月刊 ★ ねじまき 

二村と瀧村。

ムラムラの話。いつだったか句会の帰りの名鉄電車の中で鉄子さんがわたし(小奈生)に言った。「小奈生ちゃんとわたしの選が案外一致していないってことに気づいてましたか?」正確ではないが、まあだいたいそんな感じだった。ちっとも気づいていなかったというか、どちらかというと一致しているような気がしていたわたしは意外な気持ちで帰宅した。さて、9月の句会。鉄子さん、わたしたち二人しか選んでいない句がありますよ!

たとえば葉裏に静脈ぬいし君    犬山高木

鉄子さんが欠席だったので、わたしは一人で選んだ理由を言わねばならず、ちっともちゃんと言えず、しどろもどろのうえ、選んでない派からビシュッ!と攻撃を受けて返す言葉もなく、それは悲惨だったのだ。犬山さん、ごめん。Cool Tetsuko がいたら、バシッ!と何か言ってくれたかもしれないと思うと、返す返すも残念。この日は雑詠でも二村・瀧村とあと一人妹尾だけが選んだ句があった。

二枚舌物理的にはなじまない    丸山進

二村・妹尾両名が欠席のため、これも選んだ理由は孤軍奮闘の瀧村である。
ムラムラコンビは、少数派として選の一致をみるのかもしれない。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-10-06 14:54 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< おとうとはとうとう夜の大きさに... 第124回ねじまき句会 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧