月刊 ★ ねじまき 

2017

新しい年が始まりました。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年の暮れに広瀬ちえみさんが「杜人」と「垂人」を送ってくださった。「杜人」の10月句会の模様が「ねじまき」に、吟行会については「杜人」に掲載されて、12月に同時発行となる予定だったのだが、「ねじまき」に遅れが生じて何とも申し訳ないことになってしまった。去年の宿題を抱えたままの2017年のスタートである。「垂人」という雑誌については、10月に仙台におじゃましたときに初めて知った。いつもながら、つくづく不勉強なことで恥ずかしい。そのとき拝見した28もそうだったのだが、今回も歌仙が掲載されている。捌きはいずれも佛淵雀羅氏。集まった連衆が居酒屋で一座を共にして・・・いかにも粋である。短歌、俳句、川柳、連句、現代詩とぎゅんぎゅんつまったゴージャスな雑誌だ。しかし、それだけ詰まっているのに窮屈な感じがしないところに達人の度量を感じる。編集・発行は中西ひろ美さんと広瀬ちえみさん。

いつもそこにあるものばかり年新た   中西ひろ美
そこらじゅう冬になろうとしておりぬ  広瀬ちえみ
[PR]
by nezimakikukai | 2017-01-10 23:32 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(1)
Commented by h82261765 at 2017-01-11 10:26
垂人って
短歌も俳句も噛ってるわたしにとっとは
魅力ある一冊ですね。
<< 新年会。 「おぼろ夜情話」 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧