月刊 ★ ねじまき 

久保田紺句集「銀色の楽園」より。

表紙の銀色から青へのグラデーションがとても美しい。この季節にぴったりの色合いである。

ゆっくりとひらくなんにもないこぶし
おひさまがまぶしいわたしわるいひと
ちいさくてかわいいそしておそろしい
もうひとつもらうなくしていいように
ひかりついたりひかりきえたりするわたし

すべて平仮名で書かれた句を拾ってみた。なぜこれらの句はすべて平仮名になったのだろう。意味のフィルターを通さないつぶやき。子どものようなありのまま。たどたどしい危うさ。それらを自覚的に書き表すときに平仮名が選択されるのだろうか。平仮名の句には、作者の声に触れているような感触がある。
[PR]
by nezimakikukai | 2017-02-07 23:03 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< ねじまきできました。 第32回国民文化祭・なら201... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧