月刊 ★ ねじまき 

第77回ねじまき句会

2011 3月20日(日)

題詠「間」

1.間が悪いところに咲いた桃の花/丸山 進
(7票:ながた、青砥、宮川、なかはら、わたなべ、米山明日歌、八上)

2.間のわるい部位がたくさんある躰/宮川尚子
(8票:ながた、青砥、なかはら、わたなべ、米山明日歌、八上、荻原、脇)    

3.つかの間で日本を救うウルトラマン/米山明日歌
(2票:わたなべ、脇)       

4.束の間のスライドショーなら止まれ止まれ/青砥和子
(2票:なかはら、脇)  

5.うつぶせに寝てる間にかかる魔法/ながたまみ
(5票:青砥、丸山、ふでこ、荻原、脇)      

6.雛の間にたましひゆるくもれている/八上桐子 
(7票:ながた、青砥、宮川、丸山、米山明日歌、ふでこ、荻原)     

7.間には無断欠勤横たわる/ふでこ
(5票:宮川、丸山、八上、荻原、脇)

8.ねこやなぎであったゆれている間/なかはられいこ
(9票:ながた、宮川、丸山、わたなべ、米山明日歌、八上、ふでこ、荻原、脇)       

9.あしたなら空と海とは間違えない/わたなべ葉
(4票:ながた、青砥、なかはら、丸山)      

10.その間ずっと待ってる祈ってる/脇 美紀子       

11.梅と海との間でなにか音がする/荻原裕幸
(6票:宮川、なかはら、わたなべ、米山明日歌、八上、ふでこ)     


雑詠

1.折れ線の谷の所が濡れている/米山明日歌
(8票:ながた、青砥、宮川、なかはら、丸山、八上、ふでこ、脇)       

2.ゆうぐれにうすむらさきの影さがす/ながたまみ
(6票:なかはら、丸山、わたなべ、米山明日歌、荻原、脇)    

3.誤植したみたいに犬が殖えている/荻原裕幸
(8票:ながた、青砥、宮川、なかはら、丸山、わたなべ、米山明日歌、ふでこ)      

4.輪郭をなぞっていくと好きになる/わたなべ葉
(2票:なかはら、脇)      

5.恐竜の顔した百合が見てる先/青砥和子
(3票:宮川、八上、荻原)         

6.わゐうゑをぐらいの使い途はある/宮川尚子
(9票:ながた、青砥、なかはら、丸山、わたなべ、米山明日歌、八上、荻原、脇)       

7.ローソクを灯して見えた闇の裏/八上桐子      

8.チャックからファスナーまでの七姉妹/丸山 進
(3票:宮川、ふでこ、荻原)     

9.かたつむり わたしをここにおかないで/ふでこ
(5票:ながた、青砥、丸山、わたなべ、米山明日歌)  

10.蛇口から出てくるおとなしい水だ/なかはられいこ
(9票:ながた、青砥、宮川、わたなべ、米山明日歌、八上、ふでこ、荻原、脇)    

11.シナリオの書かれていない紙芝居/脇 美紀子
(2票:八上、ふでこ)  
[PR]
by nezimakikukai | 2011-03-20 20:32 | 句会結果報告 | Comments(0)
<< 第78回ねじまき句会 第76回ねじまき句会 >>



川柳句会「ねじまき句会」の公式サイトです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
外部リンク
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
メモ帳
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧