ながた 妹尾 安藤 米山 魚澄 犬山)

15.やわ肌の一部筋肉質なとこ/瀧村小奈生
 (9票:中川 ながた 三好 八上 妹尾 会田 米山 二村 魚澄)

16.肌の色あずきコーヒーゆず桜/ながたまみ
 (5票:なかはら 妹尾 会田 魚澄 青砥)

17.三月のぷる肌製作委員会/二村鉄子
 (10票:なかはら 瀧村 中川 丸山 三好 北原 八上 妹尾 青砥 犬山)



「雑詠」


1.春の長雨と背中の聴診器/二村鉄子
 (4票:なかはら 八上 妹尾 会田)

2.指が知る例えば猫の頭蓋骨/ながたまみ
 (10票:なかはら 瀧村 丸山 樋口 三好 八上 米山 魚澄 青砥 犬山)

3.日曜のてっぺんかけたかもしれず/瀧村小奈生
 (13票:なかはら 丸山 樋口 ながた 三好 北原 八上 妹尾 会田 米山 二村 青砥 犬山)

4.はじまりも途中もおわりもない朝/八上桐子
 (1票:二村)

5.包丁を研げば本音を語りだす/魚澄秋来
 (3票:瀧村 中川 ながた)

6.希釈してホッと大きな深呼吸/安藤なみ
 (4票:ながた 三好 青砥 犬山)

7.満開の桜ずらして蜃気楼/青砥和子
 (1票:妹尾)

8.空が明るい牛乳瓶の蓋/妹尾凛
 (7票:なかはら 瀧村 樋口 八上 二村 魚澄 青砥)

9.花冷えに月も猫背について来る/北原おさ虫
 (5票:丸山 ながた 米山 魚澄 青砥)

10.手のキズを何度も数えなおしてる/丸山進
 (1票:会田)

11.それぞれの孤独に帰る時間です/米山明日歌
 (3票:樋口 三好 安藤)

12.支那竹を噛めば義歯魏志倭人伝/中川喜代子
 (9票:なかはら 瀧村 丸山 樋口 北原 妹尾 米山 二村 犬山)

13.捨てました常識という模倣品/三好光明
 (3票:中川 北原 安藤)

14.液体と気体にわかれ床に就く/なかはられいこ
 (10票:瀧村 中川 丸山 北原 ながた 八上 安藤 妹尾 会田 魚澄)

15.花冷えの子猫のように燗を抱く/犬山高木
 (2票:安藤 会田)

16.交合しよう 花の香りに抱かれよう/樋口りゑ
 (1票:中川)

17.指定席ネコのフリして祖母座る/会田ゆう子
 (8票:中川 北原 三好 安藤 米山 二村 魚澄 犬山)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-04-26 19:21 | 句会結果報告 | Comments(1)

第118回ねじまき句会

題詠「肺」

1.肺だって言い訳したい登山道/会田ゆうこ
(2票:犬山 北原)

2.肺の中満ちるサクラの言の葉で/ながたまみ
(9票:なかはら 丸山 中川 安藤 三好 八上 米山 魚澄 妹尾)

3.春の夜がよくしみこんだ肺である/瀧村小奈生
(12票:なかはら 中川 ながた 安藤 三好 八上 北原 米山 二村 魚澄 青砥 妹尾)

4.封筒のふくらみうすく姉の肺/八上桐子
(10票:なかはら 丸山 中川  ながた 安藤 瀧村 二村 米山 青砥 妹尾)

5.ふくらんだ胸は半分肺呼吸/安藤なみ
(2票:犬山 丸山)

6.このごろの肺には月が住んでゐる/妹尾凛
(3票:ながた 魚澄 青砥)

7.片肺ではしゃいでみせる重たい日/青砥和子
(4票:三好 米山 瀧村 会田)

8.奔放な肺にふりまわされた君/丸山進 
(3票:三好 二村 会田)  

9.我が道を未だ迷っている肺魚/北原おさ虫
(1票:犬山)

10.叱咤され息絶え絶えの肺活量/三好光明 
  (1票:北原)     

11・肺を食べ胃も腸も焼く家族団欒/犬山高木
  (2票:二村 会田)

12.木蓮か左右の肺かぽっと点く/なかはられいこ
  (6票:ながた 丸山 八上 瀧村 青砥 魚澄)

13.肺門で別れていった山頭火/中川喜代子
  (7票:北原 安藤 八上 犬山 二村 瀧村 妹尾)

14.沼の息させる真夜中の肺胞/米山明日歌
  (8票:なかはら 犬山 ながた 中川 安藤 瀧村 青砥 妹尾)

15.階段を肺が遅れて降りてくる/二村鉄子
  (9票:なかはら 中川 丸山 北原 三好 八上 米山 会田 魚澄)


雑詠

1.三か所を選んでそこをつかむのか/二村鉄子
(7票:なかはら 安藤 三好 米山 犬山 瀧村 会田)

2.たたかれて動かぬ黒になった日よ/米山明日歌
(6票:なかはら ながた 中川 犬山 会田 青砥)

3.夜つれて水族館をねむらせる/中川喜代子
(4票:ながた 瀧村 魚澄 妹尾)

4.母不在ラインがつなぐ河川敷に死/犬山高木

5.しゃっくりも督促状も螺旋状/三好光明
(11票:なかはら 丸山 中川 北原 八上 米山 二村 会田 魚澄 妹尾 青砥)

6.いとこでも甘納豆でもなく桜/なかはられいこ 
(8票:ながた 安藤 三好 八上 丸山 二村 瀧村 青砥)    

7.ほらここも春の坊やが隠れてる/北原おさ虫
(2票:ながた 二村)

8.こつこつと恍惚さんがやってくる/丸山進 
(6票:中川 北原 三好 八上 瀧村 魚澄)  

9.改札にかざす手のひら干乾びる/青砥和子
(3票:米山 丸山 妹尾)

10.春が来たほんのりふちを光らせて/妹尾凛
  (12票:なかはら ながた 中川 北原 安藤 三好 八上 米山 丸山 瀧村 青砥 魚澄)

11.留守電の吐息は挑発のイエロー/安藤なみ
  (2票:三好 犬山)

12.アルコールランプの小石 夜の梅/八上桐子
  (1票:二村)

13.春節の一族知覚過敏症/瀧村小奈生
  (4票:八上 犬山 丸山 妹尾)

14.この人も先に開いた箱に乗る/ながたまみ
  (11票:なかはら 中川 北原 安藤 米山 犬山 二村 青砥 会田 魚澄 妹尾)

15.ケーキ屋にロウソクの数見栄を張る/会田ゆうこ
  (2票:北原 安藤)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-03-24 16:45 | 句会結果報告 | Comments(0)

第117回ねじまき句会

題詠「胃」

1.敷島の大和に降らす太田胃散/瀧村小奈生
 (10票:なかはら 魚澄 妹尾 米山 中川 ながた 会田 北原 青砥 犬山)

2.胃を開きフェイスブックで競い合う/安藤なみ
 (4票:なかはら 妹尾 句ノ一 青砥)

3.もやもやとしたものが好き私の胃/妹尾凛
 (7票:なかはら 三好 句ノ一 会田 瀧村 八上 青砥)

4.胃カメラで異界へ深く入りこむ/青砥和子
 (1票:中川)

5.ユーチュ-ブ飲んで炎上する胃壁/丸山進
 (9票:魚澄 妹尾 安藤 三好 中川 青砥 会田 北原 瀧村)

6.お手玉にしちゃうアイツとあいつの胃/句ノ一
 (7票:魚澄 安藤 三好 米山 中川 青砥 丸山)

7.面舵に黙っちゃいない胃酸過多/三好光明
 (8票:安藤 句ノ一 中川 ながた 北原 丸山 八上 犬山)

8.胃もたれでうりざね顔で孤独也/中川喜代子
 (6票:なかはら 安藤 会田 丸山 瀧村 八上)

9.胃袋の鬼がゆるしてくれません/米山明日歌
 (5票:魚澄 三好 句ノ一 北原 犬山)

10.私もね実は蟹座と胃がヒヒヒ/会田ゆう子
 (2票:米山 ながた)

11.深海魚胃の腑を晒す無念の港/犬山高木


12.胃の中も夜空で星が降っている/なかはられいこ
 (6票:妹尾 句ノ一 ながた 会田 瀧村 八上)


13.戴きますもご馳走さまも無い胃瘻/北原おさ虫
 (3票:ながた 丸山 犬山)

14.ほしがらない胃の恋しがる畳とか/八上桐子
 (4票:魚澄 米山 丸山 犬山)

15.プレアデス星団冬の胃におさめ/魚澄秋来
 (8票:なかはら 妹尾 安藤 三好 米山 北原 瀧村 八上)


雑詠
 
1.灰色の空をなおしてあげようか/魚澄秋来
 (4票:妹尾 中川 北原 丸山)

2.おふとんをかぶせて浅く埋めておく/八上桐子
 (9票:なかはら 妹尾 三好 米山 ながた 会田 丸山 瀧村 青砥)

3.豆まきを覗いて春はまた眠る/北原おさ虫
 (8票:なかはら 魚澄 句ノ一 中川 ながた 青砥 犬山 八上)

4.野良の隣で寝ると母捨てる/犬山高木


5.世界中日本になれば平和です/会田ゆう子


6.許されぬところに積もる春の雪/なかはられいこ
 (7票:魚澄 安藤 三好 米山 中川 丸山 瀧村)

7.罰としてどの音だけを聞かされる/米山明日歌
 (8票:安藤 三好 句ノ一 中川 北原 丸山 犬山 八上)

8.こわごわと百から七を引いていく/中川喜代子
 (8票:なかはら 安藤 ながた 会田 瀧村 青砥 犬山 八上)

9.取り直し延長戦も無い二月/三好光明
 (2票:丸山 八上)

10.老人と子ども  レディが通ります/句ノ一
 (1票:三好)

11.肩甲骨で挟む長すぎた春/丸山進
 (6票:妹尾 安藤 米山 北原 犬山 八上)

12.彗星の尾をつかむまで肩車/青砥和子
 (8票:魚澄 妹尾 安藤 米山 句ノ一 中川 会田 北原)

13.ねこやなぎ まいばん白い夢をみる/妹尾凛
 (7票:なかはら 魚澄 句ノ一 ながた 会田 北原 瀧村)

14.あの街は雪の匂いがあたたかい/安藤なみ
 (2票:瀧村 青砥)

15.きざはしのいきをころしているところ/瀧村小奈生
 (10票:なかはら 魚澄 妹尾 三好 米山 句ノ一 ながた 会田 青砥 犬山)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-02-23 17:58 | 句会結果報告 | Comments(0)

第116回ねじまき句会

題詠「燕」

1.宙返り出来た順です燕1/中川喜代子
  (4票:瀧村 安藤 犬山 兵頭)

2.短日の床踏みならす燕の湯/二村鉄子

  
3.胸のなか濡れた燕の溜まり場に/米山明日歌 
  (7票:なかはら 二村 丸山 三好 犬山 妹尾 兵頭)

4.畳み皺深まる父の燕尾服/瀧村小奈生
  (9票:なかはら 北原 中川 早瀬 二村 魚住 青砥 米山 会田)

5.卵抱く燕食む蛇われも母/犬山高木
  (5票:三好 安藤 魚住 青砥 会田)

6.燕麦のたっぷり感を振りかける/安藤なみ
  (7票:丸山 八上 中川 犬山 魚住 米山 妹尾)

7.夏薊無邪気な燕だったね僕ら/魚住秋来
  (6票:なかはら 八上 中川 青砥 米山 妹尾)

8.脱巣をまだ躊躇っている燕/北原おさ虫
  (2票:早瀬 会田)

9.ビロードになるまで撫でている燕脂/八上桐子
  (10票:なかはら 瀧村 丸山 北原 三好 犬山 安藤 二村 魚住 米山)

10.燕飛ぶただならぬ雲かき混ぜて/青砥和子
  (9票:瀧村 八上 中川 安藤 早瀬 二村 会田 妹尾 兵頭)

11.トラという燕の笑えないドラマ/丸山進 
  (1票:犬山)

12.谺になるか燕になるか十二月/なかはられいこ
  (7票:瀧村 丸山 八上 三好 北原 青砥 妹尾)

13.軒先へ孤独の旅の燕着く/早瀬和恵
  (3票:北原 会田 兵頭)

14.走馬灯バージンロード燕尾服/三好光明
  (1票:早瀬)

15.昇竜と太平燕がランデブー/会田ゆう子
  (1票:北原)

16.おわりから二行目しあわせな燕/妹尾凛
  (13票:なかはら 瀧村 丸山 八上 三好 中川 安藤 早瀬 二村 魚住 
青砥 米山 兵頭)

雑詠

1.犬だってあっかんべーの舌がある/北原おさ虫
  (5票:安藤 青砥 米山 会田 妹尾)

2.しゃないな2分の1の大当たり/三好光明
  (2票:会田 妹尾)

3.箸置きに箸の足りない十二月/二村鉄子
  (10票:なかはら 瀧村 丸山 八上 三好 中川 安藤 早瀬 青砥 兵頭)

4.訳ありのアレもコレもが青い鳥/会田ゆう子
  (3票:北原 早瀬 魚住)

5.全身に切手を貼って家を出る/丸山進
  (14票:なかはら 北原 三好 中川 犬山 安藤 早瀬 二村 魚住 青砥 
米山 会田 妹尾 兵頭)

6.朝凪の薄刃包丁濡れている/八上桐子


7.アマゾンの箱の笑顔とふたりきり/魚住秋来
  (7票:なかはら 北原 三好 中川 犬山 早瀬 二村)

8.黒酢入れなだめなだめたはてのはて/中川喜代子
  (6票:なかはら 丸山 八上 犬山 二村 米山)

9.泣き損じました紅葉いたします/瀧村小奈生
  (8票:丸山 北原 八上 三好 犬山 青砥 会田 兵頭)

10.大切に歳という名の免罪符/早瀬和恵

 
11.点滴に自画像吊るし長期戦/犬山高木
  (2票:中川 早瀬)

12.夜空からすとんと落ちてきた世界/青砥和子
  (6票:なかはら 瀧村 北原 安藤 会田 妹尾)

13.鐘楼の広い嘆きの歌を追う/安藤なみ
  (2票:二村 米山)

14.百人の腹筋揺れて冬野原/なかはられいこ
  (10票:瀧村 丸山 八上 犬山 安藤 二村 魚住 米山 妹尾 兵頭)

15.手の中にはいる小さな冬の森/妹尾凛
  (2票:瀧村 魚住)

16.これからの音のつまった体です/米山明日歌
  (8票:瀧村 丸山 八上 三好 中川 魚住 青砥 兵頭)
[PR]
by nezimakikukai | 2014-12-28 12:17 | 句会結果報告 | Comments(0)

第115回ねじまき句会

題詠「燃」

1.それならばいっそ燃やすと云うほつれ/米山明日歌
  (5票:中川 高木 青砥 瀧村 ながた)

2.濡れ落ち葉フツーの火では燃えません/北原おさ虫
  (5票:丸山 安藤 高木 早瀬 青砥)

3.水平線を難燃繊維に織れ/兵頭全郎
  (7票:なかはら 丸山 二村 八上 青砥 米山 ながた)

4.藤という燃え方が残されている/八上桐子
  (7票:なかはら 兵頭 北原 米山 妹尾 瀧村 ながた)

5.代わり映えのない日に燃える囲み記事/青砥和子
  (4票:兵頭 三好 中川 会田)

6.詩のようにろうそく燃える消えるまで/妹尾凛
  (2票:三好 早瀬)

7.不燃物嫌なこというネゴミじゃない/高木英生
  

8.燃え滓にしがみついてる親知らず/安藤なみ
  (5票:兵頭 高木 早瀬 二村 会田)
     
9.燃えにくい人の背中を擦ってる/丸山進
  (11票:なかはら 兵頭 安藤 早瀬 八上 二村 北原 青砥 米山 妹尾 
瀧村)

10.さまざまな緑を重ね森燃える/三好光明
  (3票:安藤 妹尾 ながた)

11.手順よく燃え滓たたむお姉ちゃん/中川喜代子
  (7票:丸山 高木 三好 北原 青砥 妹尾 瀧村)

12.夜の森で芯を短くして燃やす/ながたまみ
  (2票:八上 二村)

13.燃えやすい電車が通過いたします/なかはられいこ
  (7票:丸山 安藤 三好 中川 二村 妹尾 ながた)

14.美しいけむりのための燃やし方/二村鉄子
  (10票:なかはら 丸山 兵頭 中川 早瀬 八上 北原 米山 瀧村 会田)

15.燃えかすを降らせて夜は深くなる/瀧村小奈生
  (7票:なかはら 安藤 三好 中川 八上 北原 米山)

16.たらればの悔いを残して燃え尽きる/早瀬和恵
  (2票:高木 会田)



雑詠

1.リカちゃんの左目線のDNA/三好光明
  (8票:丸山 高木 中川 北原 米山 妹尾 瀧村 ながた)

2.てっぺんまで突き抜けてみよ沙羅双樹/青砥和子
  (2票:安藤 ながた)

3.晩秋をメタセコイアがつついてる/中川喜代子
  (4票:兵頭 二村 北原 米山)

4.ムーミンに似てると言われ笑う秋/丸山進
  (4票:なかはら 安藤 早瀬 八上)

5.しいたけの襞から愛のようなもの/なかはられいこ
  (9票:安藤 三好 中川 八上 二村 青砥 妹尾 瀧村 米山)

6.長き夜のところどころの流水音/二村鉄子
  (8票:なかはら 中川 早瀬 八上 青砥 妹尾 瀧村 ながた)

7.へその緒でつながっていた海と梅/八上桐子
  (8票:なかはら 丸山 三好 中川 二村 妹尾 米山 ながた)

8.食べて寝て死んでいく猫それでいい/高木英生
  (4票:丸山 三好 早瀬 会田)

9.笑わないようメデューサの髪を切る/兵頭全郎
  (1票:高木)

10.ワタムシに冬がふわりと里の秋/北原おさ虫

11.溜めこんだ意図手放してシリカゲル/安藤なみ
  (7票:兵頭 早瀬 八上 二村 北原 青砥 会田)

12.看取る人仏心もオンとオフ/早瀬和恵
  (4票:安藤 三好 北原 会田)

13.着信音ホチキス綴じの夜空から/瀧村小奈生
  (10票:なかはら 丸山 兵頭 安藤 高木 中川 青砥 妹尾 米山 なが
た)

14.幸薄い三日月ぼーっとしています/妹尾凛
  (1票:会田)

15.背もたれのない椅子ばかりすすめられ/米山明日歌
  (9票:丸山 兵頭 高木 三好 早瀬 八上 二村 北原 瀧村) 

16.オクターブあげて階段駆けのぼる/ながたまみ
  (5票:なかはら 兵頭 高木 青砥 瀧村)
[PR]
by nezimakikukai | 2014-11-24 10:10 | 句会結果報告 | Comments(0)

瀬戸吟行会 2014.10.19

10月のねじまきは第2回瀬戸吟行を行いました。
皆さんの心がけが大変良かったおかげで または 晴れ女・男が集まったようで快晴のもと無事開催することが出来ました。今回瀬戸での開催ということで 瀬戸丸山組の他のメンバーが4名かけつけてくださいました。中川喜代子さん 高橋ひろこさん 浅見和彦さん 松長一歩さんです。さらに うれしいことに 熊本からいわさき楊子さんが時間を割いて参加してくださいました。帰りの新幹線の関係で、瀬戸散策と出句のみで合評には参加されませんでしたが お話ができただけでも大変うれしかったです。(青砥和子)

なかはられいこ

 どもほるんりんくると坂道を登る
 落葉踏む音にときおり陽があたる
 阿吽とかゆってふたりは秋さなか
 鳩の影私の影と鳥居をくぐる
 さみしいか萩散る道にバイオリン

丸山進

 肉球を落とした猫を探してる
 あの頃をまた話してるノベルティー
 シャッターの奥からもれてくる瀬戸弁
 なぜ、ですから黒毛和牛専門店
 こま犬と招き猫との熱視線

安藤なみ

 大人用小さめの靴ドレミファソ
 自販機で両替をして重くなる
 観光の人だけ渡す歩道橋
 晴天を爆撃してく救急車
 古民家にハワイアンカフェの文字踊る

三好光明

 門番は丸一国府せとの顔
 護るのは志野の灯籠六角碑
 剣山も水に隠して丸四角
 おせちなら陶器のお重味比べ
 数百年おろし続ける下ろし金

北原おさ虫

 古壺は古い埃も付けて売る
 狛犬の目付きも変わる盗難後
 店番は猫と狸とあと一人
 老年よ大志捨てよと秋の空
 喰う奴をじっと睨んでいるウナギ

ながたまみ

 あなたたちは瀬戸を征服したのですか
 何回も手にとり猫か確かめる
 たくさんの願いを食って並ぶ犬
 歩道橋のまん中にある不整脈
 空よりも澄む水のある瀬戸の川

会田ゆうこ

 鳴けなくてサイレントミャウ招きねこ
 オシャレカフェ何がなんでもアートです
 年ごとに派手なカカシがふえていく
 橋にまで割れ物注意札かかる
 道路までモザイクアート瀬戸の街

青砥和子

 泡立ち草廃屋好きで群れたがる
 店員は帽子目深な案山子かな
 改札の奥で手を振るあったかい
 陶の道ヘクソカズラの実は弾け
 トウニャンと名付けられてる睨み猫

※ゲストの方々の句です

いわさき楊子

 釉薬をかけてから楽しむ裂け目
 鬼板をつないだセメントの立場
 広がるだけ広げていますひとり旅
 吐瀉物をサラサラ流す瀬戸の川
 鋳込みの器なら油断できますね

中川喜代子

 パルティのドットにきびの面がまえ
 急坂がわたしの心臓ためしてる
 まねき猫お前も少し疲れたか
 陶の橋不定愁訴だと思う
 茶飲み話急須は相手してくれず

浅見和彦

 狛犬もどんなもんだい瀬戸物だ
 せとものの歴史が滲む細い径(みち)
 髑髏から湧いてくるくる人の情
 B1(ビーワン)にせとやき出たぞ焼きそばだ
 店先で銀三郎が将棋指す

高橋ひろこ

 やきそばは瀬戸で食べると決めている
 アーケード過去につながる秘密基地
 狛犬にウインクされてガラパゴス
 歌麿呂の絵筆で描く招き猫
 今夜こそ案山子の密談聞いてやる

松長一歩

 店先きでやる気がすべて並んでる
 人居ないいや人形が座ってる
 良かったよ加藤肉屋が臨休で
 団地行きバス一人乗せ秋の風
 仙一がゼブラを持って笑ってる
[PR]
by nezimakikukai | 2014-10-27 14:49 | 句会結果報告 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
「カモミール」のご紹介、..
by 笹田かなえ at 20:51
こうださま、山本さま ..
by nezimakikukai at 16:19
『川柳ねじまき』、愛読し..
by 山本洵一 at 04:51
川柳凜のこうだひでおと申..
by こうだひでお at 19:41
ねじまき#3を5部購入し..
by 岡本 聡 at 21:29
ねじまき#3を2冊購入し..
by 善江 at 07:13
高知に住んでいます。小野..
by 善江 at 08:24
 さきほど、ねじまき#3..
by らき at 14:23
岩渕さま、いわさきさま、..
by nezimakikukai at 23:19
 おいしいもの、たのしい..
by らき at 11:25
らきさま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:48
 こんにちは。ああ、ねじ..
by らき at 17:50
取り上げていただきありが..
by 明日歌 at 06:05
垂人って 短歌も俳句も..
by h82261765 at 10:26
犬山入鹿さま サイ..
by 森山文切 at 17:53
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧