月刊 ★ ねじまき 

プレアデス星団冬の胃におさめ    魚澄秋来

2月のねじまき句会、題詠「胃」から。今年は「にくづき」シリーズなので、内臓が出てくるのは覚悟していたが、いきなりの「胃」である。みんな苦吟したはずだ。この素材をどうすればいいのか、わたしも途方にくれた。そういう中から、この句が出てくるのだから、題詠にトライする価値はやはり高い。「胃」はあくまで「胃」でありながら、「胃」という言葉から通常連想される世界をうち破っている。冬の夜の冷気、その清澄感、星の青白い光。それらが、はっきりと感じ取れるのは、「冬の胃におさめ」る行為を読み手がなぞるからである。胸にも腹にも代えられぬ「胃」なのだということを、この句に教えてもらった。
[PR]
by nezimakikukai | 2015-02-24 22:49 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< こわごわと百から七を引いていく... 第117回ねじまき句会 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧