月刊 ★ ねじまき 

違和感をひろう。

東京のキョでいっせいに裏返る    なかはられいこ

第128回ねじまき句会、雑詠の最高得点句。「キョ」の発見に、うまい!と膝を打ちたくなる。音声の問題で、「トウキョウ」と発音したときに、「キョ」の瞬間に図らずも声が裏返ってしまうというのである。そう言われると、つい試してみたくなるのが人情であり、試した結果「ああ、そうかもしれない。」と納得するのだ。日常生活の中に潜む違和感のひとつであり、そういう違和感はある一瞬にちらっと顔をのぞかせる。その違和感に対する作者の意識と読者の共感によって成立する一句だと思う。もちろん、その「キョ」の音を持つのが「東京」であって他の言葉への代替が不可能なことは言うまでもない。世界を代表する大都市であり、日本の政治・経済・文化の中心であり、日本の各地、世界のさまざまな国から人が集まっている。それゆえの哀しさやいかがわしさが、「裏返る」に説得力を与える。川柳の本領と言える領域の句ではないだろうか。
[PR]
by nezimakikukai | 2016-03-08 16:28 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< いざという時のミッシェルポルナレフ 「説明したくないですね。」 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧