月刊 ★ ねじまき 

点がいい線には出来ぬ絵も描ける    三好光明

三好光明さんも瀬戸・丸山教室の出身、通称瀬戸組である。三好さんは「ねじまき」の良心、間違いなく断言できる。特に素直で正確な読みには邪悪さのかけらもない。川柳との取り組み方も本当に誠実な人だ。いつだったか、句会でなかはらさんが三好さんの句について話した時に、ストンと落ちるものがあったようで、破顔一笑、瞳キラキラだったことがある。あのときの三好さんの表情が忘れられない。
掲出句も、作者の謙虚さ、優しさの感じられる一句。描かれてしまった線より、何にでもなれる、しかし一つでは何でもない点を選択するところが三好さんらしい。
[PR]
by nezimakikukai | 2014-09-16 14:48 | 火曜日にはねじをまく。 | Comments(0)
<< 立秋が八木節のまま罷り出る  ... 歳時記に踊る大腿四頭筋    ... >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧