月刊 ★ ねじまき 

第32回国民文化祭・なら2017「連句の祭典」

国文祭の連句作品の募集が始まった。例年より締め切りの時期が早く4月10日までだ。作品の形式は二十韻。昨年の愛知の場合は歌仙だったので、それに比べると分量的には気軽に取り組めそうである。その分応募作品数も多くなりそうだ。ねじまき句会でも「巻きませんか。」と声をかけたところ、次々に参加表明があって、とてもうれしかった。私も今年は去年よりは少しでも捌きとして成長したい!連衆に楽しいと思っていただける捌きができるようになりたいと思う。国文祭への連句作品の応募は、所定の連句応募票及び連句応募用紙に必要事項を記入して、インターネットまたは郵送で。応募票と応募用紙は奈良市ホームページからダウンロードするか、日本連句協会(office@renku-kyoukai.net)に請求してください。応募料は一巻につき2,000円。問い合わせ先は奈良県連句協会事務局(〒633-0077 桜井市大西834 もりともこ方 TEL.090-7095-0205)
[PR]
by nezimakikukai | 2017-01-31 22:43 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(2)
Commented by らき at 2017-02-05 17:50 x
 こんにちは。ああ、ねじまきが・・・と思って焦っていたら、幸いなことにまだ発送されていないと知り、まだ予約が間に合うかもとコメントしました。1冊お願い致します。
 ずいぶん前ですが、裸木を取り上げて下さりありがとうございました。
 お元気でいらっしゃいますか? ご自愛くださいね。
 また、ねじまきのページ読ませて頂きますね。
Commented by nezimakikukai at 2017-02-07 22:48
らきさま
ありがとうございます。現在、製本があがってくるのを待っているところです。予定よりずいぶん遅れてしまいました。申し訳ありません。今月中には発送できると思います。もうしばらくお待ちください。
<< 久保田紺句集「銀色の楽園」より。 第21回杉野十佐一賞。 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
こいしさま 「額」への..
by nezimakikukai at 08:48
 今回の「ねじまき」の課..
by こいし at 08:49
「額」 魚澄秋来 その..
by nezimakikukai at 14:35
衛兵の額に苔の生えそうな..
by 猫田千恵子 at 11:04
木枯らし一号白き額を覗か..
by nezimakikukai at 10:20
「額」 少額の部にいる..
by 安藤なみ at 22:21
額縁は螺鈿細工の夜のこと..
by 笹田かなえ at 22:18
駄目押しに見せつけられる..
by 須川柊子 at 10:13
留守電は額紫陽花の木乃伊..
by susu0119 at 20:24
題詠 額 震度4でも笑..
by おさ虫 at 18:21
「額」  瀧村小奈生 ..
by nezimakikukai at 13:48
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:05
ドストエフスキーだろその..
by 犬山高木 at 20:01
ふたたび川添さま ..
by nezimakikukai at 22:26
川添さま ありがとうご..
by nezimakikukai at 22:49
最新のトラックバック
検索
メモ帳
タグ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧