月刊 ★ ねじまき 

「川柳文学コロキュウム」No.72

赤松ますみさんが「コロキュウム」を送ってくださった。

海はもう充分見たし日は暮れたし   笹田かなえ

「暮れたし」が「暮れたい」みたいにも思えておもしろい。かなえさん、元気にしていらっしゃるだろうか。実際にはお目にかかれなくてもこうして作品を通してお会いできる。

金鍔の餡こつくづく深情け   中川喜代子

いつもねじまきでご一緒している喜代子さんに別の場所で遭遇するのもまた楽しい。

陽水の裏声だけの私小説   月波与生

お会いしたことはないのに、よく知っている方のような錯覚をしている月波与生さんだ。陽水は好きだが、そのファルセットだけからできてる私小説なんて怖すぎる。

ユメですか いえネコヤナギユキヤナギ   赤松ますみ

これは呪文ですね。やさしいリズムを繰り返していたら、ことんと眠れそう。

あ!守田啓子さんの「第71号カレイドスコープ鑑賞」もある。啓子さん、お久しぶりです。いろんな方に出会えてうれしい。

新刊紹介のコーナーでは「川柳ねじまき」第2号も紹介してくださっていた。改めて気の引き締まる思いがする。

ますみさん、心ときめく1冊をありがとうございました。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-04-19 23:21 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 第130回ねじまき句会 題詠「守」より。 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧