月刊 ★ ねじまき 

名前なぞどうでもいいかアハハハハ   中川喜代子

「川柳文学コロキュウム」No.66から引用させていただいた。「アハハハハ」はちっともおかしそうじゃなくておもしろい。名前は、所詮、ラベル、記号なのだからたいしたことはないというのは正論だけれども、なかなかそう単純ではない。だいたい、「どうでもいいか」なんて言ってみせる時点で、どうでもよくないことがありありわかる。人に名前を覚えてもらっているとうれしいし、逆だとちょっとさびしかったりもする。どうでもいいものの名前でも思い出せないと、どうにも気になってしかたない。ちっとも、どうでもよくないのが名前なのである。中川さんも加わる11月の句会は、今度の日曜日だ。多様な書き手の作品を読み、評を交わせる場所として、ねじまき句会は、めぐまれた環境だと思っている。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-11-11 23:26 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 伊那からの便り。 川柳「ねじまき句会」が10周年... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧