月刊 ★ ねじまき 

4月の雑詠より。

支那竹を噛めば義歯魏志倭人伝    中川喜代子

説明不要で、そのまま音や言葉遊びが楽しめる。技ありの句である。メンマを食べてギシギシ音を確かめてみたくなる。

空が明るい牛乳瓶の蓋    妹尾凛

音数が、7 / 9の16音だが、「牛乳瓶の蓋」の部分をギュー・ニュー・ビ・ン・ノ・フ・タの7音の感覚で読む七七句だと考える。声に出すときに、「空が明るい」を伸びやかに読み、「牛乳瓶の蓋」をやや早口のささやく声で読んでみたい。

指定席ネコのフリして祖母座る    会田ゆう子

祖母のフリをして座るネコだと厚かましく感じる人もいるかもしれないが、ネコのフリをして座るおばあちゃんの姿はどこまでもかわいい。おばあちゃんへの愛情いっぱいの句。

GWもあと一日。例年より静かな気がするのは、自分が家にはりついているせいだろうか。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-05-05 09:05 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 「やさしい川柳」近況報告。 題詠「肌」より。 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧