月刊 ★ ねじまき 

ころがる音。

川柳にとって音、リズムや響きはどのくらい重要なのだろう。

萩の散るたねやでふたつ栗きんとん  魚澄秋来

先月の句会の雑詠の1句である。シーズンたけなわなので、栗きんとんと遭遇する機会が多いのだが、そのたびにこの句が耳の奥で鳴る。節もついているように思われる。私にとって、この句は〈音〉の句である。音が心地よく感じられるのは、句に詠まれた景色がフィットしているからだろう。いつまでも耳に残って甦る力を持つということも句としての大きな魅力にちがいない。舌をころがり空気を震わせて伝わる音の要素は、川柳にとってかなりの重要性をもつのではないかという気がしている。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-11-08 23:03 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 賞もないのに・・・ ねじまき番外編その2 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧