月刊 ★ ねじまき 

第141回ねじまき句会

題詠「頬」

1.うつくしい頬からハブ茶プーアール/瀧村小奈生
(5票:なかはら 安藤 水野 岡谷 青砥)
2.恋かしら頬があなたに投げキッス/北原おさ虫

3.初夏のアリスの頬をくださいな/魚澄秋来
(10票:丸山 瀧村 中川 犬山 岡谷 猫田 一帆 三好 八上 米山)
4.更地濡れゆくデーモン閣下の頬/八上桐子
(7票:なかはら 瀧村 妹尾 犬山 青砥 一帆 米山)
5.ほらほら落ちてるよ頬がそちこちに/妹尾凛 
(4票:中川 岡谷 猫田 大嶽)
6.目から頬へ連絡船を乗り換える/ 岡谷 樹
(8票:妹尾 北原 安藤 水野 丹下 青砥 大嶽 三好)
7.素っぴんの少女の頬に残る六月/青砥和子
(9票:丸山 魚澄 中川 早川 水野 丹下 猫田 一帆 八上)
8.頬白きペコちゃんといくエジプト展/犬山高木
(5票:丸山 魚澄 妹尾 猫田 八上)
9.頬の横コケかウブ毛か剃り残し/早川由香

10.あけがたの頬に触れる手、ゆび、どなた/なかはられいこ
(3票:魚澄 安藤 丹下)
11.それ以上進めなくする頬のキス/水野奈江子
(4票:早川 丹下 大嶽 三好)
12.うっとりと頬をゆるめるお焼香/三好光明
(4票:丸山 北原 八上 米山)
13.満月に頬の範囲はマキシマム/丸山 進
(8票:なかはら 瀧村 妹尾 早川 水野 三好 一帆 米山)
14.頬杖をつくと少女にもどる母/大嶽春水
(8票:なかはら 瀧村 魚澄 北原 犬山 早川 丹下 青砥)
15.頬杖をついて数える脛の傷/一帆
(3票:北原 安藤 中川)
16.頬杖が卑弥呼のお家尋ねてる/中川喜代子
(2票:丸山 水野)
17.頬骨のカーブが同じ顔二つ/猫田千恵子
(10票:なかはら 瀧村 魚澄 妹尾 北原 早川 犬山 岡谷 青砥 大嶽)
18.言い訳は頬っぺに詰めて飲みこんだ/丹下純
(2票:中川 大嶽)
19.缶詰のみかん頬張る蚊帳の中/安藤なみ 
(3票:岡谷 八上 米山)
20.これからの緑ばかりの頬袋/米山明日歌
(5票:安藤 犬山 猫田 一帆 三好)

雑詠

1.雨乞いの祝詞忘れた小紫陽花/中川喜代子
(2票:大嶽 三好)
2.サンクトペテルブルク的梅雨晴れ間/犬山高木
(9票:なかはら 丸山 瀧村 妹尾 中川 岡谷 猫田 三好 八上)
3.水無月の開襟シャツの躍り食い/丸山 進
(2票:瀧村 米山)
4.青色さ無駄があろうとなかろうと/三好光明
(6票:魚澄 北原 中川 丹下 大嶽 米山)
5.戻れない紫陽花寺の倦怠期/水野奈江子
(2票:猫田 一帆)
6.赤だったところもうすぐ痒くなる/早川由香
(1票:なかはら)
7.狐火は霧の扉を振りかえり/安藤なみ 
(3票:中川 水野 丹下)
8.くしゃみから雨と梔子は生まれ/なかはられいこ
(7票:丸山 瀧村 妹尾 岡谷 青砥 猫田 八上)
9.亀は万年密やかな霧雨と/青砥和子
(4票:妹尾 犬山 丹下 猫田)
10.翼からいくか 尻尾からにするか/岡谷 樹
(8票:北原 安藤 中川 早川 水野 青砥 一帆 三好)
11.つくりものめいた蝸牛行き交う/妹尾凛
(5票:魚澄 安藤 水野 青砥 大嶽)
12.伏線を持ち上げ足をひっかける/猫田千恵子
(6票:瀧村 安藤 早川 犬山 岡谷 八上)
13.靴眠るあるじの足の形して/丹下純
(9票:なかはら 瀧村 丸山 魚澄 北原 犬山 水野 一帆 大嶽)
14.十三夜少女のままの深い谷/魚澄秋来
(3票:中川 一帆 米山)
15.アンドロイドもアンドロメダも4畳半/北原おさ虫
(9票:なかはら 丸山 魚澄 妹尾 岡谷 猫田 一帆 三好 八上)
16.何もかも何よりまずはママレモン/瀧村小奈生
(3票:妹尾 早川 水野)
17.やや危険思想気味なるこしあん派/八上桐子
(8票:丸山 北原 安藤 早川 犬山 丹下 青砥 米山)
18.太陽が昇るからまた囚われる/ 一帆
(4票:丹下 岡谷 大嶽 米山)
19.洗われたティシュのような忘れ方/米山明日歌
(9票:なかはら 魚澄 北原 安藤 早川 犬山 青砥 三好 八上)
20.うぐいすは小さな声で自己主張/大嶽春水
[PR]
by nezimakikukai | 2017-06-28 17:02 | 句会結果報告 | Comments(0)
<< アリスの頬もデーモン閣下の頬も。 靴眠るあるじの足の形して   ... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧