月刊 ★ ねじまき 

阿吽とかゆってふたりは秋さなか    なかはられいこ

瀬戸の吟行会には参加できなかった。遠来のお客様もいらしていたのに本当に残念。当然のことながら、吟行会の句は、ふだんとは趣を異にする。参加していなかった私の眼と参加者の眼は違ってくることと思いつつ気になった一句を挙げた。「とかゆって」「ふたりは」などと若い恋人同士のようだが、この「ふたり」は明らかに阿くんと吽くんの二体の狛犬のことだろう。あまり訪れる人の多くなさそうな神社の、清澄な秋の光の中に永遠の時間を刻むように鎮座しつづける「ふたり」である。その距離は近過ぎもせず遠すぎもせず、どれだけ長い時間見つめあってきたことか。阿の口は阿のままで、吽の口は吽のままで。その間を通り抜けるとき、こんな言葉が現れそうな気がする。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-10-28 15:46 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 川柳「ねじまき句会」が10周年... 瀬戸吟行会 2014.10.19 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧