月刊 ★ ねじまき 

なかはらと三好。

第123回ねじまき句会は5句選。興味本位みたいなものだが、選句の一致ということが気になって調べてみた。題詠は1週間前に句稿がメーリングリストに流れて時間をかけて選句してきているので、題詠にしぼって調査した。自分の句を自分で選ぶことはないから、4句一致すれば、選句においてはほぼ同じといってよい。なんと二人だけいたのである。なかはられいこと三好光明の選が4句まで一致している。あとは、どう数えても3句までしか同じにならない。ふむむ・・・そうだったのか。では、一致した4句を。

八月の脳波に首の浮いている       八上桐子
空色の箱わたしの脳にちょうどいい    妹尾凛
脳のためにファイト一本のバナナ     樋口りゑ
八月の空の縹に浸す脳           瀧村小奈生

こうしてみてみると、不一致ということもまたおもしろく思えてくる。今度は、全然一致しない誰かと誰かを探してみよう。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-09-01 21:56 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 父はただ穴を掘ったとしか言わぬ... 第123回ねじまき句会 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧