月刊 ★ ねじまき 

立秋が八木節のまま罷り出る    北原おさ虫

秋分の日に立秋の句で紹介して申し訳ありません。これは、8月句会の北原さんの雑詠です。どこから「八木節」が出てきたんだろうと思うのですが、意外なものをひょいっと出して見せるのが得意なんです。まあ、マジシャンですから、鳩だってなんだって出せちゃうのですが。北原さんは、いろんなことを知っているので、ときどき本当にびっくりさせられます。そして、いったん関心をもったことは、とことん究めたいタイプに見受けられます。それは、川柳に対しても同じ。パッションの人、おさ虫さんもまた、瀬戸組の一人です。ねじまきでは、今、瀬戸が熱いのです。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-23 20:05 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 取材されました! 点がいい線には出来ぬ絵も描ける... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧