月刊 ★ ねじまき 

2017年 08月 01日 ( 1 )

不良少女カンナ。

カンナカンナ素っ頓狂にぐれている   青砥和子

7月句会の雑詠から。カンナはやっぱりぐれているでしょうね。まずあの色がね。それから花の形状の何とも形容しがたいところも。周囲からちょっと浮いている存在感なんかも。実はそのぐれ方は素っ頓狂。調子っぱずれで間が抜けてて、でも悪い子じゃないってことはきっとわかってもらえると思うんです・・・なんて。「素っ頓狂」とか「ぐれる」とか、意外にレトロな言葉が似合うカンナなのです。

ここで改めて思うのは「素っ頓狂」という言葉の持つパワー。ぴったりだと思おうが、若干の違和感を感じようが、とりあえず引っ張り込むぐらいの力はあるようだ。音韻も字面もなかなか個性的である。「カンナカンナ」の繰り返しから「素っ頓狂」へ続くリズムも楽しい。絶対ぐれたことなんかなさそうな青砥さんのカンナ愛を感じる一句である。
[PR]
by nezimakikukai | 2017-08-01 23:07 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧