月刊 ★ ねじまき 

カテゴリ:句会結果報告( 73 )

第134回ねじまき句会

題詠「宮」

1.ぽこぽこと月から宮が生まれます/青砥和子
(5票:犬山 中川 早川 丸山 猫田)

2.月満ちる宮で始める指しゃぶり/猫田千恵子
(3票:犬山 中川 早川)

3.宮刑の宮司なくなく巫女になる/犬山高木
(1票:大嶽)

4.真夜中に宮司モデルの招き猫/三好光明
(1票:丸山)

5.宮仕えした事がある公孫樹/中川喜代子
(8票:なかはら 早川 北原 安藤 瀧村 八上 魚澄 妹尾)

6.消毒をした蚊をチェックする宮内庁/安藤なみ
(4票:早川 三好 八上 魚澄)

7.風宮にペトリオットを配備せよ/瀧村小奈生
(4票:なかはら 猫田 青砥 妹尾)

8.世界記録で海宮にたどりつく/妹尾凛
(3票:なかはら 安藤 八上)

9.いにしへの呼吸故宮に充満す/大嶽春水
(1票:北原)

10.羊水を満たし子宮は海になる/早川由香
(2票:北原 安藤)

11.月の野や宮澤賢治かくれんぼ/魚澄秋来
(3票:犬山 青砥 大嶽)

12.荷が下りてほっと二宮金次郎/北原おさ虫
(4票:三好 瀧村 魚澄 大嶽)

13.神宮から駅までにあう蟻の数/丸山進
(7票:中川 北原 三好 瀧村 八上 魚澄 猫田)

14.半身は日陰となって国府宮/なかはられいこ
(6票:丸山 三好 猫田 青砥 大嶽 妹尾)

15.重ねてみました守宮のつめたさを/八上桐子
(8票:なかはら 犬山 中川 丸山 安藤 瀧村 青砥 妹尾)


「雑詠」

1.ト音記号ヘ音記号で怒鳴り合う/犬山高木
(3票:なかはら 丸山 魚澄)

2.鬼皮を剥くふるさとは無いけれど/魚澄秋来
(5票:犬山 安藤 瀧村 八上 大嶽)

3.胡麻の実が弾け転がるひとり旅/早川由香
(1票:大嶽)

4.からだしかなくて鯨の夜になる/八上桐子
(11票:なかはら 犬山 早川 北原 丸山 安藤 三好 瀧村 魚澄 猫田 
 青砥)

5.腰掛ける人畜無害そうな席/猫田千恵子
(7票:中川 早川 三好 魚澄 青砥 大嶽 妹尾)

6.降車所のバスは乗れないバスらしい/瀧村小奈生
(2票:猫田 妹尾)

7.アイロンで伸ばす王家の左肩/青砥和子
(8票:なかはら 犬山 中川 早川 丸山 八上 猫田 妹尾)

8.秋だねえチャスラフスカの脚ひらく/なかはられいこ
(3票:犬山 八上 妹尾)

9.いきなりの絶対的な途中下車/三好光明
(5票:中川 安藤 瀧村 八上 青砥)

10.スタッフは皆ところてんアレルギー/丸山進
(5票:なかはら 安藤 瀧村 猫田 青砥)

11.秋空に新しい耳生えてくる/妹尾凛
(4票:中川 北原 丸山 魚澄)

12.鼻摘みミーンミーンと鳴いてみる/北原おさ虫

13.いきなりのノックに怒っている西瓜/中川喜代子
(4票:早川 北原 三好 大嶽)

14.落ちそうな岩の下には鎖蛇/安藤なみ

15.夜更かしの虫と秒針コラボする/大嶽春水
(2票:北原 三好)
[PR]
by nezimakikukai | 2016-09-27 22:37 | 句会結果報告 | Comments(0)

第133回ねじまき句会

「家」

1.家空き地路地家空き地空き地家/猫田千恵子
(7票:なかはら 丸山 安藤 大嶽 犬山 中川 瀧村)

2.空蝉の中の器の中の家/八上桐子
(1票:三好)

3.薄紙で家に猫耳つけてみた/妹尾凛
(4票:二村 三好 犬山 米山)

4.ピンポンと家が鳴くのでございます/なかはられいこ
(4票:妹尾 猫田 北原 中川)

5.家族だな透かし模様がおんなじだ/米山明日歌
(8票:二村 八上 魚澄 大嶽 北原 犬山 中川 瀧村)

6.三枚におろして茎のない家族/安藤なみ
(2票:北原 三好)

7.家庭的紫芋の座り方/中川喜代子
(9票:なかはら 八上 妹尾 猫田 大嶽 丸山 三好 米山 瀧村)

8.さあどうぞ仕掛け花火と中川家/青砥和子
(3票:八上 北原 丸山)

9.堂々と平家を名乗り飛ぶ蛍/北原おさ虫
(3票:魚澄 大嶽 中川)

10.脚本家みどりのひとは追い出して/三好光明
(2票:安藤 青砥)

11.コカコーラコカコーラゼロ格闘家/二村鉄子
(5票:八上 猫田 犬山 安藤 瀧村)

12.隠れ家に帰宅の時は合図して/大嶽春水
(2票:魚澄 青砥)

13.家紋なら丸に四つ葉のクローバー/瀧村小奈生
(4票:二村 猫田 安藤 米山)

14.マツコ似の家刀自おり盆休み/魚澄秋来
(5票:なかはら 妹尾 丸山 米山 青砥)

15.チャイム鳴り家路を急ぐ連合艦隊/犬山高木
(4票:なかはら 妹尾 魚澄 青砥)

16.いにしえの家賃におわれ水くぐる/丸山 進
(1票:二村)

「雑詠」

1.ドーピング大会組織いいんかい/安藤なみ
(1票:北原)

2.稲妻が金継ぎ茶碗の中駈ける/中川喜代子
(4票:魚澄 大嶽 犬山 青砥)

3.高気圧腰から下は本気です/犬山高木
(4票:丸山 魚澄 三好 米山)

4.もう一度箱に戻してする話/米山明日歌
(9票:なかはら 八上 妹尾 二村 魚澄 丸山 大嶽 中川 青砥)

5.きき耳ずきんで すいかの音を聞く/大嶽春水

6.この町を毎日去っていく電車/瀧村小奈生
(7票:なかはら 二村 魚澄 丸山 北原 中川 青砥)

7.ひぐらしの恋はカキクケコで綴る/北原おさ虫
(4票:猫田 犬山 安藤 瀧村)

8.手は毛を毛も手の毛へ毛と手が毛で手か/八上桐子
(5票:なかはら 妹尾 猫田 犬山 三好)

9.遠吠えのように挨拶する女/猫田千恵子
(9票:二村 妹尾 八上 丸山 大嶽 北原 安藤 米山 瀧村)

10.トラウマで駆ける戦前から逃げる/丸山 進
(2票:北原 中川)

11.ふくろうとまめでんきゅうが鳴き交わす/なかはられいこ
(6票:八上 猫田 犬山 安藤 米山 瀧村)

12.さざなみが聞こえるピンクのソーメン/妹尾凛
(6票:八上 大嶽 中川 米山 三好 青砥)

13.パンツ脱ぐページをなぞる温シャワー/三好光明

14.炎昼を蟻の太郎の出奔す/魚澄秋来
(1票:妹尾)

15.誰もこないやることがないアラモード/青砥和子
(3票:二村 三好 瀧村)

16.大学生対角線に十五人/二村鉄子
(3票:なかはら 猫田 安藤)
[PR]
by nezimakikukai | 2016-08-27 13:49 | 句会結果報告 | Comments(0)

第132回ねじまき句会

題詠「客」

1.大五郎刺客の未来に嫌気さす/犬山高木
 (1票:大嶽)

2.うすい影 観客席に置いてきた/大嶽春水
 (4票:丸山 中川 三好 魚澄)

3.貘呼んで客間の軸を食べさせる/中川喜代子
 (2票:犬山 大嶽)

4.柿の木から落ちた客室乗務員/丸山 進
 (4票:なかはら 二村 青砥 妹尾)

5.乗客は望まぬほうへずれてゆく/青砥和子
 (4票:瀧村 安藤 魚澄 大嶽)

6.客筋にピンクと青の筋入れる/三好光明
 (4票:丸山 安藤 二村 青砥)

7.お客さんと思ってた人が母でした/魚澄秋来
 (3票:瀧村 猫田 妹尾)

8.まだ青い隣の柿が客を食う/瀧村小奈生
 (4票:なかはら 猫田 三好 青砥)

9.高砂や鶴が客間を横切った/猫田千恵子
 (3票:丸山 犬山 妹尾)

10.お客さんあしたもくるのまいにちだね/二村鉄子
 (1票:三好)

11.水引に結ばれているお客さま/なかはられいこ
 (3票:犬山 中川 安藤) 

12.小さなお客さま降ってくる夕べ/妹尾凛
 (5票:なかはら 瀧村 中川 猫田 魚澄)

13.すり足ですり減っていくお客さん/安藤なみ 
(1票:二村)


雑詠

1.絵の外へわたしの椅子をさがしに/妹尾凛
 (2票:丸山 二村)

2.ど根性ガエルを焦がすアスファルト/安藤なみ
 (3票:瀧村 中川 妹尾)

3.約束をしているような夜と猫/なかはられいこ 
 (3票:三好 魚澄 大嶽)

4.積極的に付録をめざすバナナ/二村鉄子
 (5票:なかはら 瀧村 安藤 猫田 丸山)

5.変らずに明けるはな子のいない朝/猫田千恵子

6.肩甲骨剥がせば真新しい朝/瀧村小奈生
 (5票:なかはら 犬山 二村 三好 大嶽)

7.父さんがそっと鑑定される夏/魚澄秋来
 (5票:なかはら 丸山 三好 青砥 妹尾)

8.負けちゃえば穴の出口はすぐ近く/三好光明
 (6票:中川 安藤 二村 青砥 魚澄 大嶽)

9.裸の背に鱗一枚の錯覚/青砥和子
 (1票:犬山)

10.シンデレラのその後のような今朝の顔/丸山 進
 (2票:猫田 青砥)

11.解けていく輪の端っこを持たされる/中川喜代子
 (3票:犬山 魚澄 )

12.あつすぎてうなだれている扇風機/大嶽春水
 (1票:瀧村)

13.雲水のお勤めにあるヘアメイク/犬山高木
 (3票:中川 安藤 猫田)
[PR]
by nezimakikukai | 2016-07-26 18:06 | 句会結果報告 | Comments(0)

第131回ねじまき句会

題詠「室」

1.ここはどこかな理科室の匂いする/妹尾凛
(2票:なかはら 大嶽)

2.理科室の模型はヒップホップ系/猫田千恵子
 (7票:丸山 八上 北原 妹尾 中川 瀧村 青砥)

3.理科室の中にもあった赤鳥居/青砥和子
 (2票:妹尾 犬山)

4.教室という虚に吹く初夏の風/魚澄秋来
 (3票:北原 安藤 青砥)

5.室温に戻した玉子闊歩する/中川喜代子
 (2票:丸山 大嶽)

6.室温にもどして口にする「ごめん」/瀧村小奈生
 (8票:なかはら 八上 中川 安藤 三好 犬山 大嶽 魚澄)

7.サイレンと水母いっぱい室内に/なかはられいこ
 (5票:妹尾 瀧村 三好 青砥 猫田)

8.室内の空気一新する時間/大嶽春水
 (1票:北原)

9.花鳥風月語あやつる室外機/丸山 進
 (6票:八上 瀧村 妹尾 中川 三好 犬山)

10.船室の背骨のあやふやになって/八上桐子
 (5票:なかはら 三好 青砥 魚澄 猫田)

11.ミシュランに指狐見せてる和室/安藤なみ
 (3票:中川 犬山 猫田)

12.側室も無いが自分の部屋も無い /北原おさ虫
 (6票:なかはら 八上 丸山 瀧村 安藤 魚澄 猫田)

13.裸にはドキドキしない右心室/三好光明
 (3票:丸山 北原 魚澄)

14.消費税あかずの部屋へ閉じ込める/犬山高木
 (2票:安藤 大嶽)

「雑詠」

1.マネキンが着るからイカすクールビズ/北原おさ虫

2.笑点を見てる家族に蚊がとまる/安藤なみ
 (8票:なかはら 丸山 八上 妹尾 犬山 大嶽 魚澄 猫田)

3.無花果のジクの途中にあるかゆみ/八上桐子
 (7票:中川 瀧村 安藤 犬山 青砥 大嶽 猫田)

4.桜桃忌向かい合わない父と母/青砥和子

5.歯に着せた七色の衣謳歌する/丸山 進
 (3票:北原 安藤 魚澄)

6.もう少しで中途半端にたどり着く/三好光明
 (5票:なかはら 丸山 妹尾 中川 魚澄)

7.OFFの日はくしゃとしたいドラえもん/犬山高木
 (1票:中川)

8.茄子紺の紺を充電する時間/中川喜代子
 (7票:八上 妹尾 三好 犬山 青砥 魚澄 猫田)

9.受けて立つつもり桃色夾竹桃/瀧村小奈生
 (3票:北原 三好 青砥)

10.たぶんほんとパカっと痛い天気雨/妹尾凛
 (6票:なかはら 丸山 八上 瀧村 犬山 青砥)

11.父はいま空になるため空になる/なかはられいこ
 (5票:丸山 瀧村 安藤 大嶽 猫田)

12.ガチャガチャを回すと転がり出る少女/猫田千恵子
 (9票:なかはら 八上 妹尾 北原 中川 三好 瀧村 安藤 大嶽)

13.人間をただ見つめてる剥製は/魚澄秋来
 (1票:北原)

14.女子力で世の中まるくおさめましょ。/大嶽春水
 (1票:三好)
[PR]
by nezimakikukai | 2016-06-29 17:40 | 句会結果報告 | Comments(0)

ねじまき番外編

「実」

さようなら写実的にエイ笑う         犬山高木
アブドラザブッチャーだった実が落ちる    なかはられいこ
実はそのできちゃった婚ジジツコン      丸山進
桐の実の今さらなにを言い出すの       八上桐子
雨を見るみたいに青い実を見てる       妹尾凛
結実か摘果か梨の花は白           斉尾くにこ
桑田佳祐ののどちんこにもヤシの実が     月波与生
確実に葬るための蜆汁            笹田かなえ
青い実がドールハウスを埋め尽くす      青砥和子
六月の不実ばかりをなぞってる        米山明日歌
ブログから果実を獲ってアマゾンへ      三好光明
梔子が実はかくかくしかじかと        中川喜代子
ナスキュウリスイカモロコシコイ実る     早川由香
真実の口に行列する無謀           安藤なみ
湯に浮かぶ木綿豆腐の実直さ         瀧村小奈生
神の実話にヒトラーは出てこない       北原おさ虫
[PR]
by nezimakikukai | 2016-06-22 16:38 | 句会結果報告 | Comments(2)

ねじまき吟行会2016

2016年5月15日  白鳥庭園(名古屋市熱田区)

なかはられいこ

古今東西どちら向いても鯉の口
ぬるぬると鯉がひしめく北出口
こもれ陽が猫のかたちに揺れている
鳥が来て滝の水音ト長調
メルカトル図法で描く花しょうぶ

丸山進

餌撒くと鯉鳩烏ドロ試合
魂を水琴窟に吸われたり
竹林を抜けると風は素の匂い
関係者以外となり覗く茶会
汐入の湾曲よミスユニバース

二村鉄子

今月をぜんぶまとめて海苔でまく
砂が石に池が鯉に問いただす
赤と黒共通の敵椎若葉
泣き声にもれなく鳩がついて来る
大名古屋足下の水に濁りあり
 
瀧村小奈生

わたしだけ椚の匂いするみたい
水の音なのか木漏れ日だったのか
タメ口ですり寄ってくる鯉の群れ
やり直してもやり直しても筧
首筋に虹光らせて鳩が来る

三好光明

古傷を思い出させる池の鯉     
飛行機雲松の小枝をつらぬいて
水音に応えて揺れる花菖蒲
浮き島に鴨と亀さん阿弥陀籤
飛び石に右か左か迫られる

安藤なみ

借景を関守石が邪魔をする
皮を来て新竹青く立ちあがる
由緒ある庭に芝生は遠慮がち
ミファソまで弾ける水琴窟である
「のぞき」叶わず能書きを読み返す

中川喜代子

クチパクの鯉は静かな合唱団
新緑を飲んで少うしふくらます
石垣は知っているはず焼夷弾
マンションの洗濯物が見てる庭
腰折って 水琴窟は経を読む

犬山高木

白鳥で七億円の鯉さがす
おいアヤメ俺は今から昼飯だ
書割の庭園またぎ大あくび
高みまで一反木綿青い青い
ここからは立ち入り禁止コイのソノ

青砥和子

河骨と水底揺らす鯉尾鰭
鯉大口わたしは何も持たぬもの
水琴窟聞こえる耳と聞けぬ音
滝落ちて都会の音を押し流す
行き先はひとつにあらず吟行会
[PR]
by nezimakikukai | 2016-05-17 18:48 | 句会結果報告 | Comments(0)

第130回ねじまき句会

題「完」

1.青空の完全コピー保存せず/二村鉄子
 (2票:なかはら 大嶽)

2.完全に忘れて蝶と舞っていた/猫田千恵子
 (2票:妹尾 青砥)

3.わけありのクライマックス完全たまご/犬山高木
 (1票:三好)

4.親鸞の起き上がり方不完全/三好光明 
 (3票:なかはら 猫田 犬山)

5.完熟を超えたキウイの産毛かな/瀧村小奈生
 (2票:三好 猫田)

6.完熟の鼻喝采を歌いきる/丸山 進
 (2票:安藤 北原)

7.マンゴーの完熟形を保証せよ/安藤なみ    
 (2票:中川 三好)

8.完成までカーブが続く枯野原/青砥和子
 (6票:なかはら 瀧村 二村 中川 魚澄 妹尾)

9.抜け穴は八割がたの完成度/大嶽春水
 (6票:なかはら 瀧村 二村 猫田 魚澄 米山)

10.未完の春の耳をひっぱってみる/妹尾 凛
 (5票:丸山 中川 瀧村 青砥 大嶽)

11.あのひとのドッペルゲンガー未完成/魚澄秋来
 (4票:丸山 犬山 米山 妹尾)

12.完璧ななごやことばの地動説/中川喜代子
 (9票:二村 丸山 安藤 北原 猫田 魚澄 米山 犬山 大嶽)

13.完璧な春になるまであとひとり/なかはられいこ
 (7票:瀧村 安藤 北原 三好 魚澄 米山 妹尾)

14.棺には「完」と結んだ口がある/北原おさ虫
 (6票:二村 安藤 中川 青砥 犬山 大嶽)

15.5時からは新家完司の喉になる/米山明日歌
 (3票:丸山 北原 青砥)

雑詠

1.ふっくらと私が炊けた小豆島/米山明日歌
 (10票:丸山 中川 安藤 北原 三好 猫田 魚澄 犬山 大嶽 妹尾)

2.見解の相違桜は七分咲き/中川喜代子
 (3票:なかはら 瀧村 妹尾)

3.やらやれを炒めてみれば鶴と亀/三好光明
 (3票:二村 猫田 米山)

4.手に触れたまま考える別のこと/猫田千恵子
 (6票:三好 中川 魚澄 瀧村 青砥 米山)

5.骨の音かセールストークか聞きますか/青砥和子
 (4票:なかはら 丸山 猫田 犬山)

6.入学式母は勝負のコスチューム/ 北原おさ虫
 (1票:大嶽)

7.接着臭に飽きたセルロイドの金魚/安藤なみ
 (2票:三好 大嶽)

8.会うたびにピンクのギャップくれる人/丸山 進
 (9票:なかはら 二村 安藤 北原 魚澄 犬山 大嶽 妹尾 米山)

9.歩者分離さくら渡って会者定離/魚澄秋来
 (1票:青砥)

10.これ以上折りたためないあとにして/二村鉄子
 (5票:中川 北原 三好 瀧村 米山)

11.愛じゅせよジュークボックスからじゅせよ/瀧村小奈生
 (5票:なかはら 二村 青砥 犬山 妹尾)

12.舌先に触れる雲とも菫とも/なかはられいこ
 (5票:丸山 安藤 北原 猫田 青砥)

13.ゲス極み都市伝説になりそこね/犬山高木

14.満開の桜には一対の月/妹尾凛
 (1票:安藤)

15.裏返すくつ下のうらにひそむ音/大嶽春水
 (5票:二村 丸山 中川 瀧村 魚澄
[PR]
by nezimakikukai | 2016-04-26 22:23 | 句会結果報告 | Comments(0)

第129回ねじまき句会

題詠 「守」

1.青空に自分を守る線をひく/ 大嶽春水
 (5票:瀧村 ながた 丸山 北原 魚澄)

2.さっきまで守る気でいたパイプ椅子 / 米山明日歌
 (5票:なかはら 猫田 ながた 三好 青砥)

3.擬態している守られているコルク/ 安藤なみ
 (1票:二村)

4.守るものたとえばドロップスの薄荷/ なかはられいこ
 (5票:瀧村 ながた 中川 安藤 妹尾)

5.お守りがずっと寝息をたてている/ ながたまみ
 (10票:なかはら 瀧村 猫田 中川 安藤 北原 大嶽 三好 青砥 妹尾)

6.南東はしばらく留守といたします/ 青砥和子
 (3票:丸山 三好 妹尾)

7.性格は守宮より井守に似てる/ 丸山 進
 (3票:犬山 安藤 米山)

8.乾きつつ生きる守宮に恋のあり/ 魚澄秋来
 (2票:大嶽 二村)

9.三角のそこは死守するべきところ/ 猫田千恵子
 (6票:ながた 犬山 中川 安藤 魚澄 青砥)

10.秘守義務が時々うずく金平糖/ 中川喜代子
 (6票:丸山 犬山 大嶽 二村 魚澄 米山)

11.走攻守基準値未満のど自慢/ 三好光明
 (1票:二村)

12.あかるい悩み伝説守口で漬ける / 犬山高木
 (2票:猫田 米山)

13.灯台守にぴったりの淋しさよ / 妹尾凛  
 (3票:北原 大嶽 米山) 
14.千曲なる信濃の国の安房守 / 北原おさ虫 
 
15.無料保守点検サービス付家族 / 瀧村小奈生
 (8票:なかはら 猫田 丸山 犬山 中川 北原 三好 青砥)

16.全国の駅弁食べる守護地頭 / 二村 鉄子
 (4票:なかはら 瀧村 魚澄 妹尾)

雑詠

1.たましいのかたちが同じ音を聞く / ながたまみ
 (4票:猫田 北原 魚澄 米山)

2.アボカドも朝もあなたもうすみどり / 瀧村小奈生
 (8票:なかはら 猫田 ながた 中川 北原 大嶽 三好 青砥)

3.庭先で春と一服茶を啜る / 北原おさ虫
 (1票:妹尾)

4.珈琲に砂糖を入れて今日すなお / 魚澄秋来
 (1票:大嶽)

5.新兵が並ぶ土偶の延長線 / 安藤なみ
 (1票:丸山)

6.再生はできないけれど あの声 / 二村鉄子
 (6票:なかはら 瀧村 中川 安藤 大嶽 青砥)

7.わらっているうちからホンカンひしゃげる / 犬山高木
 (1票:二村)

8.蒲公英は童心のpieceを嵌める / 大嶽春水
 (1票:安藤)

9.民法も賞味期限でもがいてる  / 三好光明
 (2票:ながた 犬山)

10.おたがいに黙るさくらと言いかけて / なかはられいこ
 (10票:瀧村 猫田 ながた 丸山 中川 安藤 魚澄 青砥 米山 妹尾)

11.脳みそのシャンプーしてて遅刻する / 中川喜代子
 (4票:丸山 犬山 北原 大嶽)

12.ジャンクション空へ近づく道を選る / 猫田千恵子
 (8票:なかはら 瀧村 ながた 安藤 三好 魚澄 青砥 米山)

13.理想持ち冠詞のような人になれ / 丸山 進
 (1票:二村)

14.あの家も曇りときどき無計画 / 青砥和子
 (9票:なかはら 猫田 丸山 犬山 北原 二村 三好 米山 妹尾)

15.はじまりの雨いつでも雨はあたらしい / 妹尾凛
 (3票:瀧村 三好 魚澄)

16.逆引きをされて桜貝泣き出す / 米山明日歌 
 (4票:犬山 中川 二村 妹尾)
[PR]
by nezimakikukai | 2016-04-01 17:34 | 句会結果報告 | Comments(0)

第128回ねじまき句会

題詠「安」

1.うらうらの私のパンダなら安安 / 二村鉄子  
 (1票:なかはら)

2.消していく順はあくまで目安です / 瀧村小奈生  
 (9票:中川 丸山 米山 安藤 妹尾 八上 猫田 青砥 魚澄)

3.安らかに眠る老夫もみどりごも / ながたまみ 
 (2票:猫田 青砥)

4.羽だけの百羽の鳥と眠る安倍 / 八上桐子  
 (2票:丸山 妹尾)

5.安全は亜熱帯より安来節 / 丸山進    
 (1票:中川)

6.安の字で騙すアンコウの提灯 / 北原おさ虫 
 
7.行列に並ぶ安堵を買うために / 魚澄秋来   
 (3票:なかはら 安藤 大嶽)

8.マダムチャタレイ傾向にてドル安 / 安藤なみ
 (6票:なかはら 犬山 丸山 米山 妹尾 二村) 

9.安田っ出来の悪いぼくほめてくれ / 青砥和子
 (3票:中川 八上 二村)

10.うやむやのうち安全が融け落ちる / 猫田千恵子 
 (2票:北原 大嶽)

11.しみじみと安かったから雨ふらし / 妹尾凛
 (3票:犬山 二村 猫田)
 
12.窮屈な安全弁に切手貼る / 三好光明     
 (2票:ながた 魚澄)

13.浦安の夜の匂いのまま眠る / なかはられいこ   
 (9票:北原 安藤 三好 八上 大嶽 瀧村 青砥 ながた 魚澄)

14.安売りのチラシの上で泳ぐ8 / 中川喜代子  
 (7票:犬山 丸山 米山 北原 三好 瀧村 猫田)

15.安心の切手を貼って出す手紙 / 大嶽春水  
 (4票:米山 瀧村 青砥 ながた)

16.置いてきた舌の安否をたしかめる / 米山明日歌
 (11票:なかはら 中川 犬山 安藤 北原 妹尾 八上 三好 瀧村 ながた 魚澄)

17.湯気のなか安らいでいる檻のなか / 犬山高木
 (3票:大嶽 三好 二村)


雑詠

1.水仙に聞かれぬようにする続き / 米山明日歌
 (6票:中川 犬山 安藤 瀧村 ながた 魚澄)  

2.水仙の蕾の中に春の息 / 大嶽春水 
       
3.つつつつつ、つつつつつつっあと少し / 中川喜代子 
 (5票:米山 妹尾 瀧村 猫田 青砥)

4.東京のキョでいっせいに裏返る / なかはられいこ
 (11票:中川 犬山 丸山 妹尾 八上 大嶽 瀧村 二村 猫田 青砥 ながた)

5.好物は死んだ魚のお腹の子 / 三好光明  
 (3票:丸山 安藤 大嶽)

6.雛の月できたばかりのわたし置く / 妹尾凛
 (4票:犬山 北原 三好 大嶽)

7.どんぶりの桃に浦島金太郎 / 猫田千恵子   
 (2票:北原 二村)

8.南天の赤残されて 飛びたい / 青砥和子  
 (4票:なかはら 米山 八上 猫田)

9.林檎の木で白旗作るお母さん / 安藤なみ  
 (2票:三好 ながた)

10.赤子泣くなにも言いわけなどせずに / 魚澄秋来
 (1票:北原)

11.靴踏んで、ねえ、白すぎるから踏んで / 瀧村小奈生  
(9票:なかはら 中川 犬山 米山 八上 三好 二村 青砥 ながた)

12.顔出さぬモスクワ放送局の客 / 二村鉄子   
 (5票:なかはら 丸山 妹尾 八上 魚澄)

13.日替りの魚類図鑑とカバ顔 / 丸山進  
 (1票:妹尾)

14.風上へ二秒遅れたおめでとう / 八上桐子  
 (4票:安藤 大嶽 二村 猫田)

15.金星という名の林檎 持ち歩く / ながたまみ 
 (2票:なかはら 魚澄)

16.とけるのをやめた雪ならずものになる / 犬山高木
 (9票:中川 丸山 米山 安藤 北原 三好 瀧村 青砥 魚澄)

17.オペラ座の怪人が棲む冬の森  / 北原おさ虫
[PR]
by nezimakikukai | 2016-02-29 23:02 | 句会結果報告 | Comments(0)

第127回ねじまき句会

題詠「臓」

1.もの言わぬ臓器うつ病かも知れぬ/ 北原おさ虫
 (3票:中川 ながた 樋口)

2.心臓を浸した十二月の青/ 瀧村小奈生
 (7票:なかはら 中川 ながた 北原 青砥 妹尾 八上)

3.怖いもの見たさに飛び出す心臓/ 青砥和子
 (8票:丸山 犬山 ながた 米山 三好 樋口 大嶽 八上)

4.猫を抱く五臓六腑の重さかな/ 樋口りゑ
 (5票:丸山 瀧村 安藤 米山 猫田)

5.鬼灯にしまわれ赤き心の臓/ 魚澄秋来
 (3票:なかはら 猫田 妹尾)

6.歯ごたえのある君の心臓ピンク/ 妹尾凛
 (4票:丸山 犬山 青砥 大嶽)

7.均一の臓器をかしき鳥貴族/ 八上桐子
 (4票:なかはら 魚澄 猫田 妹尾)

8.美しいあなたを創る臓器展/ 丸山進
 (5票:なかはら 魚澄 青砥 三好 樋口)

9.始まりも終わりも知らず動く臓/ 三好光明
 (1票:大嶽)
10.心臓の逞しき音サイヤ人/ 大嶽春水

11.暗闇の心臓音をつかみ出す/ 米山明日歌
 (5票:中川 犬山 瀧村 北原 大嶽)

12.五臓六腑探しつずける鯉のぼり/ 中川喜代子
 (4票:丸山 瀧村 ながた 八上)

13.出刃触れたとたんぷりっと出る臓器/ 猫田千恵子
 (2票:安藤 三好)

14.キャベツからまず心臓を取り出して/ なかはられいこ
 (11票:魚澄 犬山 安藤 米山 北原 青砥 三好 猫田 樋口 妹尾 八
上)

15.トラトラトラ奇襲された臓器たち/ 犬山高木
 (2票:魚澄 安藤)

16.はらわたと言われて拗ねている臓器/ 安藤なみ
 (4票:中川 瀧村 米山 北原)


「雑詠」

1.ほつれ毛は脚本にないから畳む/ 安藤なみ
 (4票:丸山 犬山 中川 大嶽)

2.12月やたらでてくるバカボンのパパ/ 犬山高木
 (3票:なかはら 青砥 妹尾)

3.MADE IN CHINAの空の(5分ください)/ なかはられいこ
 (1票:妹尾)

4.靴下の穴を小指の方にする/ 猫田千恵子
 (8票:瀧村 ながた 米山 安藤 青砥 三好 樋口 八上)

5.ドアノブの手前で象か確かめる/ 中川喜代子
 (4票:魚澄 ながた 樋口 大嶽)

6.ここからはR指定の滝の音/ 米山明日歌
 (8票:なかはら 魚澄 丸山 犬山 瀧村 安藤 大嶽 八上)

7.青空の彼方の空気清浄機/ 大嶽春水
 (2票:瀧村 北原)

8.最強と言われた穴が身を隠す/ 三好光明
 (2票:瀧村 樋口)

9.安売りの桃色吐息詰め放題/ 丸山進
 (3票:中川 北原 三好)

10.先割れスプーンあたらしいおとうさん/ 八上桐子
 (11票:なかはら 魚澄 丸山 犬山 中川 ながた 安藤 青砥 猫田 樋口
 妹尾)

11.夜にとけそうでとけない冬の浪/ 妹尾凛
 (2票:米山 青砥)

12.告白をたやすくさせるオリオン座/ 魚澄秋来
 (4票:中川 北原 大嶽 八上)

13.生まれつき設置してあるカタパルト/ 樋口りゑ
 (5票:犬山 安藤 米山 北原 三好)

14.寄せられた夜空のひとつ青いまま/ 青砥和子
 (1票:猫田)

15.第二志望は冬の電信柱です/ 瀧村小奈生
 (9票:なかはら 魚澄 丸山 ながた 米山 三好 猫田 妹尾 八上)

16.エルニーニョ テロと関係ないらしい/ 北原おさ虫
 (1票:猫田)
[PR]
by nezimakikukai | 2015-12-30 12:02 | 句会結果報告 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧