月刊 ★ ねじまき 

題詠「額」

みなさま、御投句ありがとうございました。

全19句は、以下のとおりです。


七百円「雨ニモマケズ」額唸る     三好光明

ドストエフスキーだろその額縁は    犬山高木

飛び級はスイスイ額を通り抜け     颯爽

問題の提起も額には阿修羅       山田こいし

ニセ王子額に内と書いてある      月波与生

粗熱のとれた額からしまわれる     米山明日歌

額縁の中の親父が小うるさい      高浜 広川

てのひらを額にあてて夜を聴く     瀧村小奈生

制帽を脱いで額の暮れてゆく      八上桐子

留守電は額紫陽花の木乃伊から     丸山進

駄目押しに見せつけられる富士額    須川柊子

天職の額縁らしくひとり占め      青砥和子

額から額にうつる波の音        なかはられいこ

額縁は螺鈿細工の夜のこと       笹田かなえ

少額の部にいる二桁の利息       安藤なみ

木枯らし一号白き額を覗かせて     早川柚香

衛兵の額に苔の生えそうな       猫田千恵子

その額うすくれないのうそを吐き    魚澄秋来

震度4でも笑ってる額の父       北原おさ虫


[PR]
by nezimakikukai | 2017-11-01 00:28 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(3)
Commented by こいし at 2017-11-01 08:49 x
 今回の「ねじまき」の課題の出し方に興味を憶えて無謀にも投句してしまいました。(^^;)

 どういうことかと言いますと、課題「額」が出されてその句の中には必ず「題」を詠み込むのが「ねじまき」のルールだと理解したものですから「エ~!」と思いながら面白そうで投句しました、メンバーを見れば私が来る所では無かったと反省しています。( ^^) _U~~
Commented at 2017-11-06 20:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nezimakikukai at 2017-11-07 08:48
こいしさま
「額」への御投句、ありがとうございます。無謀だなんてとんでもない!
ねじまき方式は、そんなに珍しいのですね。ぜひ、次の機会にも、ねじまき題詠をお楽しみください。
<< 仙台三昧。 THANATOS石部明 3/4 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧