月刊 ★ ねじまき 

第98回ねじまき句会


題詠「囲」

1. 葱坊主風も囲んで密談中/青砥和子
(3票:丸山、ながた、瀧村) 

2. 目が覚める月星花に囲まれて/ながたまみ

3. 味噌カツとそのスジたちに囲まれる/丸山 進
(6票:妹尾、八上、なかはら、米山、青砥、荻原)

4. 守備範囲越えてあなたの色になる/ 米山明日歌
(1票:丸山)

5. みしみしと咀嚼の音が包囲する/瀧村小奈生
(5票:ながた、八上、米山、青砥、荻原)

6. 口笛の届く範囲にいるのです/八上桐子
(7票:ながた、妹尾、瀧村、なかはら、米山、青砥、荻原)

7. マーカーで囲むと過去になる景色/なかはられいこ
(5票:丸山、ながた、妹尾、瀧村、米山)

8. 牛乳寒天わたくしを包囲する/妹尾 凛
(5票:瀧村、八上、なかはら、青砥、荻原)

9. 白線で囲まれたまま春になる/荻原裕幸
(4票:丸山、妹尾、八上、なかはら)
 



雑詠

1. 訳あって飛ばない組に入れられる/米山明日歌
(4票:ながた、なかはら、青砥、荻原)

2. カチカチカチつっこみ入れる二色ペン/青砥和子
(4票:丸山、妹尾、瀧村、米山)

3. さみしさが来ます こころを通らずに/八上桐子
(2票:妹尾、荻原)

4. 畳み皺ついた夜空をいただいた/なかはられいこ
(6票:丸山、ながた、妹尾、瀧村、八上、荻原)

5. レモン一個 人の窪みにちょうどいい/妹尾 凛
(4票:丸山、八上、米山、青砥)

6.  全身にピアスが増える春の夢/丸山 進
(3票:ながた、瀧村、なかはら)

7. おしまいにシャープを打つと春になる/瀧村小奈生
(6票:丸山、ながた、八上、なかはら、米山、青砥)

8. 聴診器が奇妙なことを主張する/荻原裕幸
(1票:瀧村)

9. 傾いた家から流れでるお水/ながたまみ
(6票:妹尾、八上、なかはら、米山、青砥、荻原)
[PR]
by nezimakikukai | 2013-03-17 21:13 | 句会結果報告 | Comments(0)
<< 第99回ねじまき句会 第97回ねじまき句会 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧