月刊 ★ ねじまき 

第113回ねじまき句会

題詠「照」

1.残照ではみ出たところ削るから/ 米山明日歌
(3票:八上 ながた 会田)

2.残照が届く行き止まりの空に/ 妹尾凛 
(6票:八上 安藤 会田 なかはら 青砥 米山)

3. 残照を拒むカットグラスの埃/ 安藤なみ 
  ( 5票:丸山 三好 北原 青砥 米山)

4.あのころはそんなものまで照りかえす/ 瀧村小奈生
 (1票:会田)

5.照り返しひょいとかわしてスナフキン/ 青砥和子
 (2票:三好 妹尾)

6.これからじゃ男八十の照り返し/ 北原おさ虫 
 (1票:丸山)

7.照明があたると消えてしまう橋/ なかはられいこ
 (8票:八上 三好 ながた 二村 安藤 瀧村 北原 米山)

8.父がよく見える間接照明で/ 八上桐子
 (9票:丸山 なかはら ながた 妹尾 二村 北原 青砥 会田 瀧村)

9.照準が合わぬホタルが多すぎる/ 三好光明
 (1票:青砥)

10.照準をあわせて桃の木になって/ ながたまみ
 (6票:八上 三好 妹尾 安藤 瀧村 米山)

11.空蝉のなおこんこんと照らさるる/ 二村鉄子
 (4票:丸山 なかはら 安藤 北原)

12.モノクロの波照間の海チラシ裏/ 会田ゆう子
 (2票:なかはら 二村)

13.半月に外反母趾を照らされる/ 丸山進
 (4票:ながた 妹尾 二村 瀧村)
 


雑詠

1. パンダです永住します竹島に/ 会田ゆう子

2. くれないか戸惑っているヒグラシは/ 青砥和子
 (1票:会田)

3. 立秋が八木節のまま罷り出る/ 北原おさ虫
 (4票:丸山 二村 安藤 瀧村)

4.裾をもつ役目で今日もさそわれる/ 米山明日歌
(7票:八上 ながた 妹尾 なかはら 北原 会田 二村)

5. 小声だった か細い想い沁み返る/ 三好光明

6.あの頃をまた軒下に吊るしてる/ 丸山進
 (5票:ながた 妹尾 安藤 会田 瀧村)

7. しずしず歩く死んでいく虫のそば/ 妹尾凛
 (2票:青砥 米山 )

8. 非業でも非合法でもない蚯蚓/ 瀧村小奈生
 (7票:丸山 なかはら 三好 八上 北原 青砥 米山)

9. 歳時記に踊る大腿四頭筋/ 安藤なみ
 (7票:丸山 なかはら 三好 妹尾 北原 二村 青砥)

10. 胸中のほていあおいをどうしましょ/ なかはられいこ
 (8票:八上 ながた 妹尾 二村 北原 青砥 瀧村 米山)

11.咳止めのシロップ暗記したメール/ 八上桐子
 (4票:丸山 三好 ながた 安藤)

12.夕立の匂いをさせて飛ぶせなか/ ながたまみ
 (4票:八上 なかはら 安藤 会田)

13.さるおがせひさびさにみる玉すだれ/ 二村鉄子
 (2票:三好 米山)
[PR]
by nezimakikukai | 2014-08-24 11:26 | 句会結果報告 | Comments(0)
<< 題詠「照」。 拝啓、御前田あなた様 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧